ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘近代

ソーラーLEDの街灯とバス停

憲法制定が泥沼停滞中なので,カトマンズ市内を見ることにした。すぐ目についたのが,太陽光発電の街灯とバス停。道路沿いに大量設置中だ。

連日長時間停電なので,電線配電をあきらめ,一足飛びに最先端のエコ持続可能ソーラーLED照明へのポストモダン化。スゴイ,スゴイと驚嘆,感動,雨あられ。憲法に続き,街灯でもバス停照明でも,日本を追い越しつつある。

設置予算は,どこから出ているのか? 街灯の柱は鋼鉄かアルミ(たぶん鋼鉄)で,とにかく立派。上部に太陽光発電板,中間に蓄電池が取り付けられている。バス停の場合は,屋根の上に太陽光発電板,蓄電池はたぶん天井部分収納であろう。

スゴイ,たしかにスゴイが,全体として,どことなく野暮ったく,あか抜けない。もし援助しているとすれば,中国かな?

そう思いながら歩いていると,ありました! ネパール民主主義再建の父の一人,ガネッシュマン・シン像の前にこれ見よがしに林立しているソーラー照明の,像のすぐそばの最も目立つ支柱に,「中国西蔵自治区○○○○」の掲示。○部分は消えているが,英語表記では「贈呈」となっている。他はどうかは不明だが,少なくともここでは中国が援助していた。スゴイぞ,中国!

が,しかし,そこはネパール,太陽光エコ照明でネパールが一気に西洋文明近代を超克するかというと,どうも,そううまくはいきそうにない。少し前に設置された同様の仕様のソーラー発電式街灯を見ると,受光面にはすでに厚くほこりが積もり,どう見ても発電しているようには見えない。日本援助の信号機以上の,文字通り立ち枯れソーラー街灯となっているのだ。年に何回か掃除すれば,使えそうなのに,それすらやっていないようだ。この調子では,蓄電池メンテナンスもやっていないのだろう。(実際の点灯状況は,後日,夜間観察し,報告する。)

いやはや,前近代からの近代以後への一足飛びの跳躍は,かくも難しいことなのだ。街路灯にして然りとすれば,憲法においては,なおさらのことではないのだろうか?

150127■H.エベレスト前

150124a■王宮博物館前

150124b150124c
  ■ガネッシュマン像前/同贈呈表示板

150124d150124e
  ■バス停/埃まみれ太陽光発電版と従来型信号機 

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/03 at 12:40

交差点に見る前近代・近代・近代以後

ネパールの交差点は,文化の交差点であり,一目でネパール文化のありようが見て取れる。この写真は,ナラヤンヒティ王宮博物館前。左が交通警官,右下が信号機,そして右上がソーラーLED照明。
150126a

これは,ニューバネスワル(制憲議会前)。左が交通警官,中央がソーラーLED照明,右が信号機。
150126b

これらの交差点において,交通警官は,人々の動きを見て交通整理をしている。これは人の支配としての人治であり,したがって「前近代」。

これに対し,信号機は,定められた規則により合理的・機械的に交通整理。これは非人間的な合理的な規則による支配であり,法治(法の支配)であり,したがって「近代」。

そして,ソーラーLED照明は,人間が作ったものながら,設置後は自然光の恵みにより自動的に発電し交差点を照らす。その限りでは人為を超克しており,いわば「近代以後」。

カトマンズの交差点では,見た限りでは,信号機は全滅,まともに機能しているものは一つもない。点灯していても,点滅であり,実際の交通整理は,交通警官が手信号でやっている。つまり,近代原理の象徴たる信号機は,日本援助などで何回も導入が試みられてきたにもかかわらず,ネパール社会には受け入れられず,打ち捨てられ,埃まみれの立ち枯れ信号機の無残な姿をさらすことになっている。交差点において,「近代」は「前近代」に完全敗北したのだ。

では,ソーラーLED照明はどうか? うまく維持され機能すれば,「近代」を超克する「近代以後」の象徴となり,世界中の絶賛を浴びることになるだろう。「近代」なきネパールにおける「近代以後(ポストモダン)」の輝かしい勝利。さて,どうなるか? 興味深い。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/26 at 14:17

伝統農法と電力の自給自足:シュールなネパール

日本は柔らかい全体主義、電力も水道も地域独占となっている。福島原発事故で発送電分離が叫ばれているが、自由化は難しいであろう。

これと対照的に、ネパールは自由競争の国。電力も水も自由に調達してよく、自給自足が進行している。

水は、水道不足分を給水タンクローリーから買ったり、町の水商売屋さんから買う。水は普通の商品の一つとして自由に取引されている。

電力も、自主独立のネパール人はお上依存から脱却している。まかなえるだけの余裕のある人や企業は、それぞれ自家発電装置を備え、停電時には必要なだけ発電して使用する。

ネパールが電力自由化超先進国であることを実感させられるのは、最近めざましい高層マンション建設。カトマンズ盆地のあちこちにニョキニョキと建ち始めた。

周囲の水田では農民が昔ながらの農法で稲作をしている。手で稲を刈り、人力脱穀機で脱穀し、自然の風を利用し米を選別している。その背後には、高層ビル群。この超現実的な、シュールな風景のあまりのコントラストに目がくらくらするほどだ。

 ■稲刈りと高層マンション


 ■人力脱穀と風利用籾選別

こんなところに、こんな高層ビルを建てて本当に大丈夫なのか? 停電になったらエレベータも水も止まり、生活できないではないか?

友人に聞くと、心配ないという。高層ビルはそれぞれ自給自足であり、イザというときには自前の電力と水で十分生活できるのだそうだ。

自給自足の前近代的農民のとなりに、自給自足の世界最先端未来型高層マンション。国家依存の近代を超克して勇猛果敢に前進するネパール! 自生的秩序とは、こんなものなのか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/05 at 12:31