ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘革命

第37代首相はスシル・コイララNC議長

1.首相選挙
ネパール制憲議会=立法議会は2月10日,コングレス党(NC)のスシル・コイララ議長(सभापति शुशिल कोइराला)を首相に選出した(सभापति =chairman, president)。第37代首相。

 首相選挙立候補:スシル・コイララNC議長のみ。
 議員総数:571(2月10日現在)
 政党別議席数:NC196, 統一共産党(UML)175, マオイスト(UCPN-M)80, 国民民主党(RPP)24, 他96(2月10日現在)
 出席議員数:533
 賛成:405(NC,UML,RPP,共産党ML,MJF-L,他)
 反対:148(マオイスト,他)

 140211b ■コイララNC議長(NCホームページ)

2.NC=UML連立政権
スシル・コイララ首相選出は,選挙で大勝したNCとUMLの「7項目合意」(2月7日)により,実現した。

▼NC=UML7項目合意(2月7日)
 (1)新憲法は1年以内に制定。
 (2)第1次制憲議会における憲法関係各党合意事項の承認・継承。
 (3)新憲法施行前に大統領と副大統領を新たに選出。
 (4)現大統領と現副大統領の任期は,制憲議会=立法議会において暫定的に延長する。
 (5)UMLは,首相選挙において,スシル・コイララNC議長に投票する。
 (7)制憲議会議長はUMLとし,NCはこれを支援する。

3.コイララ首相の公約
コイララ首相は,NC=UML連立内閣首相であり,当然,「7項目合意」が基本となる。この合意に基づき,彼は,首相選挙立候補演説において,つぎの「12項目目標」を公約した。

▼12項目目標(2月10日)(nepalnews.com, 10 Feb)
 (1)和平プロセスの継続・完了。
 (2)新しい民主的・共和的憲法の1年以内の公布施行。
 (3)地方選挙の6か月以内の実施。
 (4)経済発展と社会正義のための基本政策の作成。
 (5)インフレ抑制。
 (6)すべてのバンダ(ストライキあるいは閉鎖)の規制。
 (7)紛争被害者の救済。
 (8)法の支配による平和と秩序の確立。
 (9)内外資本の投資環境の改善。
 (10)インフラ建設および社会サービスの可及的速やかな促進。
 (11)印中および他の友好国との関係の強化。
 (12)すべての政党とつねに協力し,コンセンサスによる統治を目指す。

 140211a ■コイララ首相フェイスブック

4.勇猛にして清貧
スシル・コイララ氏は,1939年生まれで74歳。独身で,質素な生活を好み,「清貧指導者(saint leader)」などとも評されている。

一方,スシル氏は,名門中の名門,コイララ一族の一員であり,パンチャヤト期にはBP・コイララ,ギリジャ・コイララらとともに激しい民主化闘争を闘っている。

特に有名なのは,1973年のギリジャをリーダーとするハイジャック事件。1973年6月10日,NC党員3人がビラトナガルを離陸したロイヤル・ネパール航空機をハイジャックし,インド・ビハール州に強制着陸させ,ネパール政府公金3百万ルピーを強奪した。反パンチャヤト武装闘争の軍資金とするためだった。スシルは,このハイジャック事件の支援メンバーの1人として逮捕され,デリー監獄に投獄されたが,1975年,保釈された(wiki)。

政党活動が禁止されていたパンチャヤト期には,ガネッシュマン・シン,KP・バッタライなど激しい実力闘争を闘い長期間投獄された政党政治家が,たくさんいた。スシル首相もその1人なのである。

 140211c ■NCトロイカ(NCホームページ) 

5.揺り戻し
NC=UML連立コイララ内閣が,「行きすぎた」民主化革命体制からの揺り戻しとなることは間違いない。「12項目目標」を見ても,バンダ規制や「法の支配」強化があげられている。

NCとUMLは旧1990年体制の中心勢力だったし,コイララ首相に賛成投票したRPPも今回の選挙で26議席を獲得し勢力を回復しつつあ。

さらに,マオイストは野党を選択したものの,幹部らはこの数年で戦利品を十分すぎるほど手中にし,体制内化している。プラチャンダ議長自身,「1年以内の新憲法制定というコイララの公約は評価できる。われわれは,憲法制定を建設的な立場から支援する」と明言している(Republica, 10 Feb)。

だから,2007年暫定憲法体制からの揺り戻しは避けられないだろうが,問題は,それがどの程度になるか。たとえば,「12項目目標」の公約では,新憲法は「民主的・共和的」とされている。「連邦制」はない! たまたまなのか,それとも意図的なのか? もし意図的に落としたとすれば,これは大問題になる。

歴史的に見ると,イギリス革命,フランス革命など大きな革命はたいてい「行きすぎ」,それへの揺り戻しが起こり,結局,状況から見てそこそこ妥当なところに落ち着く。巨視的に見れば,ネパール革命も,そのような経過をたどるのではないだろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/02/11 at 19:43

インフレ10.2%に学ぶ

ネパールの3月インフレ率は,堂々の10.2%。食料,衣類,履き物,住宅,公共料金など,軒並み値上がりした。特に食料品の値上がり幅が大きい(Republica,Apr16)。

ネパールのインフレ率(indexmundi)
[1998]11.8, [1999]3.3, [2001]2.8, [2002]2.9, [2005]7.8, [2006]8.6, [2007]6.4, [2008]7.7, [2009]13.2, [2010]8.6, [2011] 9.1
130417

日本バクチ経済のインフレ目標は,たかだか2%。それすら実現は怪しい。10.2%など,夢のまた夢だ。安倍=黒田バクチ胴元は,ネパールに学ぶべきだろう。

インフレ率10.2%ともなれば,庶民にはたまったものではない。次は,いよいよ本物のプロレタリアート社会主義革命となるのではないだろうか? これも,バクチ経済ですっからかんになるであろう日本人民のお手本になるかもしれない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/17 at 19:46

カテゴリー: 経済

Tagged with , ,

PLA&CAの解体とマオイストの分裂

マオイスト自身にとって,人民戦争の二大成果は,強大な人民解放軍(PLA)と制憲議会(CA)議席であった。

PLAは,最盛期4-5万人ともいわれ,国軍とほぼ拮抗する強大な軍隊であった。人民戦争勝利後,国連仲介のもと,資格審査により2万人弱まで削減されたものの,公式にその存在が認められ,全国の駐屯地に分駐,実力部隊としてマオイストの政治力を担保していた。

ところが,そのPLAは,先進資本主義国の政治的経済的介入により進められた国軍統合・社会復帰プログラムにより,結局は,除隊給付金と見返りに解体されてしまった。 これにより,マオイストは,その政治力の軍事的基盤を失ってしまったのである。

制憲議会(CA)についてみると,マオイストは2008年選挙で229議席(38%)もの議席を獲得,これにより中上層リーダーの貢献に報いると同時に,それをマオイスト政治力の合法的基盤としてきた。

ところが,このCAも,キラン派にいわせれば「外国の介入」により5月27日消滅し,マオイスト議員たちは特権を失い,ただの人に戻ってしまった。

このPLAとCAの消滅は,マオイストにとっては大打撃であり,党の再編は避けられない事態となった。

PLAとCAで経済的・社会的・政治的に十分な報酬を確保し生活基盤をほぼ固めた「勝ち組」は,ここで革命を降り,体制の安定化に向かうであろう。これに対し,十分な報酬を確保できなかった「負け組」は,再度,マオイスト運動の原点に立ち戻り,人民戦争再開を狙うであろう。革命後のこうした運動の分裂は,どの革命でも見られることであり,ネパール・マオイストに特殊なことではない。

■マオイスト指導体制

報道でも,マオイストの分裂は,もはや避けられないとみられている。主流派は,プラチャンダ議長,バブラム・バタライ副議長(首相)ら。古参幹部16名のうち,6名が主流派に残りそうだ。これに対し,分離を狙う反主流派は,キラン(バイダ)副議長を中心に,バダル(RB.タパ)書記長,A.シャルマ中執委員,M.パスワン中執委員ら10名の古参幹部により構成される。

ここで気になるのが,キラン派マオイストによる人民解放軍再建がなるか否かだ。PLA除隊者は,たしかに50-80万ルピーの給付金を受けたが,こんな金などすぐなくなる。また,ゲリラ活動をしてきた彼らには,仕事の知識も経験もなく,村に帰っても生活はできない。一方,中上層リーダーたちも,CA解散で失業し,これまた先の見通しは暗い。キラン派マオイストは,これら行き場のない元兵士・元議員らが戻ってくることを期待しているのではないだろうか。

しかし,もしかりにキラン派マオイストが分離独立し新人民解放軍の結成に成功したとしても,かつてのような戦いはもはや難しいであろう。

先の人民戦争により,半封建的差別・抑圧体制のかなりの部分が破壊され,人権と自由が相当程度実現されているからだ。また人々はすでに人民戦争を見ており,同じことを繰り返すとは思えない。もし繰り返すなら,「二度目は喜劇」となる。ここが,キラン派マオイストの闘いの難しいところだ。

一方,プラチャンダ=バタライ主流派は,革命成果の食い逃げを図るだろう。金と地位と,そしてできれば名誉と。プラチャンダもバブラム・バタライも百戦錬磨であり,逃げどきを見逃すことはあるまい。

卑怯とも見えるが,権力に恋々とし,粛正や大躍進で何千万人もの死者・犠牲者を出したとされるスターリンや毛沢東よりははるかにましだ。ネパールの政治家の偉さは,ほどほどで押さえ,極端に突き進まないところ。これは見習うべきだ。

以上は,もちろん現状からの予測に過ぎない。今後どう展開するか,外国のことながら,大変気になるところである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/02 at 21:25

カテゴリー: マオイスト, 人民戦争

Tagged with , ,

エベレストに赤旗,マオイストの快挙

エベレストを征服し,赤旗を立て,世界最高峰の高みから世界マオイスト革命を指導する,というのがネパール毛沢東主義派の立党以来の目標だった。その念願が,5月26日,ついに達成された。

英雄プラチャンダ議長の名代,プラチャンダJr(プラカシ・ダハール)を中心とする総勢15人のマオイスト登山隊が,「ルンビニ=エベレスト平和行進2012」を掲げ,エベレスト登頂に成功したのだ。

マオイスト登山隊は,「ルンビニの土」とネパール国旗・マオイスト党旗をもって登頂した。ブルジョア反動メディアは報道していないが,おそらく山頂で国旗と赤旗(党旗)を掲げ,「ルンビニの土」つまり「仏舎利」を奉納したのではないだろうか。国家と党と仏陀! さすがマオイストは偉大だ。

少々残念なのは,時期がいささか悪かったこと。本来なら,マオイスト主導下に新憲法が制定され,ルンビニでは国連事務総長をはじめ世界の著名指導者多数を招き「仏前平和祭典」が賑々しく開催されているはずであった。ところが,無念なことに,反動勢力に妨害され,いずれも水泡に帰し,ネパールは目下,大混乱,戒厳令か国家解体かの瀬戸際にある。せっかくの登頂が,台無しにされてしまった。

しかし,そこはマオイスト,この逆境だからこそ,エベレスト登頂の意義もあろうというもの。世界最高峰に党旗をたて,マオイスト革命を訴えかける。さすがイデオロギー政党,健気なものだ。こうした不屈の信念があったからこそ,王制打倒,封建制解体,カースト・ジャナジャーティ差別撤廃,女性蔑視禁止などの偉大な目標が多数達成されたのだ。

マオイスト設立の頃,エベレストに赤旗を立てることを党是に組み込んだのが誰であったかは定かではないが,こうした無邪気な,しかしそれだけに人心を巧みに捉えることができるスローガンを思いついたのは,おそらくプラチャンダであろう。

自分の息子に「赤旗」と「仏舎利(ルンビニの土)」を持たせ,エベレスト山頂から「マオイスト革命」と「平和」を世界に向かって訴えかけさせる。こんな奇想天外な,愉快な大事業をやれるのは,われらが英雄プラチャンダ以外にはありえない。

プラチャンダの道(Prachanda Path)」は,エベレストの高みに達した。プラチャンダ議長,万歳!

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/27 at 19:39

カテゴリー: マオイスト

Tagged with , , ,

スラム住民粉砕,マオイストの無慈悲

こんな極悪非道なことは,王政はむろんのこと,NC・UMLブルジョア政権ですら,決してやらなかった。ブルジョア新聞リパブリカですら,怒り心頭,写真付きの大きな記事を掲載,マオイスト政府を激しく厳しく非難・告発している。

5月8日朝,開発関係当局(カトマンズ開発局,バグマティ総合開発委員会)は,ブルトーザーと作業員,武装警官隊1800人,警官多数を動員し,タパタリ近くのバグマティ河岸のスクォター「不法居住」地区を急襲,バラックを一気に踏みつぶし,スクラップにしてしまった。

うかつにも気がつかなかったのだが,この「不法占拠」スラムには,小学校(生徒150人)や教会もあったそうだ。それらのすべてが,マオイストのブルにより踏みつぶされてしまった。

スクォター(不法占拠者,無権利居住者)たちは,もちろん抵抗した。女性や子供も「人間の盾」になった。しかし,彼らには,人民政府の催涙弾とゴム弾が浴びせられ,警棒で滅多打ちされ,容赦なく「革命」に屈服させられた。

「土地なしスクォター闘争委員会」がいうように,「革命政府は,スクォター問題をブルトーザーと銃弾により解決することにした」のである。たしかに,教祖・毛沢東が言うように「革命は銃口から生まれる」。

そもそもカトマンズの「不法占拠」河岸スラムは,マオイスト人民戦争とNC=UML自由化政策に起因する。王制下であれば,たしかに差別・貧困は甚だしかったが,最低限度の前近代的「社会保障」制度がギリギリ機能していた。グティや寺院など。

ところが,それらが自由化と民主化と革命により破壊され,下層人民には「飢える自由」が恵与された。人民戦争が村から追い出した人々,経済的・社会的自由化が「豊かな社会」からはじき出した人々,そうした最下層の人々が最後にたどり着き身を寄せ合って生きていた「不法占拠」河岸バラックを,マオイスト政府はブルとガンにより粉砕してしまったのだ。

河岸スラムは,たしかに見苦しい。日本援助の豪華橋&ピカピカ最新信号システムのすぐ下にあるスラム。豪華超高級マンション宣伝大看板の借景をなす河岸スラム。古都パタンに向かう金満観光客,超豪華ヒマラヤホテル連日開催のアゴ・アシ付きセミナー参加の内外名士たち,ピカピカ四駆でお仕事の国連関係諸氏,そして豪華国際催事場で高禄を食む最大政党マオイスト議員たち――こういった人々にとって,河岸スラムは実に見苦しい。ブルとガンとゲバ棒で一気に粉砕,更地に戻し,美しい河岸公園としたくなるのも,もっともだ。

駐屯地バラックの人民解放軍兵卒は,実力部隊として幹部を議員に押し上げたあと,「過激派」として特権議員から駐屯地バラックを追われた。スラム住民は,最底辺肉体労働者としてマンション建設に動員されながら,マンション住民からは見苦しい不法占拠者としてバラックを追われた。

しかし,そもそも土地は誰のものか? 河岸スラムにすむ人々は,ヒト以下なのか? 野良犬ですら,河岸に憩う。イヌには自然の自由(自然権としての犬権)がある。河岸スラムの人々には,ヒトの自由も,したがって当然,人権もない。


  ■ヒュンダイ・ブルでバラック粉砕(Republica, May9)


  ■がれきと化した河岸スラム(Republica, May9)

関連記事
河川敷スラム
信号機援助の無残:人治→法治→人治
カトマンズ・不動産バブル
重労働か失業か

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/10 at 12:18

カテゴリー: マオイスト, 社会, 経済, 人権

Tagged with , , ,

10万ルピー札束と革命再発の予兆

カトマンズのインフレは、すさまじい。10ルピー札など、紙切れ同然。1000ルピー札が、見る見るうちに消えていく。で、ちょっとした額のやり取りとなると、10万ルピー札束となる。

これが実物。大型ホッチキスの太針数本で、しっかり綴じてあり、ばらすことは困難。事実上、「10万ルピー札」として通用している。

だったら、いっそのこと10万ルピー札を発行したらよい。「カマ・ハンマー」印とバブラム博士肖像入り10万ルピー札。信用絶大で、日本でも通用するかもしれない。

しかし、そんなことより心配なのは、庶民。この物価高のもとで、どのようにして生活しているのだろうか?

政権党マオイストは、ぴかぴか外車だらけ、はや利権の巣窟とか。もはやマオイスト体制派には期待できそうにない。となると、バイダ派か他の急進派が党を割り、窮乏化プロレタリアートのため再び武器を取るのは避けられそうにない。

革命は、インフレに懐胎し、銃口から生まれる。10万ルピー札束は、革命闘争再発の予兆のように思われてならない。

(C)谷川昌幸

Written by Tanigawa

2011/09/08 at 19:15

カテゴリー: 社会, 経済

Tagged with ,