ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘韓国

ネパール人労働者,韓国で自殺

韓国紙『ハンギョレ』が8月15日,社説「移住労働者の死を呼んだ「雇用許可制」、廃止を議論すべき」において,ネパール人労働者ケシャブ・シュレスタさん(27歳)の自殺問題を取り上げ,韓国の「雇用許可制(Employment Permit System)」を厳しく批判している。

韓国は,労働力不足に迫られ1993年,「産業研修生制度」を制定したが,これは劣悪な「研修労働」をはびこらせ,内外から「現代版奴隷制度」と非難されることになった。そのため,これに代わる「雇用許可制」を制定し,2004年8月から施行している。

「雇用許可制」は,政府が送り出し国との間で二国間協定を結び,その国からの労働者の受け入れを入国から出国まで一元的に管理する制度。企業は,政府から雇用許可書を取得し,受け入れ外国人労働者の中から必要人数を雇用する(EPSホームページ参照)。

外国人労働者の待遇
 ・雇用期間は4年10か月。再雇用は,3か月の出国後,さらに4年10か月可能。(EPSホームページでは,雇用期間3年,6か月の出国後,再雇用3年となっている。)
   *合法滞在が連続5年以上となると永住権取得申請が可能。
 ・労働条件は韓国人労働者と同等。労働三権,最低賃金,健康保険,雇用保険,産業災害保険など。
 ・転職は3回まで可能。

韓国の「雇用許可制」は,このように政府が外国人労働者の受け入れにつき全般的な管理責任を持ち,しかも外国人労働者の権利を広く認めるものと思われたので,当初,国際社会の評価はきわめて高かった。国連は「公共行政大賞」を授与したし,ILOや国際移住機構(IMO)も先進的なモデルと称賛した。

EPS HP(ネパール語版あり)

しかしながら,この「雇用許可制」も,韓国人が嫌がる危険で過酷な仕事を低コストで雇用期間限定の外国人労働者にやらせることを目的とする点では,「研修生制度」と本質的には変わりはない。外国人労働者は家族の呼び寄せはできないし,雇用主の同意がなければ,事実上,転職もできない。万が一,解雇され,無登録滞在ともなれば,巨額の保証金を没収されてしまう。そのため,たとえ低賃金や過酷労働であっても一人で耐え忍ぶほかない。外国人労働者の処遇は,事実上,雇用主が握っているからだ。

『ハンギョレ』社説が取り上げたケシャブ・シュレスタさんも,このような「雇用許可制」の犠牲者の一人である。ケシャブさんは,部品製造工場で昼夜12時間・2交代制で働かされたため,不眠症となった。転職は困難だし,一時帰国しての治療も許されない。追い詰められ,結局,彼は自殺してしまった。

同様のネパール人労働者の死が,この数年で数件あるという。転職できずに自殺2人,夜間心臓麻痺で死亡1人,養豚場浄化槽で中毒死2人,工場4階から転落死1人など。

「日経新聞」(2017年3月22日)によれば,韓国の「雇用許可制」による外国人労働者は26万人,日本の外国人技能実習生は21万人。人口比では,韓国の方が倍以上,多いことになる。

外国人労働者を受け入れるための制度としては,韓国の「雇用許可制」の方が優れていると思うが,たとえそうだとしても,自国労働者不足の穴埋めのための安上がりの一時的労働力として外国人労働者を受け入れるなら,それも結局は「使い捨て労働者制度」(アムネスティ)と非難されても仕方ないことになってしまうだろう。

 ■梁山市外国人労働者の家FB

【参照】
*1 ネパール人雇用,公平高給の韓国
*2 韓国,ネパール人労働者5700人受け入れ
*3 韓国語検定に受検者殺到
*4 佐野孝治「韓国の「雇用許可制」と外国人労働者の現況」,『福島大学地域創造』第26巻第1号,2014.9
*5 「[社説]移住労働者の死を呼んだ「雇用許可制」、廃止を議論すべき」,『ハンギョレ』2017.08.15
*6 「「通帳に残った31万円は妻と妹に…」あるネパール移住労働者の死」,『ハンギョレ』 2017.08.10
*7 「外国人の雇用許可制 曲がり角の「韓国モデル」 」,『日本経済新聞』,2017/3/22
*8 「韓国「雇用許可制」が半数 留学生バイト少なく」,『日本経済新聞』2017/3/22
*9 チョン・ヨンソプ(移住労働者運動後援会事務局長)「移住労働者雇用許可制10年、奴隷許可制だった」,『レイバーネット』,2014.08.14

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/08/16 at 13:39

カテゴリー: 経済, 人権

Tagged with , ,

中国と韓国,ネパールでも元気

報道によれば,2013年の訪ネ中国人が11万3千人に達した(Ekantipur,26 Aug)。「文化・旅行・航空省」の統計とあわせて比較すると,次のようになる。

 ネパール入国外国人(空欄はデータなし)

  2001  2012  2013 
 印 64,320(17.8%)  165,815(20.6%)   180,974
 中  8,738(2.4%)  71,861(8.9%)  113,173
 米  32,052(8.9%)  48,985(6.1%)  47,355
 英  33,533(9.3%)  41,294(5.1%)  35,668
 日  28,830(8.0%)  28,642(3.6%)   —
 韓  —  26,004   —

(NEPAL TOURISM STATISTICS 2012; Ekantipur,2014-8-26)

日本や米英などは,この十年ほど,訪ネ者総数にあまり変化はないが,中国人は激増している。韓国人は2001年の数字はないが,やはり激増は間違いあるまい。もう10年前,1990年頃と比較すると,対比はさらに顕著となるであろう。その結果,日本や米英の訪ネ外国人総数に占める比率は大きく低下した。

興味深いのは,ルンビニ訪問者。中国と韓国は,堂々の上位4位,5位。特に中国人のルンビニ訪問は激増している。ルンビニに,中国がチベットからの鉄道延伸を提案し,韓国が国際空港建設を提案するのも,もっともである。

140826a140826b
 ■Travel Trend of Foreigner to Lumbini, 2013 

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/08/27 at 18:14

カテゴリー: インド, 旅行, 中国

Tagged with ,

ネパール人雇用,公平高給の韓国

韓国外国人雇用制度(EPS)にもとづく韓国語能力試験が,8月13-14日実施され,4万人が受験した。9月26-27日にも実施され,総計5万5千人が受験の見込み。女性は約10%(ekantipur,2014/8/15)。

韓国EPSは,好評だ。受験料24ドル。学歴不問,39歳以下。選考は公明公正で,コネ不要。非熟練労働で,月給10万ルピー。だから大学新卒や有職者が多数応募する。採用数は,2013年度5234人,2014年度5700人。

韓国は,この外国人雇用問題でも,日本のはるか先を行っている。狡くて卑怯で時代遅れなのが,日本の外国人研修実習制度。こんな公告をこの記事の横に出さざるを得ないのは,そのためではないか?

140816

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/08/16 at 14:04

カテゴリー: 経済

Tagged with , , , ,

韓国の対ネ投資と援助

韓国の自動車関連会社Global Auto Techとネパールの会社LTC(Lekali Trading Concern) P.Ltdが,5月17日,ソウルにおいて,ネパールにトラック製造工場を建設する協定に調印した。詳細は不明だが,実現すると,ネパール初の本格的な自動車製造工場となる。また,韓国の別の会社が,ネパールにモノレールを建設する計画もあるらしい。

一方,こうした投資案件と併行して,韓国は援助にも熱心だ。5月19日には,駐ネ韓国大使が,ネパール国民健康促進事業に4億6千万ルピーの援助をする覚え書きに署名した。

このところ,韓国も,中国に負けず劣らず,元気だ。( Republica, 18-19 May)

140519
■来韓ネパール人(Macroeconomic Snapshot of Nepal,December 2013)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/19 at 20:21

カテゴリー: 経済

Tagged with ,

京都の米軍基地(40):左右の「ニアミス」

4月20日の「米軍レーダー基地反対集会」では,市民団体・労組等と右翼諸団体との「ニアミス」があったらしい。新聞・ネット情報だけで正確には分からないが,右翼もかなりの街宣車を出し,「左翼」批判を繰り広げていたという。地元の人の多くは,おそらく初体験であり,驚き,恐怖を感じたであろう。

それでも右翼の行動や演説は,このところずいぶんスマートになってきた。20日の「反対集会」への反対街宣でも,米軍駐留には自分たちも反対だなどと語りかけていた。レトリックもうまい。

あと一歩,右翼が上品になり「国粋主義(ナショナリズム)」の原点に立ち戻るなら,庶民の支持を一挙に拡大するにちがいない。安倍首相の指揮する「美しい国」合唱団への参加だ。

市民団体・労組等(右翼のいう「左翼」)にとっては,右翼との「ニアミス」や衝突よりも,むしろ街宣車から「美しい国」の合唱を,美しい歌声で流され,住民の心情的共感をゴッソリと持って行かれる方が致命的であろう。

美的・情緒的には,もともと保守派や右派の方がはるかに洗練されていた。そこにドスも利く右翼が参加し始めたら,市民派・護憲派・左翼などはひとたまりもあるまい。

すでにマスコミは,「美しい国」のセイレ-ンの声に引き寄せられ,合唱を始めた。たとえば,韓国船沈没事故報道。連日,テレビ・新聞が,この悲劇を「一流国家・日本」では起こりえないような,お粗末な「三流国家・韓国」の事故として,繰り返し繰り返し報道している。

たしかに,この客船運航や事故対応には多々問題があったようだが,日本のマスコミは,悲劇から謙虚に学ぶというよりは,むしろそれらを韓国がいかにダメな国家・国民か,日本がいかに優秀な国家・国民かを情緒的に訴えるための格好の話題として利用してきたといわざるをえない。

日本マスコミは,すでに「美しい国」の合唱に参加し始めた。いわゆる護憲派・市民派・左翼は,「美しい国」のセイレーンの声に抵抗しうるだろうか? それとも,岩礁に乗り上げ,沈没してしまうのであろうか?

谷川昌幸(C)

   

Written by Tanigawa

2014/04/28 at 13:03

韓国,ネパール人労働者5700人受け入れ

韓国政府は,2014年度ネパール人労働者受け入れを,5700人と発表した。TOPIK(韓国語能力試験)合格者9700人の中から選抜される。

韓国のEPS(労働許可制度)による2014年度受け入れ外国人労働者は,15カ国5万3千人。ネパールからの受け入れは,カンボジア,インドネシア,タイの次で,第4位。ネパール人労働者は,韓国でも,評価が高いという(ekantipur,2 Mar)。

▼韓国EPS
 ・労働期間:5年  
 ・最低賃金:韓国人労働者と同じ(月108万ウォン,2014年)
 ・受験資格:40歳以下
 ・TOPIK:受験料24ドル。受験者5万1千人(2011年),合格者8051人(2013年)
 ・2013年度ネパール人労働者受け入れ:8200人(製造業4600人,農業・畜産業3600人)

外国人労働については,韓国は日本よりもはるかに先進的だ。EPSは,外国人労働者雇用方法を明確に規定し,さらに最低賃金法,産業安全保健法など労働関係諸法の適用において外国人労働者と韓国人労働者との平等を定めている(EPSホームページ)。カトマンズにもEPSセンターがあり,定期的にTOPIKなどを実施している。ネパールは,EPSの優等生として高く評価されている。

しかし,それでも,韓国での生活はきついらしく,ネパール人労働者の死者は57人(2007-2013年)にのぼり,多くは自殺と突然死だという。

また,最低賃金は同じとはいえ,ネパール人をはじめ外国人労働者が韓国人の雇用を奪っていることも否定はできまい。韓国の失業率,とくに青年層のそれはかなり高い。

▼韓国の失業率
 ・15-29歳:8.7%(2014.01)
 ・15-24歳:10.2%(2005), 9.6%(2011), 7.5%(2013.11)

140303 ■韓国の失業率(DBJレポート2013年6月)

韓国在住ネパール人は,20470人(2013年11月)。すでにかなりの数だ。日本以上に少子高齢化の進む韓国。今後韓国におけるネパール人社会がどうなるか,注目される。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/03 at 22:39

カテゴリー: 経済

Tagged with , ,

鉄道建設計画,韓国主導へ

ネパール各紙報道によれば,ネパールの鉄道建設が,韓国主導事業となりそうな状況だ。7月9日,韓国鉄道省代表団(12人)がネパール国土交通省事務局長らと会談し,韓国が中心となって鉄道建設計画を立案することになったのだ。検討されているのは,つぎの2路線網。

(1)東西鉄道 945.24Km
Kakkarbhitta(Jhapa)–Itahari–Bardibas–Simara–Tamsariya–Lumbini–Butwal–Kohalpur–Attariya–Gaddachouki(Mahendranagar)

タライ平原を東から西へ順次鉄道を建設していく大計画。経済効果大。

(2)首都鉄道
詳細はまだ分からないが,カトマンズ盆地において大量輸送手段としての鉄道は不可欠。

ネパールと韓国は,政府間で早急に「了解覚書」を取り決め,「詳細事業報告」を作成し,この鉄道建設計画を進めていくという。

タライ東西鉄道については,この3月2日,ktm2day.comがインド援助による建設と伝えていたが,今回の各紙報道では,インド援助のことは全くふれられていない。

インド援助を断り,韓国に乗り換えたのだろうか? もしそうであるなら,政治的にも経済的にも興味深い選択である。

130714
 ■Mechi-Mahakali railway project(ktm2day.com, Mar2)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/07/14 at 04:05

カテゴリー: インド, 経済

Tagged with , ,