ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘

大統領の次は軍総監、訪印

1.ヤダブ大統領帰国
ヤダブ大統領が12月29日帰国した。あちこち駆け回ったが、どうやら適当にあしらわれ、支援確約は得られなかったらしい。

とにかく、大統領は軽~い。12月29は、大統領が定めた諸党合意選挙決定の期限だったが、完全無視。仕方なく、大統領は次の期限を1月4日まで延期した。これで7回目だ。つまり、どの政党も大統領のいうことなど、屁の突っ張りにもならないと、バカにしているのだ。

したたかなのは、やはりわれらがプラチャンダ議長。制憲議会選挙ではなく、解散議会の復活を唱え、自らが首相に返り咲く目論見だ。議会復活は、解散議会議員にとって、タナボタ、こんなおいしい話はない。とくに最大勢力だったマオイストにとっては。やはり、プラチャンダ議長はセンスがよい。バブラム首相も、結局は、コマとして利用されているのではないか。

2.ラナ軍総監の訪印
大統領の次の訪印は、ラナ軍総監。1月6~16日の予定。表向きは、「名誉将軍」称号を受けるためだが、印のご意向伺いが主目的であることは間違いない。

国軍は、マオイスト人民解放軍が完全解体されたいま、名実ともに最強組織となった。選挙実施となれば、もはや外国は愛想を尽かしているので、次は国軍が治安維持に当たらざるをえないだろう。

印とすれば、政党政治が安定せず、軍を介してネパールを自在にコントロールできる現状は、むしろ願ってもない状態ではないだろうか。

130102a
 ■ラナ軍総監(軍HP)

【参照】Yubaraj Ghimire, “Deli’s message is clear,” The Indian Express, 2013-01-01

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/01/02 at 22:06

カテゴリー: インド, 外交

Tagged with ,

UNMINからAISCへ

UNMIN任期は2011年1月15日まで。今回はどうやら本気らしい。UNMIN撤退後,その仕事を継承するのが,AISC(Army Integration Special Committee)。その委員長(ないし議長)に,Balananda Sharma氏が11月30日任命され,さっそく活動計画を発表した。

AISC:PLAの武器と戦闘員の管理監視
 (1)活動調整センター(Operation and Situation Centre)
   幹部治安要員 16(国軍4,警察4,武装警察4,PLA4)
   職員 7(常勤3,予備4)
   宿営所要員 12(7宿営所に各1,21宿営所支所に5)
 (2)宿営所管理運営局

シャルマ委員長によると,各党の合意が得られれば,UNMINからの業務引継は1月以内に完了するという。あれ!とびっくりするくらい,よくできた話しだ。こんなに簡単にいくのなら,もっと早くやればよいのに,そこは外交上手のネパール,国連から最大限引き出してから,ということだろう。

しかし,本当に,うまくいのだろうか? 問題はPLA(人民解放軍)の指揮権。マオイストは,統合復帰計画が確定し,手続きが終了するまでは指揮権を渡さないといっている。当然といえば当然だ。

現在,マオイストの要求は,PLA19,000人の半分を国軍に統合,残りの半分は社会復帰というものだ。NCやUML,そして国軍にこれが呑めるかどうか?

マオイストがPLA指揮権をネパール政府に委譲すれば,当然,平和プロセスは大きく前進する。もしそうでなければ,UNMIN撤退は大混乱を引き起こす可能性が高い。どうなるか,ここ1ヶ月,注視していたい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/12/04 at 16:32

カテゴリー: マオイスト, 平和

Tagged with , , ,