ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘電力

カトマンズの東芝広告

これは,ニューロード近くの商店街路地の東芝広告。蜘蛛の巣配線に,ほこりまみれの古い看板。洗濯機と冷蔵庫の宣伝だ。

既視感を禁じえない。日本の僻地に行くと,古い薬や農機具や家電などの広告が残っていることがある。日本で,そうした広告を見た時と同じような懐旧と哀愁のないまぜになったような思いに,ここカトマンズでも,しばしとらわれたのだ。

しかし,カトマンズの東芝広告については,懐旧よりも哀愁の感の方が強い。東芝の対ネ販売戦略には,以前から違和感を感じていた。数年前,あるいはもう少し前,東芝の電気洗濯機の宣伝を付けた移動式道路標識が,カトマンズ市街に大量に設置されたことがあった。(以前,コメントを投稿したが,リンク切れで所在不明。見つかったら追加します。参照:トリチャンドラ校前の信号機

カトマンズは,万年,電力,水不足。現在は,1日10時間停電。これでもまし。雨期はまだ先であり,さらに停電時間が伸びることは避けられない。水はもっと深刻。金持ちは水商売業者からタンクローリーで水を買い,貧乏人は水場を探し,多少遠くても,多少汚くても,それを汲んでこざるをえない。そんなカトマンズで,貧乏人相手に電気洗濯機の大宣伝をする――その感覚がどうにも理解できなかったのだ。

下掲の看板では,電気洗濯機に加え,冷蔵庫も宣伝されている。こちらも電力浪費家電。最近ではかなり増えたが,それでも冷蔵庫がぜいたく品であることに変わりはない。この宣伝看板が設置されたころは,いま以上に,一部特権階級だけのものだったはずだ。

そんな「反人民的」「反庶民的」な商品を,電気も水もないカトマンズで庶民向けに大宣伝する。たしかに,需要がないところで,需要を人為的に創り出すのが資本主義には違いない。それはそうだが,素人目には,どう見てもズレているというか,浮いているというか,そんな違和感を禁じえなかったし,いまも禁じえない。金儲けも,センスがなければ,成功はおぼつかないのではないだろうか。

151221a 151221b

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/21 at 11:49

カテゴリー: ネパール, 社会, 経済

Tagged with , , , ,

権力乱用調査委員会(1):電力公社捜査

権力乱用調査委員会(CIAA:Commission for the Investigation of Abuse of Authority, अख्तियार दुरुपयोग अनुसन्धान आयोग) は,憲法設置機関(後述)。このCIAAの活動が,このところ目につく。八面六臂,いたるところに踏み込み,権力乱用を捜査し,容疑者を逮捕,特別法廷(後述)に起訴している。

このCIAAの大活躍には,拍手喝采もあれば,権力乱用だとの皮肉な見方もある。他の途上国同様,ネパールも汚職天国。それを正すには,多少強引でも,CIAAのような憲法設置機関による荒療治も必要という意見は,国内外に少なくない。しかし,その一方,現在は議会も正式内閣も存在せず,最高裁判所長官と元官僚が非政党暫定内閣を組織し,国政を担当する例外状況。その正統権力不在のドサクサにまぎれ,CIAAが強権行使を闇雲に拡大していくと,CIAAそのものが専制化する恐れもある。

以下では,昨今のCIAAの活動と憲法上の位置づけを分析することによって,ネパール国家社会の健全な発展のためCIAAはどのような権力監視活動をすべきかについて考えていくことにする。 

130905c ■権力乱用調査委員会ビル(タンガール)

1.CIAAの強制捜査
この数ヶ月,CIAAは政府諸機関から大学,病院,協同組合(cooperative, सहकारी),そして国内企業から外国企業にいたるまで,権益に関与するところをしらみつぶしに調査している。たとえば――

(1)ネパール電力公社(NEA)変圧器汚職事件
この事件については,私自身,思い当たるところがある。昨年末,カトマンズ郊外の友人宅に行ったとき,照明から冷蔵庫まで家電製品の多くが壊れていた。どうしたのだと聞くと,突然,火花が出て壊れたとのこと。このところ電圧変動や過電流が激しく,こうしたことが時々あるそうだ。このときは,それは大変だなぁ,というくらいにしか思わなかったが,CIAA捜査のおかげで,それはどうやら欠陥変圧器のせいらしいということがわかった。

新聞報道によると,ネパール電力公社(NEA:Nepal Electric Authority,नेपार विघुत प्राधिकरण)は,中国のHSE(Hubei Sunlight Electric)から,この2年間で変圧器1275台を購入した。ところが,変圧器の漏電,発火,爆発が続いたので調査すると,本来なら銅線のところにアルミ線が使用され,そのため故障が続発したことが判明した(Republica,Sep.1)。HSEは,中国湖北省最大の電力関係企業であり,このような粗悪品を輸出するとはにわかには信じがたいことだが,すでに全製品をHSE側に返品したというから,事実なのだろう(Karobar Daily, Aug.24)。

欠陥変圧器は,これだけではない。2006~2012年輸入の変圧器6000~6500台もまた,粗悪欠陥品らしい。 Karobar Daily(Aug.24)によれば,製造元は次の5社。
  ▼Hubei Sunlight Electric Co Ltd (China) 130905a
  ▼Shenyang Dongneng Electricity Equipment Company Ltd (China)
  ▼SVR Electrical Pvt Ltd (China)
  ▼Hubei and Nigwo AUX Hightechnology Company Ltd (China)
  ▼Sahabhant Electric Company Ltd (Thailand)
発電所不足だけでなく,これらの欠陥変圧器によっても,ネパールはいま深刻な電力不足に陥っている。

CIAAは,こうした欠陥変圧器が長期にわたり大量に輸入されてきたのは,輸出・輸入関係者が共謀し不当利益を得てきたからだと考え捜査を開始,この8月から容疑者を次々と逮捕し,CIAA拘置所に勾留した。そして,8月25日,NEAの総裁(逮捕時)ら幹部22人とHSE(Hubei Sunlight Electric)の4人(うち中国人3人)を,欠陥変圧器2000台調達により4億1千万ルピー以上を横領した罪により,特別裁判所(後述)に起訴した。有罪となれば,NEA職員らは10年,HSE社員らは2年の禁固刑(Kathmandu Post, Aug.26; Himalayan, Sep.1; Republica, Sep.1)。

NEAは,CIAAによる総裁以下幹部職員大量逮捕により,経営危機に瀕していいる。NEAとすれば,予想もしていない非常事態であろう。が,シュリダール・サプコタCIAA報道官は,「それは,われわれの関知せざるところ。政府が何とかするだろう」と冷たく突き放す(Himalayan, Sep.1)。NEAに汚職が蔓延していたことは事実だろうが,それにしてもCIAAの権力行使は強引だ。多少,不自然と見えなくもない。
130905e 130905d
 ■電柱とヒマラヤ(キルティプル,2012.11)/高層マンション建設と送電線(パタン,2012.11)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/09/06 at 13:36

福井原発と京阪神と水上勉

京都新聞元旦特集の一つは,「原発にノー」。それによると,御用鈍足ソフト「SPEEDI」の予測でも,京都市の一部は放射性物質汚染区域に入る。が,これでもなお嘘くさい。放射性物質が,そんなに都合よく予測範囲内に収まるとは考えにくく,実際には風向きによっては京都市,大阪市,神戸市にも広く濃く降下すると考えるべきだろう。

というよりもむしろ,丹後生まれの私の実感からすると,京阪神が原発風下になる確率は,もっともっと高いように思う。低気圧や台風でも,風向きは大きく変わる。京都新聞元旦特集でも,まだなお「不都合な真実」は隠されているのではないか?

福井原発については,大飯出身の水上勉がその差別性を厳しく批判していた。若狭は,京阪神など都市により収奪され,貧困に陥れられ,蔑視され,あげくはその尻ぬぐいをさせられている。贅沢三昧,浪費都市の電力は誰がつくっているのか?

水上勉の地方差別批判は問題の本質を突いている。もし自民党,産業界,都市住民が原発をつくりたいなら,まずは東京湾岸,大阪湾岸につくるべきだ。地産地消。もしつくれないなら,それは若狭でも青森でも,危険なのだ。原発は,地方蔑視の最たるものである。

130101a
 ■高浜原発拡散予測:3月(京都新聞2013-1-1)

130101b
 ■高浜原発拡散予測:2月(京都新聞2013-1-1)

130101c
 ■関西道路図(NEXCO)。この位置関係からして,京都・大阪・神戸・奈良・大津が拡散範囲に入らないのは不自然。SPEEDIより庶民実感の方が予測能力ははるかに高いのではないか?

【参照】
構造的暴力としての原発:堀江邦夫『原発ジプシー』
風力発電も原発もイヤだな
原発報道,朝日とネパリタイムズ
青森沖セシウム汚染魚の報道姿勢
権力監視下のネット社会:原子力安全規制情報
早川教授訓告処分は大学自治の自殺行為
ネパール大使館,大阪に退避

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/01/01 at 15:38

カテゴリー: 経済, 人権

Tagged with , , , ,

伝統農法と電力の自給自足:シュールなネパール

日本は柔らかい全体主義、電力も水道も地域独占となっている。福島原発事故で発送電分離が叫ばれているが、自由化は難しいであろう。

これと対照的に、ネパールは自由競争の国。電力も水も自由に調達してよく、自給自足が進行している。

水は、水道不足分を給水タンクローリーから買ったり、町の水商売屋さんから買う。水は普通の商品の一つとして自由に取引されている。

電力も、自主独立のネパール人はお上依存から脱却している。まかなえるだけの余裕のある人や企業は、それぞれ自家発電装置を備え、停電時には必要なだけ発電して使用する。

ネパールが電力自由化超先進国であることを実感させられるのは、最近めざましい高層マンション建設。カトマンズ盆地のあちこちにニョキニョキと建ち始めた。

周囲の水田では農民が昔ながらの農法で稲作をしている。手で稲を刈り、人力脱穀機で脱穀し、自然の風を利用し米を選別している。その背後には、高層ビル群。この超現実的な、シュールな風景のあまりのコントラストに目がくらくらするほどだ。

 ■稲刈りと高層マンション


 ■人力脱穀と風利用籾選別

こんなところに、こんな高層ビルを建てて本当に大丈夫なのか? 停電になったらエレベータも水も止まり、生活できないではないか?

友人に聞くと、心配ないという。高層ビルはそれぞれ自給自足であり、イザというときには自前の電力と水で十分生活できるのだそうだ。

自給自足の前近代的農民のとなりに、自給自足の世界最先端未来型高層マンション。国家依存の近代を超克して勇猛果敢に前進するネパール! 自生的秩序とは、こんなものなのか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/05 at 12:31

停電20時間:省エネ超先進国ネパール

ネパールは,現在,停電7時間/日。地区割りし,スケジュール表を作り,ちゃんと停電を実施している。多少不便だが,特にどうということはない。庶民は冷静に対応している。

政府発表では,乾期になると,停電は20時間/日になる予定。やはりスケジュール表を作り,粛々と実施し変わりなく暮らす。

ネパールはヒマラヤの国であり,水力発電が中心。ダム計画はいくつもあるが,かつては環境保護団体(電力浪費三昧先進国NGO)の妨害により,次にマオイスト紛争により,そして現在は紛争後混乱により,ほとんどが頓挫,電力需要急増に追いつかない。目下期待は西セティ(750MW)の中国と,上部トリスリ(250MW)の韓国。日本はお呼びじゃないようだ。

(Nepali Times,24-30 Aug)

いずれにせよ,電力はまったく足りないので,急場しのぎにインドからの電力輸入とディーゼル発電機稼働の予定だが,焼け石に水,どうにもならない。かくて,20時間/日の革命的停電が実施されるわけだ。

この窮状を見て,このところ冴えているネパリタイムズが,社説でこんな皮肉をかましている。

首相の党にとって,パワーは銃口から生まれる。とすれば,次は発電水車からパワーを生みだすべきだろう。(Nepali Times,24-30 Aug)

ネパリタイムズの立腹はよく分かるが,それはそれとして,20時間/日停電は革命的にすごい。強いられた省エネであるにせよ,それに耐えられる社会は強靱であり,真の意味で健全である。

日本だって,敗戦後しばらくは,裸電球のほの明かりの下で夕食,一家団欒を楽しんでいた。停電は常識,TVもグルメもなかったが,時間と会話と近隣交際はふんだんにあった。

このような形で「省エネ超先進国ネパール」を紹介すると,現場第一主義者からは,安全圏からの無責任放言と非難されるかもしれないが,厳密に言えば,本人以外は多かれ少なかれ部外者,そんなことをいわれたら歴史研究も外国研究も,一切できなくなってしまう。

実感主義,クソ実証主義は,決して「事実」を見ることにはならない。20時間/日停電が「超先進的」であることこともまた,もう一つの「事実」なのである。

風力発電も原発もイヤだな
停電16時間の革命的意義
電力神話からの脱却,ネパールから学べ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/08/27 at 17:31

カテゴリー: 社会, 経済, 文化

Tagged with , , , , ,

中国援助ダムに沈黙のNGOとマオイスト

1.西セティ・ダム概要
中国援助の西セティ・ダムの建設が決定した。国際入札ではなく,ネパール政府が中国企業(三峡公司)と契約した。
  ・16億ドル
  ・750MW
  ・権益:中国企業75%,ネパール電力局25%
これはもともとインドが関心を持ち,発電電力も大半をインドに送ることになっていたが,政情不安や資金難のため頓挫していた。

ここに中国が目をつけた。極西部は地政学的にインドにとって極めて重要なところであり,もしこのダム建設が成功するなら,中国にとって,それは経済的というよりはむしろ政治的な勝利といってよいだろう。

 ▼建設予定地(ABD環境アセス2007より)

2.沈黙のNGOとマオイスト
ここで不思議なのが,環境NGOや人権NGO。かつて日本などがダムを建設していた頃,欧米系NGOが,環境や人権を理由に,さかんにダム建設反対を叫んでいた。そして,これに負けじと,マオイストも唱和し,あちこちでダム建設を妨害した。

西セティ・ダムは,「ABD評価」によれば,2326haの土地を必要とし,1599家族,12914人が立ち退きを迫られる。巨大事業だ。それなのに,環境・人権NGOやマオイストからの反対の声は,いまのところ,ない。

あの麗しき自然愛,人類愛は,いったいどこに行ったのだろう? 中国が怖いのかな? あるいは,体制側になったら,利権があまりに美味しく,地域住民や環境のことなど目に入らなくなったのかな?

3.身勝手で卑怯なNGO
欧米系の環境・人権NGOの中には,遺憾ながら,一部身勝手で卑怯なものがある。たとえば,捕鯨反対。私自身,日本が南氷洋くんだりまで出かけ,姑息な「調査捕鯨」をやることには反対だが,だからといって,反捕鯨NGOのやり方は度が過ぎる。

ましてや,和歌山までやってきて,伝統的な沿岸捕鯨をやっている地元漁民を一方的に攻撃するのは,正義・公正に反し,絶対に許せない。

そんな情熱があるのなら,なぜ沖縄に来て,ジュゴンを守るため普天間基地建設に反対しないのか?(まともなNGOは,むろん,その多くが基地建設反対を闘っている。) 米軍(日本政府パトロン)は怖くて実力行使できないが,和歌山の漁師ならたいした抵抗も出来ないだろうから,大向こう受けを狙って派手にやってやれ,というわけか。

ヒマラヤの環境保護や鯨・イルカ保護は大切だ。しかし,保護運動にも,最低限度の公正さは,不可欠であろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/04 at 15:28

カテゴリー: 経済, 外交, 中国

Tagged with , , ,

東電から他社へ,電力購入先変更

昨日,発電と送電を分離すれば,九州電力以外の発電会社からの電力購入が可能となり,九電は倒産に向かうと書いた。今日の朝刊を見ると,東京では,城南信金が電力購入先を東京電力から他社(PPS)に切り替えるという。

九電や東電を「市場」に引き出し,退場させるには,これが最善の方法。個人でも,電力購入先が自由に選択できるようになるまでは,最大限自然エネルギーやガス自家発電などに切り替え,電力会社依存から脱却する努力をすべきだろう。

実は,この方法は,すでにネパールでは一般化している。停電となれば,蓄電池や自家発電装置に切り替える。地方では,小規模水力・風力・太陽光発電も普及しつつある。まだまだコストが問題だが,日本のような独占電力会社依存ではない。その限りでは,日本よりはるかに健全だといえる。ネパールで出来て,なぜ日本ではできないのか?

「脱原発」の城南信金、東電と年内で電力契約解除  新規事業者に切り替え
 ・・・・城南信用金庫は2日、東京電力から電力を購入する契約を年内いっぱいで解除すると発表した。東電福島第1原子力発電所の事故を踏まえた「脱原発」の取り組みの一環。来年1月以降は、天然ガスなどで発電する新規電力事業者のエネットから電力を購入する。・・・・・・・・(日本経済新聞電子版 2011/12/2)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/12/03 at 10:47

カテゴリー: 社会, 経済

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。