ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘軍機

京都の米軍基地(113): 軍機への恐れ

軍機(軍事秘密)への警戒は,外国では,身を守るため必要不可欠なことだ。軍隊や軍事施設をうっかり撮ってしまったり,それらに不用意に近づいたりすると,カメラを没収されたり,スパイ容疑で拘束されたりする恐れがある。万が一,スパイ容疑で起訴されると,反証は難しく,重罰を覚悟せざるを得ない場合が少なくない。

幸い日本は,非武装平和憲法を持ち,建前としては軍隊を保持してこなかったので,日常生活で軍機を気にする必要はほとんどなかった。戦前日本のような,あるいは多くの諸外国にみられるような軍機の息苦しさ,重苦しさから,戦後日本の人々は解放されていたのである。

ところが,ここにきて雲行きが怪しくなってきた。2013年12月には特定秘密保護法が成立。日本でも,軍隊や軍事施設に不用意に近づくと,拘束され,処罰されかねない状況になってきた。いまのところ,望遠レンズ付カメラで自衛隊基地や米軍基地を撮影しても,それだけでは,とがめられたり拘束されたりすることはない。しかし,この状態がいつまで続くか?

皮肉なのは,軍機と言いつつも,他方ではグーグルなど,先端技術で,軍隊や軍事施設のかなりの部分が丸裸になっていること。日本三大秘境の一つ,丹後半島も,グーグルはバッチリ撮影し,世界に向け広く公開している。解像度,革命的に向上。

(1)グーグル・ストリートビュー(2013年9月撮影)


 ■これらは2013年9月撮影のグーグル・ストリートビュー。上が空自用地,下が米軍用地。このビューは現在も使用されており,新旧の比較に便利。

(2)グーグル航空写真(11月13日閲覧)
■空自「司令部地区」・九品寺(穴文殊)・米軍基地

(3)空自「岳山レーダー地区」

 ■グーグル航空写真(11月13日閲覧)/九品寺からの遠望(11月6日撮影)

(4)九品寺(穴文殊)参道入口の異物
■監視装置?(11月6日撮影)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/11/13 at 17:20

京都の米軍基地(54):米軍進駐開始

アメリカ軍が,9月下旬から,本格進駐を開始する。当面は軍人20人,軍属70人で,峰山町と網野町のごく普通の宿屋に駐留し,専用賃貸住宅(場所不明)完成後は,そこに転居の予定。最終的には駐留160人体制となる。(京都新聞9月14日)

アメリカ人は,つい数十年前までは憎むべき敵であり「鬼畜」であったが,今はそうではなく,したがって個々のアメリカ人との交際に何の問題もあろうはずがない。

が,丹後の小さな町にやってくるのは,単なる陽気なヤンキーではなく,米国軍人・軍属。相手は軍隊,丹後は準占領状態となるのだ。(米軍基地内は治外法権,周辺部はあいまいなグレーゾーン。)

そこで,さっそく問題になるのが,「特定秘密」「特別秘密」「防衛秘密」など。ごく身近な隣近所に進駐する米軍人や軍属につき,日常生活で見聞きしたことをしゃべってもよいのか,写真をツイッターで世界中にばら撒いてもよいのか? たぶん駄目だろう。「軍機」だから。

かくして,丹後は「見ざる,聞かざる,言わざる」の「軍機」に怯える準戦時下の基地の町となる。何が秘密かは秘密なのだから。

140916 ■峰山・網野付近(Google)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/09/16 at 10:38

京都の米軍基地(30):特定秘密指定前に

京の都の西北に米軍基地が新設され,Xバンドレーダーが搬入されると,レーダーや関連事項が「特定秘密」に指定されることは間違いない。

しかし,「秘密」は,状況から「存在」を確信できても,ブラックホールのようなものだから,周辺の風景を著しく歪めるばかりか,あらゆるものを中心部の「秘密」の中に引き込み,見えなく/見せなくする本質をもつ。

そうなれば,現在の空自経ヶ岬分屯基地ですら,見ることが許されない(と思わされしまう)ものになる。もしのぞき見しようものなら,「特定秘密」取得容疑で取り調べを受ける恐れがある。ほとんどの人にとって,それだけで十分な威嚇効果をもつ。

そこで,「特定秘密」が指定される前に,見えるものは全部見て,公知の事実にしてしまうのが賢明だ。特定秘密保護法の「特定秘密」も秘密保護法(1954年制定,2013年改正)の「特別防衛秘密」も,対象は「公になつていないもの」だけだからである。

「基地反対人間の鎖」は,もちろん尊敬すべき抵抗運動の一つだが,他方で,もう少しソフトに,軽やかに,“穴文殊撮影会”のようなものを開催し,作品をインターネット上や各地展示場所に掲示してはいかがであろうか。

この付近は国定公園であり,穴文殊をはじめ,いたるところに絶好の被写体がある。カメラ性能がよくなっているので,ケイタイでもスマホでも参加できるし,セミプロやプロの方々であれば,経ヶ岬展望台からも激写を楽しめる

多くの人々が撮影し,同時にネット掲載すれば,瞬時に「世界公知の事実」となり,「秘密」指定の根拠がなくなってしまう。たとえば,経ヶ岬展望台からの分屯基地激写,「丹後の観光・山頂展望台から丹後松島・犬ヶ岬方向を見る(丹後観光ナビ)」のように。以下,誰でも撮影できる,すでに公知の風景の例。

131223f ■基地全景。背後山頂は経ヶ岬展望台

131223b 131223a 131223c
 ■分屯基地正面/基地向かいの不気味なアンテナ(軍用?)/岳山山頂レーダー

131223d 131223e
■基地ビル/基地アンテナ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/12/23 at 15:12

京都の米軍基地(29):グーグルでのぞく

米軍Xバンドレーダー基地の設置で京丹後はどう変わるか? それを知るには,現状を出来るだけ記録しておく必要がある。それには,グーグル監視カメラが,手っ取り早くて便利だ。

グーグル地図やグーグルアース・グーグルストリートは,全地球規模の監視(盗撮)カメラであり,特に道路沿いは要注意だ。庭先に干している下着や室内も,あげくは愛人密会現場ですら,バッチリ盗撮され,世界中にばらまかれる。プライバシー暴露で金儲けはケシカランが,それはそれ,ここでは弱者にそれほど傲慢なグーグルが強者の軍事機密にどこまで迫れるかだ。

丹後半島は日本の秘境であり,グーグルカメラの解像度はそれほど高くないが,それでも空自分屯基地の概略は十分読み取れる。データ更新で消される前に,重要部分,つまり特定秘密関連で消されそうな部分は,コピーし保存しておこう。(「A~D」はグーグルカメラ位置,「→」は撮影方向)

131221a
 ■空自分屯基地俯瞰(白文字追加)

131221b 131221g 131221c
 ■空自拡張用地(A→X)/穴文殊バス停前(B→D)/米軍用地(C→Y)

131221d 131221e
 ■分屯基地正面入口(D)

131221f ■分屯基地中心部

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/12/21 at 14:36

グーグルで秘所をのぞく

谷川昌幸(C)
Google Earthの解像度が,かなり上がった。MSNやYahooが競争に参加してくれると,解像度がさらに上がり,軍事基地にどのような武器があり,兵隊たちがどのような行動をしているかまで,手に取るように分かるだろう。文民市民は防犯カメラという名の監視カメラで私生活を徹底的に監視されているのだから,軍人たちはそれ以上に完璧に一挙手一投足まで市民に監視されて当然だ。あとしばらくすれば,グーグルのおかげで,そのような万人が万人を監視する社会になるであろう。(下図はブログ用に解像度を大幅に下げています。鮮明な実物画像はグーグルをご覧ください。)
 
 アメリカン・クラブ(カトマンズ) 車は完全に識別できる。
 
 
 三菱長崎造船所の軍艦
 

Written by Tanigawa

2010/01/03 at 17:54