ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘都市化

セピア色のネパール(4):水の都カトマンズ

1990年代初期は,カトマンズやパタン,バクタプルはまだ,それぞれ水の豊かな盆地の小さな古都であったと記憶している。

共同水場の多くでは,水場がそこにつくられたのだから当然とはいえ,吐水口から水が出ていて,水汲み,水浴,洗濯などが日常的に行われていた。

バグマティ川やビシュヌマティ川も,汚れ始めていたとはいえ,水浴や魚取をするなど,まだ人びとの生活で日常的に利用されていた。

そのカトマンズで水場の水が枯渇し,河川がドブ川のように汚染されてしまったのは,いつの頃からであろうか? 

それは,おそらく1990年代半頃からのカトマンズ盆地の急激な人口増,都市化の結果であろう。それまでは田園に囲まれた小さな,雰囲気的には半農村的な古都であったカトマンズ,パタン,バクタプルが,民主化運動(1990年)成功後の自由資本主義化とマオイスト人民戦争(1996~2006年)による地方からの大量人口流入とにより,一つの巨大な近現代的大消費都市圏となってしまった。

水が大量に汲み上げられ,使用され,枯渇してしまい,また河川が無処理廃棄物でドブ川となってしまったのは当然と言わざるをえない。

■カトマンズ 1993年8月
■カトマンズ 1993年8月
■バクタプル 1993年3月
■ビシュヌマティ川 1995年8月

【参照】(1)The Bagmati at Thapathali as recently as the 1970s was still flowing along a broad , sandy floodplain.
(2)ゴミのネパール

谷川昌幸

Written by Tanigawa

2022/09/01 at 16:06

カテゴリー: ネパール, 社会, 経済, 文化

Tagged with , , , ,

ネパール不動産バブル,日本人もビックリ!(3)

3.不動産価格高騰の主要因
都市部とその近郊の不動産価格が高騰し続けている主な要因は,ネパリタイムズ記事などによれば,以下の通り。

(1)1990年民主化運動とマオイスト紛争
民主化運動成功後の自由市場社会化により人口流動化が始まったところに,マオイスト人民戦争(1996-2006)が勃発,紛争の激しかった地方から多くの人々が都市部に逃れた。紛争が終結しても紛争中に流入した人々の相当数が地方に戻らなかったのに加え,自由市場社会化の加速により地方から都市部への人口移動は増加し続けた。

近年の移入者比率は,バグマティ州(カトマンズなど)が47.3%,ガンダキ州(ポカラなど)が40.2%,第1州(ビラトナガルなど)が38.9%。

(2)不動産取引の規制の甘さ
ネパールの不動産取引は,規制が甘く,銀行は大量の不動産融資をしている。庶民が預けた金も,不動産投資に回されている。

政治家,官僚,軍人,裁判官など,政官界有力者の多くは自身や縁者が不動産所有者であり,したがって,彼らの影響下にある政府や中央銀行(Nepal Rastra Bank)には,不動産取引や融資を規制するに十分な意思や能力を持たされていない。

(3)不動産取引税の低さ
市民所得税は最大36%,法人所得税は25%だが,不動産取引税は極めて低い。
土地取得後5年以内で売却⇒利益の5%が税
土地取得後5年以上で売却⇒利益の2.5%が税

また,不動産取引においては,関係職員を買収して取引額を低く見せ,課税額を引き下げることも行われているという。

(4)不動産マネーロンダリング
経済学者のAchyat Wagle教授は,不動産マネーロンダリングを,こう批判している。「不動産は,不正に得た金の一時移転先として理想的なものとなったので,土地を必要としない人々までが土地に投資した。・・・・そして,働かなくても短期間で金持ちになれるので,不動産投機は起業意欲を失わせることにもなった。」(Nepali Times)

(5)農地の宅地転用
農地の細分化・宅地転用についても,大量の金で買収が行われ,規制法が改定された。その結果,2021年だけでも,50万もの新たな不動産所有証書が発行された。また,合法的な分割土地であっても,係官は土地取引手続きの際,賄賂を要求するという。

■10年前撮影の新興住宅地(カランキ付近,2012/12/10)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2022/02/26 at 10:11

初秋の村:別荘生活のすすめ

半年ぶりに丹後の村に行ってきた。文字通りの「負動産」となった村のわが家。窓を開け放って外気を入れ,庭木を電気鋸でバッサリ剪定し,雑草を引っこ抜いて回った。重労働。

それでも,ほっとし,慰められるのが,周囲の自然。彼岸花,野菊,ツユクサなどが咲き,イナゴが飛び,トカゲが駆け,かたつむりが角をふりふり這っている。村にいたときは,日常のありふれた風景であり,美しいとも面白いとも特に感じなかったが,都会からたまに帰ると,自然の豊かさに改めて気づき,心和まされる。

丹後に限らず,地方はどこも人口減少,空き家が急増している。それらの多くは,都会では信じがたいほど安い。なかには維持するにせよ解体するにせよ経費が掛かるので,タダ同然で譲ってもらえる家さえあるという。しかも田舎だから敷地は広い。百坪,二百坪,いや三百,四百坪のものもある。広い菜園付きも少なくない。そうした家屋が,電気・水道付きで,つまりすぐ使える状態で,手に入るのだ。都市住民の別荘に最適ではないか。

別荘は,近代化以降,都市住民の憧れでありステータスシンボルでもあった。彼らは,大金をはたき,軽井沢などに別荘を持とうとしたが,不自然な都会生活から一時的に逃れ,人間の自然(human nature)を取り戻すためであれば,何も別荘のために開発された別荘地に行く必要はない。別荘地は,所詮,人造の疑似自然にすぎない。

いまの日本であれば,自然豊かな地方に行けば,買うにせよ借りるにせよタダ同然で,すぐにでも使える家が簡単に見つかるのだ。都市住民は,このチャンスを見逃さず,地方に第二の家(セカンドハウス)を持ち,その別荘で何日か暮らすことにより,自分の人間としての自然(本性)を取り戻そう。

これは,過疎の地方にとってもチャンスだ。どのような形であれ人が来て住めば,地方は活気を取り戻し,地域社会として蘇るきっかけをつかむことができるに違いない。


 ■畔の彼岸花


 ■彼岸花とカタツムリ/バッタ(食用可)


 ■ツユクサ/野菊

■猫じゃらし

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/09/21 at 15:29

カテゴリー: 社会, 自然, 文化

Tagged with , , ,

珍客来訪

憂愁の秋,わがアパートに珍客来訪。農山村部では,おなじみかもしれないが,この虫の名も生態も,私には全く分からない。どこから,何のために,こんな人工的コンクリート・ジャングルにやってきたのだろう? ひとりぼっちで、、、

161022b161022a
■ベランダの珍客

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/10/22 at 09:46

カテゴリー: 自然, 文化

Tagged with ,

制憲議会選挙2013(23):パタン南方の桜と中国日報

11月24日,パタン南方のティカ・バイラブに行ってみた。キルティプルからパタン経由,タクシーで1時間近くかかる山麓の小村だが,テチョ,チャパガオン方面からの市街地開発はすぐ近くにまで及び,山腹には自動車道も出来ていた。数年で,道路沿いは商店や住居で埋め尽くされるだろう。テチョ,チャパガオンまでは,すでに前日(23日),行っているが,少なくとも道路沿いは無秩序な新築建築物で埋め尽くされ,車も多く,あまり感心しなかった。

131203a ■ティカ・バイラブ:巨石ご神体(?)と川向かいの学校

24日にティカ・バイラブに行ったのは,一つ西の丘,コカナ,ブンガマティ経由。こちらは車も少なく,道路沿いには緑が多く,美しい。往きはタクシーだったが,帰りはチャミ付近で下車し,丘の上の道をパタンに向け歩いて戻った。舗装道路だが,車はたまに通るだけ。菜の花(からし菜?),マリーゴールド,ラルパテなど,花々が咲き乱れている。

そして,圧巻はなんと言っても,桜。ちょうど満開で,いたるところに咲いている。特に西側斜面に多く,まるでネパールの吉野。自然林なのか植林なのか分からないが,一面,桜の小高い丘もあった。

131203d ■丘の桜(カトリガウン付近)

この付近の桜は,色は白に近いものから濃い桃色まで,花は一重からから八重に見えるものまである。ソメイヨシノそっくりの桜もあった。しかも,花持ちがよく,長く咲いている。もう少し増やせば,桜大好き日本人が大挙押し寄せるにちがいない。

131203g 131203c 131203e
■農民と桜(チャミ)/チョウタラ・農民・菜の花(チャミ)/カンナと桜(コカナ)

そんな野山の花々を愛でながらしばらく歩くと,道ばたに小さな茶店があったので,一服した。ネパール茶一杯10ルピー(10円)。茶を飲みながら,ふと見ると,なんと「中国日報英語版」がおいてあった。パタン郊外とはいえ,かなり遠い山村の地元民しか立ち寄りそうにない小さな茶店に,どうして「中国日報」がおいてあるのだろう?

村の茶店が「中国日報」を販売しているとは思えない。おそらく,誰かがカトマンズかパタンから持ち込み,茶店においていったのだろう。が,そうだとしても,こんな田舎にまで「中国の進出」が及んでいるとは,正直,驚いた。

131203b ■茶店の中国日報(チャミ)

茶店から丘の上の道を少し歩き,チュニッケル付近から踏み分け道を西に降り,中腹の小道に出て,それをブンガマティまで歩いた。この付近は,よそ者が少ないとみえ,昼間でも犬が吠えかかり,かなり危険。それさえ用心すれば,静かで,花々が咲き乱れる絶好の散歩道。次は,この道をもう少し奥までたどってみたい思っている。

ブンガマティは,昨年,来たことがあるので,ざっと見て回るにとどめ,村道をさらにコカナまで歩いた。コカナは,村開発委員会(VDC)が外人入域料50ルピーを徴収するようになっていた。

24日,見て歩いたパタン南方郊外では,コングレスの旗やビラが他党よりも多かった。たとえば,コカナには下図のような“コングレスの門”が造られていた。おそらく,この付近の共同体はコングレス支持なのだろう。ネパール国民の投票行動は,このような現実をも踏まえ,理解すべきであろう。

131203f ■コカナのコングレス

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/12/03 at 19:26

囲い込まれた自然と文化:宝塚

宝塚に転居して一年,近隣の目もくらむ自然格差・文化格差に愕然たる思いだ。

宝塚は神戸・六甲山系の東山麓。かつては美しい里山・田園地帯であったのだろうが,容赦ない宅地開発で,いまや醜怪な現代都市に変貌している。

以前の比較的余裕のあった邸宅が相続で売却されると,跡地は分割され,3~4軒のマッチ箱住宅が建つ。あるいは,わがアパートのような,貧相な墓石型集合住宅となる。

このような新興住宅住民には,豊かな自然や文化は無縁だ。働き,食い,寝るだけ。貴族主義者のハンナ・アーレントは,「労働」を必然と消費に隷従する最下級の人間行為と喝破したが,私のような庶民アパート住民には,反論のしようもない。

かつて高度成長以前の日本社会では,そうではなかった。人々の多くは貧しかったが,下町でも農村でも時間はあふれ,様々な趣味や遊び,つまり多様な文化が栄えていた。美しい自然と多様な文化は,日本を訪れた外国人を痛く感動させた,日本古来の伝統であった。

いまの宝塚には,もはやそのような自然や文化はない。雑然とした必要と消費のための街に成り下がってしまった。

例外があるとすれば,それは金網と鉄格子で囲い込まれた広大なゴルフ場だけ。そこは別天地。花々が咲き乱れ,小鳥がさえずる美しい自然の中で,時間はゆったり流れ,優雅なゴルフ文化が享受されている。

現代資本主義は,富だけでなく,自然と文化をも囲い込む。現代型エンクロージャー! 貧しくとも,自然と時間と文化を享受できた頃の方が,庶民は幸福であったのではないだろうか。

130331a
■切れ切れながらも,わずかに残る里道の桜並木。先人の風流が忍ばれる。金網の向こうはゴルフ場。

130331d ■現代の囲い込み:ゴルフ場

130331b ■貧乏人立ち入り禁止

130331c ■貧乏人のひがみ根性

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/03/31 at 23:12

TU・学生・烏・ビル・鉄塔

130206
 ■TUより(2012/11/27)

困ったときの写真頼みにはちがいないが,それでもたしかに絵は口以上に雄弁だ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/02/06 at 19:02

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , ,

ネパール人口3千万人,山地・農村から都市とタライへ

ネパリタイムズ(#573, Sep.30)の社説「人口統計・民主主義・デマ扇動家(Demography,Democracyand Demagogues)」が面白い。

ネパール統計局2011年度調査によれば,ネパール人口は2662万人。ところが,出稼ぎなどで不在,不明が統計局公認で200万人,実際には400万人くらいはいるので,ネパールの人口はいまやほぼ3千万人に達しているという。

人口増加率は,2001年調査の2.25%から2011年調査の1.4%へと低下しているが,それでも当分は,年40万人が労働年齢となり,半分は海外出稼ぎ,残りの20万人が国内で働き口を探すことになる。

そこに,雪崩的人口移動が重なる。山地23郡では人口減少。とくにマナン郡はこの10年で人口が2/3に減少した。青年が都市や海外に出てしまうのだ。

その一方,タライでは,出生率が高く,山地や外国からの移入も多く,その結果,この10年間で人口が20%も増加し,いまや全人口の過半数を超えてしまった。

バタライ首相は,分権化,地方開発で人口分散を目指しているが,こうした長期的観点からの政策は,目先の利害で動くデマ扇動家たちによって常に妨害され,遂行が困難となっている。

「バタライ首相にダサインの祝福あれ。デマ政治家どもが排除され,この国の人口と民主主義の健全性が保たれることを祈る。」

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/10/08 at 11:04

カテゴリー: 社会, 経済

Tagged with , , ,

火に入る聖牛の捨身救世

 1
すさまじい光景を見た(写真参照)。2頭の聖牛がタレジュ寺院参道で、まるで自ら火に入り、焼身自殺を遂げようとしているかのように見えた。聖牛の丸焼き? 終末を暗示する恐ろしい地獄絵だ。
2
即物的に説明すると――朝8時ころタレジュ寺院横の参道。まだ陽は昇らず、寒い。参道の少し広まったところ、小さなシヴァ神祠の横に大量のゴミが捨てられ、焼かれている。ゴミ処理と、暖を取るためだ。
 
その燃え盛る火の中に、2頭の聖牛が入り、ゴミをあさっている。火は一面に燃え広がり、熱いはずなのに、聖牛たちは火の中心へと入っていく。火の周りでは、十数人の善男善女が暖をとっているのに、誰一人これを止めようともしない。
3
牛を食う西洋人ですら、こんな光景を見たら、動物虐待と怒るにちがいない。2頭の牛の8本の足は火傷になっているはずだ。それでも火の中に入っていく。
一般に動物は火を恐れる。おそらく牛もそうだろう。それなのに、自ら火の中に入っていく。食欲が火の恐怖に勝ったのだろう。即物的に説明すればそうなる。
4
しかし、これは深い信仰を集めるタレジュ寺院横の参道であり、悪臭を放ち燃え広がっているのはビニール袋の山、聖牛が口にくわえているのもビニール袋だ。こんな光景を目にして即物的説明で済ますことができる外人はおそらく一人もいないだろう。
大げさだが、これは地獄絵だ。2頭の聖牛が、自らの身を焼きつつ、文明廃棄物を黙々と処理している。ビニールは胃に入り、反芻され、腸に入り、文明毒を身体中にめぐらせ、自らと子孫の生命を危うくするであろうが、それでも人間どもの罪を引き受け、廃棄物を黙々と食べてくれている。捨身救世。まさしく聖牛だ。
5
暖をとっている人々はヒンズー教徒のはずだが、誰一人として聖牛たちのこの犠牲的焼身を止めようともしない。聖なる牛だ。以前なら、おそらくそんなことはなかったはずだ。しかし彼らを責めることはできない。彼らは早朝から露天で働かざるをえない貧しい庶民であり、彼らも文明の犠牲者なのだ。聖牛を思いやる心の余裕すらも、彼らは失ってしまっているのだろう。
6
感傷的に過ぎると批判されるかもしれない。が、この光景を即物的に説明して済ますようなことだけは、したくない。人間性を疑われるからだ。

 cow1 cow2

【参照】

ゴミのネパール
ゴミと糞尿のポストモダン都市カトマンズ
ゴミと聖牛

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2007/11/17 at 22:04

カテゴリー: 文化

Tagged with , ,

郷里とネパール: 失って得るものは?

谷川昌幸(C)

年末年始(12/31-1/2),日本三秘境の一つ丹後に帰郷した。年頭に当たって,今年も村の変化をネパールと重ね合わせながら報告しよう。

1.クマと高速道路
いまの村の話題の一つは,イノシシ,シカ,サル,クマの出没。イノシシ,シカ,サルは以前からよく現れ,農作物を荒らしていたが,最近はとうとうクマまで出始め,栗や柿の木に登り,実を食べるようになったそうだ。田畑の耕作放棄が進んだためだろう。

一方,そのわが過疎村にも高速道路が延伸され,村に出入り口が出来ることになった。京都・大阪からの所要時間は,1960年頃は丸1日,現在が3時間半くらい,それが高速道路延伸で20分ほど短縮される。スゴイ。

2.自給自足の村
1960年頃までの村は,80~90%自給自足であった。戸数100戸余り(ほとんど農家),小学校1,医院1,農協(兼町役場・郵便局・日用品店)1,商店3,魚屋1,大工(工務店)2,寺1,神社3,祠(田の神,山の神など)多数,産婆1,祈祷師1,理容美容1,等々。わずか100戸余りの小さな村なのに,村内でほぼ自給できていた。

それは,村人たちが村の生産力の範囲内で工夫し協力し生活していたからだ。私自身,裏山でマキをつくり,自宅の燃料とし,また小学校のストーブのために供出した。私の家も,裏山の木を製材し,村の大工と村人たちが協力した建ててくれたものだ。

村では,誕生から死までの生活がほぼ完結していた。私も弟2人も私の家で産婆さんに取り上げられ,祖母は村の医者に看取られてなくなり,村の寺の僧が読経し,近所の人々の手で近くの墓地に土葬された。

贅沢さえ言わなければ,生まれてから死ぬまで,この小さな村の中でほぼ不自由なく暮らしてゆけた。これはいま思うと奇跡的なことだ。

3.資本主義化で依存状態に
ところが,1960年頃から始まった村への資本主義の侵入で,村はあれやあれよという間に自活のための生活基盤を奪われてしまった。

若者は大都市に奪われ,小学校も医者も農協も商店も町に奪われた。村の祈祷師も,村のことを隅々まで知っており医者では治せないような病をよく治すことができたにもかかわらず,近代化により排除されてしまった。

いまや村は自立性を完全に失い,人々は村内だけでは絶対に生きていけない。かつて村人たちは協力し合いながら,生活のことは誕生から死まで,ほぼ何でもやれた。村人は全人格的人間として生きていた。ところが,いまでは,低賃金目当ての町の工場やスーパーで働き,賃金を得るだけの単職能労働者になってしまった。村は収入を村外の工場に,燃料を中東に,食料と日用品(多くが輸入品)を町のスーパーに完全に依存している。村人は,村で生まれ,村で死にはしない。町の病院で生まれ,死ぬ。そして遺体を焼くのも葬儀も村外の近代的火葬場であり,株式会社の葬儀場だ。

4.失われた文化
わが村は,本格的な資本主義化が始まる1960年代以前は,時間を有り余るほどもっていた。自給自足ではさぞ忙しかろうと思われるかもしれないが,全く逆。時間は資本主義が奪うもの。資本主義化以前の社会では,わが村に限らず,どこでも時間は有り余っているのだ。

村では,大人にも子どもにも時間があり暇があったから,様々な文化が生活の中で楽しまれていた。子どもたちの様々な遊び,大人たちの囲碁将棋,俳句,芸能,祭り,花見,釣り,海水浴,スキーなど。

しかし,資本主義化により,時間が奪われ,したがって暇を必要とするこれらの文化はあらかた廃れてしまった。

5.何を得たのか
資本主義化で,わが村は何を得たのか? そして,高速道路延伸で京都・大阪から20分早くなることで,わが村は何を得ることになるのか?

都市に脱出した人間の無責任な懐古趣味には違いないが,それでも私たちは,近代化,資本主義化で何を得たのかと問わざるを得ない。

山間の小さな村。夏は蒸し暑く冬は豪雪の寒村。そこで,100戸余りが,つい最近までほぼ自給自足できていた。いや,たんに食べるだけでなく,有り余る時間を使い,生活の中で遊び,文化,芸能を存分に楽しんでいた。

ところが,いまや,その同じ村が,過疎化で半分近くになった村人の生活すら支えることが出来なくなった。若者には仕事がなく,夫婦は子供を産みたくても経済的,社会的,医療的支えがなくて産めず,老人は村に商店がなくなりバス便も激減したため食料・日用品を買い求めることにすら不自由している。村人たちは,日々の生活費を稼ぐだけで疲れ果て,かつてのように遊ぶ暇も気力もない。俳句をひねり,神楽の練習をする余裕はもはやない。

いったい,何のための近代化,資本主義化だったのか? 村人たちは,いったい何を得たというのか?

わが寒村で,100戸余りが貧しいとはいえ,十分に食え,生活を楽しむことが出来ていた。だとしたら,その生活を基礎に,それを豊かにしていく別の道があったのではないか?

6.ネパールのもう一つの道
先進国の人間が,ネパールに来て,伝統的生活の大切さを語る――それは無責任だとさんざん言われてきた。その通りだと思う。自分たちは,近代的な「快適な」生活をしながら,ネパールに来て,そうでない生活が大切だというのは,たしかに無責任であり偽善だ。

しかし,それが分かってはいても,やはり,資本主義化の道は決して幸福への道ではない,といわざるを得ない。先進国は,どこかで道を間違えてしまったのだ。 わが村で,この40~50年で起きたことが,ネパールでいま起こりつつある。ネパールの人々は,時間を失い,文化を失い,そして結局みな不安な外部世界への依存者になってしまうだろう。

物理的・物質的にある程度便利にはなるだろうが,それに見合うだけのものは,資本主義化の方法では,おそらく得られないだろう。一部の特権的な人々を除いては。

【参照】ネパールの過疎化 Grandma of the Empty Village: Nepal

Written by Tanigawa

2007/01/03 at 22:15

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。