ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘高山植物

早春の六甲山麓植物園

快晴に誘われ,近くの「北山緑化植物園」に行ってきた。六甲山中腹。サクラ,ツツジはまだだが,高山性や平地早咲きの花々は,早や満開,驚いた。まるで夏山のようだ。

この植物園は小規模だが,入場無料で,しかも管理がよく行き届いている。直接的経済効果はさほどないであろうが,文化的に西宮市を大いに豊かにしていることに疑問の余地はあるまい。

*自生?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/03/19 at 10:22

カテゴリー: 自然, 文化

Tagged with , ,

伊吹山の花々

伊吹山に,日帰りで行ってきた。滋賀県と岐阜県の県境に位置し,標高は1377m。高山ではないが,本州中央のくびれ部分に位置し,季節風の通路となっているため,気候はきびしく,積雪も多い。

登山は,「関が原」からのドライブウェイを利用すると,頂上直下まで車で行ける。山頂まで歩いて30~60分。

登山道沿いには,高山の花々が咲き,アルプスの雰囲気を楽しめる。イヌワシが獲物をワシづかみにして飛来することもあるという。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/08/13 at 16:27

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , ,

アルプスの花園を踏み歩く:オーストリア

オーストリアには,それほど高い山はない。グロースグロックナー3798mが最高峰で,富士山3776mとほぼ同じ。しかし,緯度が高いのと,氷河による氷食のため,気候はきびしく,地形は険しい。今回見てきたのは,ロープウェーや登山列車で山頂直下まで登れる2千メートル前後の山々。
 ▼パッチャーコーフェル 2247m
 ▼ゼーフェルダー・シュピツェ 2220m
 ▼ノルトケッテ 2334m
 ▼シャーフベルク 1783m

いずれも,それほど高くはないが,山容はゾォーとするほど峻険で,気候も厳しい。カメラ置忘れのため,間に合わせ写真にすぎないが,それでも垂直あるいはそれ以上に切り立つ山々の威容は,よく見て取れる。(4山の中で最もアルプスらしいノルトケッテも撮ったのだが,画面を触っていたら,全部消えてしまった。)

これらの山々には,中腹から山頂にかけて,高山植物が様々な花をつけ,一面に広がっている。まさにアルプスの花園。

驚いたのは,そのようなアルプスの花園と人々とのかかわり方。日本の山だと,高山植物保護のため,立ち入り禁止の札が立てられ,柵やロープが設置されている。また,そうでないところでも,登山道からそれること,高山植物を踏みつけることは,ご法度とされている。

ところが,今回のぼったアルプスの山々では,そのような立て札や柵やロープは一切なく,しかも登山者たちは,平気で高山の可憐な花々を踏みつけ歩き回ったり,パラグライダーを飛ばしたりしていた。

花々は,下界から山頂まで無数に咲いているし,2千メートルくらいだとヒツジやヤギがやってきて草を食べるから,地元の人々にとっては特別に保護すべきものではないのかもしれない。

いずれにせよ,アルプスの花園の中を無邪気に歩き回り寝そべる自由は,「立ち入り禁止」を内面化し縛られている日本人にとっては,うらやましい限りであった。

160719a
 ■パッチャーコーフェル中腹

160719b
 ■ゼーフェルダー・シュピツェ

160719c
 ■花園からの飛翔(ゼーフェルダー・シュピツェ)

160719d 160719e
 ■シャーフベルクの切り立つ岩壁

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/07/19 at 00:51

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , , ,

六甲山の「ヒマラヤ」

初夏の陽気に誘われ,六甲山高山植物園に行った。車で30分。

高山植物園と行っても,標高わずか860mなので,すでにコマクサ,チングルマ,ニッコウキスゲ,クロユリ,シャクナゲなど,ほぼ満開。美しくはあるが,車30分の安易がいささか後ろめたい。

園内には「ヒマラヤ区」があり,ネパール国花シャクナゲも満開であった。「ヒマラヤの青いケシ」の方は五分咲き。どちらかの写真をブログかフェイスブックの表紙にする予定。

この高山植物園は,こじんまりと谷間に収まり,手入れも行き届き,センスよく高山の雰囲気を楽しめる。関西のお勧めスポット。

130513a 130513b
 ■クリンソウとエンコウソウ/青いケシ

130513c 130513d
 ■クロユリ/コマクサ

130513e 130513f
 ■シャクナゲ/ミヤマオダマキとチングルマ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/05/13 at 19:24

カテゴリー: 旅行

Tagged with , , , ,