ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘貨幣

ルピー札,中国製に

ネパール国立中央銀行(NRB)が,震災復興で大量に必要となっている紙幣の印刷製造を,中国企業に委託し始めた。

NRBは,これまで紙幣製造をインドネシア,フランス,オーストラリアの会社に委託してきた。ところが,このところ製造技術の点でもコストの点でも,中国企業が優勢となってきた。B・カデルNRB執行役員によれば,「品質は,以前他国で印刷したものと同様高品質でありながら,コストは以前の半分以下だ」(新華社,2017年2月14日)。そこで,NRBはルピー紙幣の印刷製造を中国企業に切り替え始めたのである。

170215c■CBPM社HPより

中国企業は,これまでネパールの硬貨は受託製造したことがあるが,紙幣については,2016年6月に中国国営CBPM社(中国印钞造币总公司)が100ルピー札を2億1千万枚製造したのが初めてだという。

その後,CBPM社は,競争入札において欧米企業やインドネシア企業に競り勝ち,5ルピー札(2億枚)や1000ルピー札(2億6千万枚)の製造をも受注した。これで,5ルピー札,100ルピー札,1000ルピー札が中国製に切り替わっていく。

このネパール紙幣受託製造について,中国メディアは,誇らしげに,その意義を力説している。

「ネパール中央銀行幹部が最近,中国企業印刷の紙幣はデザイン,色彩,偽造防止の点で改善されている,と称賛した。・・・・CBPM社印刷の色鮮やかな紙幣は,高品質でありながら,低コストである。」(人民日報,2016年6月21日)

「リ・ツェンCBPM事業所長は,こう語った。『わが社は中国製の印刷機,製版プレート,インク,紙,スレッドを使用し,ネパールのルピー紙幣を印刷した。これは,わが社の技術ばかりか総合的な能力をも示すものである』。」(中国ラジオ,2017年1月18日)

中国が,紙幣製造のための高度な製紙技術や印刷技術を持つに至ったことは,よくわかった。だが,それはそれとして,自国の貨幣を他国に製造委託するなどといったことは,日本ではおよそ想像もできないことだ。外国製の自国貨幣を日々使うのは,どのような感じがするのだろう。機会があれば,尋ねてみたい。

170215a170215b
 ■ネパール国立中央銀行HPより

*1 “Nepal saves millions by printing banknotes in China,” Xinhua English, 2017-02-14
*2 “1st shipment of Nepal’s 1,000-rupee banknotes delivered from China,” China Radio International’s English Service, 2017-01-18
*3 “Nepalese official hails China-printed banknotes,” People’s Daily, June 21, 2016
*4 “Nepal’s currency notes printed by Chinese company for 1st time,” Xinhua, 2016-06-17
*4 “10 firms get NRB nod to print banknotes,” Kathmandu Post, Apr 12, 2015

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/15 at 18:39

カテゴリー: ネパール, 経済, 中国

Tagged with , ,

性器と貨幣の目的外使用禁止タブー

谷川昌幸(C)

これまた民俗学の常識であろうが,素人の蛇足を2,3本。

ネパールや日本の寺社などに性器や性交図が祭られているのは,いうまでもなく子孫繁栄祈願のために他ならない。性器は正当目的のため使用されており,それゆえ神聖なものとして祭られる。

ネパールのP寺院では,白昼堂々と女性たちが石造りの男性器を撫で礼拝する。かつては日本でも各地に同様の習俗があった。見方によれば,ずいぶん卑猥な光景だが,誰もこれを猥褻とはいわない。性器の目的外使用禁止タブーが利いているからだ。

では,なぜタブーで目的外使用を禁止しなければならないほどの快楽を性行為に与えたのか? それは神のみぞ知るだが,下司の勘ぐりでは,ときには生命を失うほどの苦痛に耐え子供を産ませるには,それ以上の快楽が必要だと神が考えたからだろう。

同じく貨幣(蓄積)が快楽なのも,それがなければ人間は働かないからにちがいない。したがって,働いた対価として貨幣を受け取り,それを他の必要な物品と交換しても,誰もそれを強欲とはいわない。貨幣は本来の目的のために使用されているからだ。

聖書もいうように,出産と労働は原罪に対する神罰であり,死に次ぐ人間の二大苦だ。そんな苦痛の対価だから,性の快楽も貨幣の快楽も尋常なものではない。とてもじゃないが,人智,人力で制御できはしない。そこで神のタブーとなったのだろう。

ところが人間は,神の目を盗んでこのタブーを破り,性を生殖から,貨幣を労働から切り離し,快楽のための目的それ自体として追求し始めた。当初は破戒を恥じ,性器を恥部,陰部などと呼び,性行為も隠れて行っていたし(祭事としての性行為は別),また金儲け,特に金(快楽)が金(快楽)を生む金貸しは賤しい行為とされていた(ここにも問題はあるが別の事柄)が,科学信仰が広まるにつて,性と貨幣のタブーは非科学的として否定され,性や貨幣の快楽を目的そのものとしてよいということになり,ついにはグローバルネット社会における性欲,金銭欲丸出しの,恥も外聞もないバーチャル・セックス,バーチャル・マネーとなってしまったのである。こんな不毛なセックス・バブル,マネー・バブルがいつまでも続くはずがない。

この末世の狂宴は,不思議なことに,原罪以前の性の楽園に似ている。アダムもイブも原罪以前はスッポンポンの丸裸だった。性行為があったかどうか分からないが,少なくとも彼らの性器は恥部でも陰部でもなかった。この堕落以前と末世の現在,理念化すればネパールと今の日本は,性器や性行為が公然と陳列されているという点では,同じだ。違いはただ一つ,性タブーの有無。ただそれだけだが,両者には天地の差がある。どちらがまとも(正気)か,幸福かといえば,それはいうまでもなくネパールの方だ。

日本は,少なくとも堕罪を自らにとどめ,ネパールに性タブーを犯させるようなことだけは,すべきではないだろう。

(多面的な性風俗やネパール文化をかなり強引に理念化しています。仮説に近いものなので,機会があれば,出来るだけ実証していきたいと思っています。)

Written by Tanigawa

2007/03/16 at 18:55

カテゴリー: 文化

Tagged with , , , , ,