ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘Baidhya

マオイスト新党CPN-M,発足

統一ネパール共産党毛沢東主義派(UCPN-M)のバイダ派が,6月18日,正式に分離独立し,「ネパール共産党マオイスト(CPN-M)」を創立した。

議長 Mohan Baidya (Kiran)
書記長 Ram Bahadur Thapa (Badal)
書記 CP Gajurel(Gaurav)
政治局 Netra Bikram Chand (Biplab), Dev Gurung,Kul Prasad KC, Hari Bhakta Kandel, Khadga Bahadur Bishwakarma, Narayan Sharma, Pampha Bhusal, Indra Mohan Sigdel, Dharmendra Bastola and Hitman Shakya
中央委員会 44名(UCPN中央委員から新党中央委員へ)

イデオロギー政党に分裂・連衡合従はつきものであり,それだけ党名もややこしい。CPN-Mはもともと,2009年にマサル派と合同しUCPNとなる前のマオイストの党名。その本家の由緒ある党名を,バイダ派はちゃっかりいただいてしまったわけだ。

マオイスト内の路線対立は,2005年のチュワン大会(ルクム郡)において明確となった。党目標として,プラチャンダ=バタライ主流派が「民主共和国」を掲げたのに対し,バイダ(キラン)派は「人民共和国」を主張した。このとき,バイダとガジュレルはインドで投獄されており,チュワン大会では,「民主共和国」が採択され,以後,その基本路線に従い,議会諸政党との統一戦線結成,2006年の包括和平協定締結,王制打倒,バタライ政権樹立へと進んできた。

そのかわり,マオイストは,各地に設立していた「人民政府」を解散し,今年になると虎の子の「人民解放軍」まで解体してしまった。マオイストが,議会諸勢力と広範な反国王統一戦線をくみ,王制を打倒し,制憲議会選挙に参加して第一党となり,新体制の中心勢力となったのだから,これは当然といえよう。

ところが,バイダを中心とする急進派は,これを人民と革命への裏切り,「修正主義」として批判し,人民蜂起による「人民共和国」の樹立をあくまでも党の目標とすべきだと要求してきた。

この路線対立は,5月27日の制憲議会解散を機に決定的となり,結局は,6月18日のバイダ派分離独立となったわけである。

では,この新党CPN-Mの展望はどうか? バイダ議長は,「革命の客観的条件はある。われわれは,いまこそ革命の主観的(主体的)条件をつくり出すべきだ」と檄を飛ばした。

たしかに,客観的条件はあるようにも見える。ただし,人民戦争開始の1996年頃とは,大きく異なる。

前回の人民戦争は,半封建的半資本主義的王政との闘いであった。ところが,十数年後の現在は,ある意味では,前回人民戦争の勝利の結果,もたらされたものとの闘いとなる。自由と権利の「形式的」保障と,そのもとでの急激な自由市場社会化による矛盾の拡大だ。

この「客観的条件」をうまく組織化できれば,第二次人民戦争を戦うことができるだろう。主流派に利用され捨てられた人民解放軍元兵士も多数いる。

しかしその一方,人民戦争による変化は大きく,1996年と現在では経済も社会も文化も激変している。「アラブの春」のような現代型変革はあるかもしれないが,共産党が組織・指導する伝統的な人民戦争はもはや難しいようにも思える。

いずれにせよ,革命や運動には,カリスマ的リーダーが不可欠だ。バイダ議長のことは,まだよく分からないが,かつてのプラチャンダほどのカリスマ性を発揮できるようには思えない。印ネパール学の権威ムニ教授はツイッターでこうつぶやいている。

「バイダ派はバブラムとプラチャンダを悩ませるだろうが,それはしばらくであり,いずれ力を失い,忘却されるだろう。」

谷川昌幸c

Written by Tanigawa

2012/06/19 at 18:26

カテゴリー: マオイスト

Tagged with ,

土地返却とPLA解体,マオイスト反主流派劣勢

このところ,予想外に,バイダ副議長,タパ書記長らのマオイスト反主流派が劣勢だ。

1.土地返却
マオイストの大義中の大義「耕作者の土地」の地主への返却が始まった。ekantipur(Nov25)によると,バルデヤ郡の農民28人が土地30ヘクタールを地主のBD.チャンド氏に返却させられた。立ち会ったのは,マオイスト・NC・UML各代表,地方行政府代表ら。

地主のチャンド氏は,紛争中は,地代(年貢)を全く受け取れなかったが,和平成立後,ようやく収穫の1/3が受け取れるようになったという。バルデヤ郡では,600haが没収されており,244人が返還請求中。

それにしても,チャンド一族は30ヘクタールもの農地を持ち,28人に小作をさせている。現在はカトマンズ在住。マオイスト理論からすれば,封建地主の見本のような家族だ。その不在地主に,マオイストも立ち会い,土地を返却させた。和平成立後の年貢1/3も,おそらく元の1/2に戻されるだろう。

マオイストは本気だろうか? それとも,象徴的なセレモニーにすぎないのか?

2.人民解放軍解体
人民解放軍(PLA)の解体も,予想外に順調に進んでいる。

先の「7項目合意」で,PLAの国軍統合人員は6500人以内と決められた。他は社会復帰。このPLA解体案に従い,現在,駐屯地収容戦闘員の組み分けが進められている。明日,27日に完了予定。

戦闘員の組み分け(11月25日現在)
国軍統合希望 5,254人; 給付金支給希望 3,777人; 計 9,031人

国連認定戦闘員は約1万9千人だから,あと1万人ほど残っているが,駐屯地にはそれほどはいないらしい。かなりの戦闘員が,駐屯地から抜け出し,どこかで何かをしている。マオイスト幹部が,早く戻れと命令しているが,さて,何人戻るか?

いずれにせよ,国軍統合枠6500人に対し,応募5254人だから,「脱走兵」が大挙原隊復帰しなければ,PLA解体は順調に進むことになる。

3.劣勢のマオイスト反主流派
このように,バイダ副議長,タパ書記長らのマオイスト反主流派は,いまのところ劣勢だ。これで,もし制憲議会が6ヶ月延長されれば,マオイスト体制派(既得権益享受派)は万々歳であり,「反革命」がさらに進行するであろう。

ひょっとして,王政復古となったりして。

【参照】没収地返却拒否,マオイスト反主流派
没収財産を返却せよ,プラチャンダ議長
和平7項目合意成立,プラチャンダの決断

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/26 at 11:32

没収地返却拒否,マオイスト反主流派

各紙報道によると,マオイストのタパ書記長は,没収分配土地は十分な補償なしには返却しない,と語った。「土地を耕作者に!」は,人民戦争のスローガンであった。プラチャンダ議長やバブラム首相は,この革命の大義に背いているというのだ。

その一方,バイダ派は,新たに地主土地の没収も始めたらしい。ヒマラヤン(22日)によると,コングレスのカリコット郡代表の土地をバイダ派が没収したが,警察は傍観しているだけだったという。

バイダ派地区代表によると,彼らは,人民が収穫した米の半分を持ち帰った地主から,それを人民に返させただけだという。そうかもしれないが,収穫米の全部を耕作者のものとするのであれば,土地没収と結果的には同じだ。

この説明が事実だとすると,収穫米の半分を年貢として取り上げる地主に対し,マオイストが小作人の側に立ち闘っていることになる。

収穫の半分が年貢! 日本の小地主の一人としては,何ともうらやましい話しだ。わが村では,からり以前からマイナス地代(礼金を払って耕作していただく)となっている。こんなことなら,政府肝いりの「研修労働者制度」によりネパールから農民を招き,わが田畑を耕作していただいた方がはるかにましだ。年貢は10%程度でよい。50%もとられるネパールに比べたら,はるかに有利だ。今度ネパールに行ったら,「日本で農業を!」と大々的に宣伝してみるつもりだ。

いずれにせよ,バイダ派は耕作農民のために,年貢50%を取っているらしいコングレス派地主と闘っている。10数年前と同様,その限りではバイダ派に正義がある。新人民戦争が始まるかもしれない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/23 at 12:00

和平7項目合意成立,プラチャンダの決断

1.プラチャンダの決断
最終的和平のための「7項目合意」が11月1日,マオイスト,コングレス,統一共産党,マデシ連合の間で成立し,和平交渉は大きく前進した。決断したのは,やはりわれらが英雄プラチャンダ議長であった。マオイスト内強硬派の反対を押し切り,大幅譲歩で,合意に達したのだ。

2.7項目合意
(1)人民解放軍(PLA)戦闘員の統合と社会復帰
 ・戦闘員の現況確認。
 ・国軍統合は,6500人以内。
 ・PLAを統合する部隊(Directrate)の兵員は,65%が国軍,35%がPLA。
 ・部隊は,開発建設,森林保全,産業保安,災害危機管理を担当。
 ・国軍統合PLA戦闘員は,治安要員資格基準を満たすこと。ただし,年齢(3歳以内),教育(1年以内),婚姻については柔軟に適用。
 ・国軍統合後の地位は,治安機関基準による。ただし,国軍将兵の昇進の不利とならないようにする。(ポストを増やすということか?)
 ・国軍統合期日は,UNMIN資格審査日とする。
 ・保管庫の武器は,政府所有となる。

(2)社会復帰
 ・社会復帰希望者には,1人当たり60-90万ルピー相当の復帰支援。教育,職業訓練など。
 ・復帰支援プログラムではなく現金希望者には,現金を支給。
   第1ランク:80万ルピー
   第2ランク:70万ルピー
   第3ランク:60万ルピー
   第4ランク:50万ルピー

(3)国軍統合と社会復帰への振り分け
 ・国軍統合組と社会復帰組への振り分けは,特別委員会の下で,11月23日までに完了。

(4)各種委員会
 ・真実和解委員会(TRC)と行方不明者調査委員会を1月以内に設立。
 ・紛争時の係争事件の審査。

(5)紛争被害者の救済
 ・被害者救済パッケージの提供。

(6)過去の諸協定の実行と信頼構築
 ・マオイストは没収財産を11月23日までに返却。損害は賠償。
 ・農民の権利保障。科学的土地改革の実行。
 ・YCLの軍事組織の解体。YCL没収財産は,11月23日までに返却。
 ・交通省登録のマオイスト使用車両は,11月23日までに再審査。無登録車は没収。
 ・地方行政機関が,没収財産返却を監視。政党はこれに協力する。

(7)憲法起草と挙国政府の組織
 ・平和プロセス完成のため,高レベル政治機構を設置。
 ・新憲法の早期起草。国家再構築のための専門家委員会を直ちに制憲議会内に設置。
 ・以上のプロセス開始後,直ちに挙国政府の組織に着手。

3.プラチャンダの譲歩とマオイスト分裂の危機
以上の「7項目合意」は,なかなか意欲的なものである。バイダ副議長らの強硬派の激しい反対を抑え,大幅譲歩をプラチャンダ議長が決断することによって,この合意は実現した。

むろん大幅譲歩といっても,宿営所収容の正規戦闘員は,まだよい。切り捨てられたのは,YCLや地方の活動家らである。YCLは組織の民主化(戦闘組織の解体)を迫られ,地方活動家らは没収財産返却と損害賠償を要求されている。こんなことが,本当にできるのであろうか?

バイダ副議長やRB・タパ書記長らの強硬派は,これに大反対である。バイダ副議長によれば,「この合意は,人民と国家への裏切りである」。

こうした革命の上前ハネは,歴史の常だし,ネパールでも何回も繰り返されてきたことだ。既視感をぬぐえない。

マオイストは,この合意が実行されれば,おそらく分裂する。バイダ派は,革命の成果を食い逃げされた大多数の貧困農民・労働者と共に,新人民戦争に向かうであろう。

* ekantipur, Nov2; Nepali Times, Nov2; Himalayan Times, Nov2; Republica, Nov2.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/02 at 17:51

武器引き渡しは「自殺行為」,バイダ派

1.武器庫鍵引き渡し
9月1日,マオイストは常任委員会決定に基づき,武器保管庫の鍵を「軍統合特別委員会」に引き渡すことにし,各PLA宿営地(Cantonment)では,武器の点検確認後,鍵が特別委員会側(国軍,警察,武装警察,PLA各2名,計8名)に渡された。(7宿営地で実施。ロルパ方面部隊などは未完。)

2.プラチャンダ派とバイダ派の衝突
これに対し,モハン・バイダ(キラン)副議長は声明を出し,「これは自殺的だ」と非難した。そして,9月2日,全国チャッカ・ジャムを実施し,今後,松明行進など,反対運動をさらに拡大していくと宣言した。すでに,カブレ・パンチカールではプラチャンダ派とバイダ派が衝突し負傷者が出た。

この動きを見て,プラチャンダ議長は9月2日付けで声明を出し,鍵引き渡しの正当性を強調し,キラン同志の言動に対し「「憂慮」を表明,党の公式決定を一致団結して支持するよう要請した。党公式文書による真正面からのバイダ派非難である。

3.実力闘争再開か?
人民解放軍(PLA)は,いうまでもなくマオイストの中核だ。そして,軍の生命線は武器にある。その武器を,PLA国軍統合も決まらないのに政府に引き渡すのは,人民戦争を戦ってきた人々にとっては、たしかに「自殺行為」と見えるだろう。バイダ副議長の怒りはよく分かる。

しかし,マオイストはいまや政府与党だ。プラチャンダ議長が、首相としてのバタライ副議長(軍統合特別委員会委員長)に武器庫の鍵を引き渡したにすぎない。

それでも,バイダ派からは,それは革命への裏切りと見える。武器庫鍵の引き渡しには,さっそく米駐ネ大使が歓迎を表明した。プラチャンダ=バタライ派が米印と手を組み革命をつぶしにかかっている,と急進派は見るわけだ。

ネパールの市場社会化は,目もくらむ格差をもたらしている。この状況では,バイダ派支持はむしろ拡大していく。そして,それをバネにマオイスト左派が分離し,再び実力闘争を始める可能性は十分にある。予断を許さない状況だ。

* ekantipur, Sep2; Nepalnewscom, Sep2; Republica, Sep3

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/09/03 at 13:55