ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘Baidya

人民解放軍解体,9月末完了

The Himalayan Times(27 Sep)によれば,マオイスト人民解放軍の解体手続きがほぼ完了し,9月末までには全国28駐屯地のすべてが国軍または武装警察隊への引き渡し,あるいは閉鎖とされることになった。

人民解放軍は,停戦当初は32,250人が登録され,各地の駐屯地に収容されたが,UNMIN審査の結果,19,602人が有資格戦闘員として認定された(2007年5月)。未成年者,後年参加者などの無資格者は2010年初までに駐屯地から退去。

駐屯地収容戦闘員の実数は,収容長期化とともに減少し,2012年初には17,076人となっていた。

この17,076人のうち,国軍統合委員会の審査により有資格と判定されたのは,最終的に,3,123人となった。残りの13,922人は給付一時金付き任意除隊,6人が社会復帰プログラム選択。(総計が合わないが,詳細不明。)

これで名実ともに,ネパール共産党毛沢東主義派(旧CPN-M)の人民戦争は終了する。今後,注視すべきは,プラチャンダ=バブラム派マオイストから,その本来の党名CPN-Mを継承したバイダ派マオイストが,人民戦争路線をも継承するかどうか,ということ。

戦闘経験豊富な人民解放軍兵士多数が帰郷し,生活苦に陥り,バイダ派マオイストに合流し,新人民戦争を開始することは十分に考えられる。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/09/29 at 11:01

文化と「表現の自由」:インド映画禁止運動

1.CPN-Mのインド映画禁止運動
マオイスト左派のCPN-M[バイダ派マオイスト]が,9月26日,「下劣なインド映画」とインド車両の全面禁止を宣言した。すでにCPN-Mは,影響下の自称「タムサリン州」の10郡(チトワン,マクワンプル,ダディン,シンドパルチョーク,カブレなど)において,インド車両の通行を実力阻止し,インド映画・インド音楽の上映や放送を禁止している。26日の発表は,このインド映画・インド車両排除運動の全国への拡大宣言である。

この決定のうち,インド車両の禁止は,分からないわけではない。インド登録車両がどの程度ネパール国内に入り使用されているか正確には分からないが,相当数使用されていると思われ,もしそうなら独立国家ネパールの政治と経済にとって,これはゆゆしき問題であり,何らかの規制は当然といえよう。

2.CPN-Mはアナクロ全体主義か?
これに対し,インド映画禁止は,「知る権利」や「表現の自由」の真っ向からの制限であり,賛否が分かれる。CPN-Mのパンパ・ブサル報道担当は,こう述べている。

「インド映画はネパール国家とネパール人民を侮蔑し,卑猥を助長し,文化汚染を広めるものだ。それゆえ,わが党は,インド映画を禁止することにした。」(nepalnews.com, 26 Sep)

これに対し,統一共産党(CPN-UML)は,「幼児的敵対行為」と批判し,コングレス党(NC)やマデシ諸党派も同様の理由により強く反発している。

たしかに,「表現の自由」や「知る権利」の世界的常識からみると,CPN-Mのインド映画禁止運動は非常識であり,時代錯誤の極左全体主義といわざるをえない。CPN-Mは,各方面からの激しい非難を受け,すべてのインド映画が反ネパール的というわけではないので,「反ネパール的映画か否かを判定する独立機関を設置する」(Republica, 27 Sep)ことにより,有害でないインド映画は上映を許可するようにしたいと説明しているが,これとて権力による「検閲」であり,見方によれば,全面禁止よりも危険といわざるをえない。

こうしたことは今日では自明のことであり,人権論の初歩である。CPN-Mは,そんなことも知らないアナクロ全体主義政党なのだろうか?

 ネパールの映画館

3.権利の形式的保障の弱点
西洋諸国や日本の人々の多くは誤解しているが,ネパール・マオイストは人権論や民主主義論の最新の動向をよく知っており,したがって「表現の自由」や「知る権利」についても十分な知識を持っている。CPN-Mは,そんなことはわかった上でインド映画全面禁止を決定,実力をもってそれを全国実施させようとしているのである。なぜか?

それは,CPN-Mが,自由や権利の形式的保障は強者ないし多数派の側に有利であり,実際には弱者や少数派にとっては何の権利保障にもならないことをよく知っているからである。

CPN-Mの支持基盤はジャナジャーティ(少数派民族諸集団)である。これらの民族諸集団は,それぞれ独自の言語や文化をもっているが,それらは1990年革命が成功し自由民主主義体制になっても,多数派言語・文化との自由競争にさらされるばかりで,実際には保護されることなく衰退一方であった。

そして,自分たちの言語や文化の衰退は,その社会での民族としての存在の希薄化と表裏一体であるから,少数派諸民族は1990年憲法体制のもとで実際には民族としての自律性をも喪失していくことになった。言語や文化の自由競争,すなわち「表現には表現をもって」とか「言論には言論をもって」といった自由や権利の形式的保障こそが,少数派民族の危機をもたらしているのである。

4.民族の権利の実質的保障
だからこそ,CPN-Mは,民族の言語や文化,自由や権利は,実質的に保障されなければならないと考えるのである。

たとえば,1990年憲法(第18条)でも2007年暫定憲法(第17条)でも,母語による初等教育が保障されているが,自由な選択と競争に任せておけば,少数派言語を学んでも社会ではほとんど役に立たないから,親たちは,結局は,多数派言語のネパール語か,あるいは可能ならば「世界共通語」の英語を選択することになり,少数民族の言語や文化は衰退してしまう。形式的保障では,少数民族の自由や権利は守られないのだ。

CPN-Mが,ネパール文化を守るためインド映画を禁止する決定をしたことには,したがって十分な根拠がある。自由競争にゆだねると,大国インドの映画やTV番組が弱小国ネパールを席巻してしまい,ネパール語文化や諸民族語文化の衰退は免れないからだ。

CPN-Mは,断じてアナクロではない。むしろ,日本などより先行しているくらいだ。もし少数派諸集団の言語や文化,自由や権利を本気で守ろうとするなら,多数派有利の「表現の自由」や「知る権利」は制限されなければならない。

5.近代市民社会の常識と現代多文化社会
しかし,こう言ったからといって,「表現の自由」や「知る権利」が,民主主義や人格形成にとって必要不可欠の権利であることまで否定するわけではない。権力や多数派の側の情報のウソや偏向を暴き,人権を守り民主主義を前進させるためにも,また個々人の人格形成や文化発展を図るためにも,「表現の自由」や「知る権利」は最大限保障されなければならない。言論・映像・音楽など,あらゆる「表現」については,表現をもって応答し,権力や暴力で黙らせるといったことは許されるべきではない。近代市民社会では,これは常識であって,こんなことを言うのは蛇足にすぎない。

しかしながら,世界社会における少数派,多文化国家における少数派の実情を見ると,「言論には言論をもって」とか「表現には表現をもって」といった市民社会の常識が,深刻な反省を迫られているという感じがしてならない。ネパールでは,多くの少数派言語,少数派文化が,言語・言論・表現の形式的保障による自由競争のもとで衰退し,消滅しつつある。

これは余所事,他人事ではない。たとえば,日本語。以前,水村美苗『日本語のために』の紹介(下記参照)でも述べたが,このままでは日本語は「世界共通語」としての英語との自由競争に敗れ,衰退は免れない。親は日本語よりも世界に通用する英語を学ばせようとし,企業はグローバル競争に勝ち抜くため,英語を企業公用語にしてしまう。こうなると,日本社会において,一流言語=英語,二流言語=標準日本語,三流言語=他の諸言語,といった言語カースト制が成立する。これは魂=精神のカースト制であり,日本社会には深い亀裂が入り,修復は困難となるであろう。

言語・文化の自由市場競争による淘汰は,日本ではまだ緩慢にしか進行せず,激しい自覚症状は現れていないが,日本の100年の変化を数年で経験しているネパールでは,言語も文化も形式的権利保障だけで自由市場競争に投げ出されたため,相対的少数派の言語・文化から次々と衰退し消滅していっている。そして,こうした言語や文化の衰退は,その言語や文化をもつ民族の実質的な社会的地位の没落でもあるのだ。

6.ポストモダンのマオイスト
この少数派諸民族にとって酷な現実を見て,実力をもって多数派の言語や文化と対抗しようとしたのがプラチャンダの旧マオイストであり,旧マオイストの体制内化後は,現在のCPN-Mである。

CPN-Mのインド映画禁止運動は,乱暴ではあるが,多数派が見ようとはしない「表現の自由」や「知る権利」の多文化社会における問題点を鋭く突くものであることは間違いない。時代錯誤のアナクロ極左全体主義と冷笑して済ますことはできようはずがない。マオイストこそ,ポストモダンの前衛なのだ。

[参考資料]
・”CPN-Maoist declares nationwide ban on Hindi movies, Indian plate vehicles,” nepalnews.com, 26 Sep.
・”CPN-Maoist’s anti-India rant earns severe criticism,” The Himalayan Times, 26 Sep.
・”CPN-Maoist bans Hindi movies, Indian plate vehicles,” Republica, 27 Sep.
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(8), 2009/06/16
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(7), 2009/06/15
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(6), 2009/06/14
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(5), 2009/06/13
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(4), 2009/06/12
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(3), 2009/06/11
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(2), 2009/06/10
書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』(1). 2009/06/09

谷川昌幸(C)

プラチャンダ,「連邦民主共和国同盟」結成

プラチャンダUCPN議長が,13日,26政党からなる「連邦民主共和国同盟」を結成し,自ら指導することになった。目的は,「アイデンティティ(帰属集団に基づく)連邦制の新憲法」をつくること。(Republica, 14 Aug)

参加したのは,タライ-マデシ民主党(TMDP),マデシ権利フォーラム-民主派(MPRF-D),社会主義人民党,ダリット・ジャナジャーティ党,サドバーバナ党,連邦サドバーバナ党など。また,市民社会からは,民族問題の権威で政治学者のKrishna Hachhethu氏も参加するという。

26政党とは豪勢だが,どこまで本気なのか? 発表を見る限り,「同盟」はアイデンティティ政治原理主義だ。帰属集団を基礎にして州を区画し,それらを連邦国家に組織するという。

しかし,このようなアイデンティティ政治原理主義だと,分離したCPN-M(バイダ議長)と何ら変わらなくなる。民族連邦制を唱えることで,離反しつつある被差別諸集団――被差別カースト・民族・女性・地域など――を,UCPN支持に引き戻すのが狙いと思われる。バイダCPN-M議長を干し上げるのが狙いだ。

その一方,プラチャンダ議長がアイデンティティ政治に回帰すると,それに反対するコングレス党(NC)や統一共産党(UML)との対立が深まり,三大勢力の合意による挙国政府の形成は困難となる。そうなれば,制憲議会選挙であれ,それにかわる制憲議会復活であれ,ますます遠のく。

これはバブラム首相の延命にはなるが,現在のような無議会政治がそういつまで続くわけがない。そろそろ,宗主国インドの出番か?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/08/15 at 14:03

プラチャンダ,バイダとの連携も

プラチャンダUCPN議長が,分離独立したバイダCPN-M議長との連携も視野に入れていることを明らかにした。

この興味深い情報を伝えているのが,例の「赤星」。マオイスト急進派の準機関紙だったのに,一転,プラチャンダ議長よりも柔らか~くなった。

この紙面をご覧いただきたい。世俗主義など素知らぬ顔で,クリシュナ神生誕祭の図を大きく掲げ,その右下に上記プラチャンダ議長発言を掲載している。

 The Redstar, 10 Aug.

さすが八百万のヒンズーの神々の国,仏様の国。ここでは,毛沢東主義といえども融通無碍,変幻自在だ。

昨日,CPN-Mは,UCPN(およびNC,UML)と対決するため,他の9政党と連携し「ネパール連邦人民共和国戦線」を結成した。しかし,それはそれ。「赤星」記事のごとく,喧嘩相手のUCPN(プラチャンダ議長)との連携だって,あり得ないことではない。

練達の政治だ。実に興味深い。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/08/11 at 11:02

カテゴリー: マオイスト, 政党

Tagged with , , , ,

UML除外「挙国」内閣

バブラム首相は5月6日,NCシラウラ書記長を副首相に任命した。次期首相の含み。

 ・首相: バブラム・バタライ(M)
 ・副首相:ナラヤンカジ・シュレスタ(M)
 ・副首相:ビジャイ・ガッチャダル(UDMF)
 ・副首相:シタウラ(NC)

今のところUMLは参加せず,内閣はM=NC=UDMF連立に留まる。

このまま非挙国「挙国」政府で新憲法制定を強行するか,それともUMLがどこかで妥協し参加するか? 先行き不透明。

一方,マオイスト急進派のバイダ派は,「挙国」政府をインドの傀儡と非難。学生組合ANNISU-Rも6日午後,学生運動の名所トリチャンドラ校前で,反「挙国」政府デモを繰り広げた。

UMLが不参加を貫けば,たとえ不倶戴天の旧敵であれ,両派が手を結び,強力な反政府勢力が形成されるだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/07 at 15:14

カテゴリー: 議会, 政党

Tagged with , ,

返却土地、バイダ派が再没収

バイダ派マオイストが、、主流派マオイストにより地主BD.チャンド氏(コングレス)に返却させられた土地を、再没収した。

各紙報道によると、11月25日、「全国農民組合-革命派」が没収された土地に立ち入り、再没収を宣言、党旗をたてた。

ところが、翌26日、直ちに警官隊が派遣され、党旗は撤去されたが、土地がどうなるかは、まだわからない。現地では緊張が高まっているという。

没収土地は、これ以外にも多く、10年以上経過しているものも少なくない、返せといわれても、耕作農民はそう簡単には返せないだろう。もしマオイストが分裂するとするなら、人民解放軍解体とともに、この土地返却がその大きな要因になるにちがいない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/27 at 10:23

カテゴリー: マオイスト, 社会, 経済

Tagged with ,

組閣ほぼ完了、内務大臣はマオイストへ

カナル首相は5月4日、新たに19大臣を指名し、就任後3ヶ月にしてようやく組閣をほぼ完了した。

懸案の内務大臣ポストは、結局、カナル=プラチャンダ「7項目合意」(2月3日)に沿いマオイストに割り当てられ、クリシュナ・バハドール・マハラ副首相が指名された。

内務大臣は国家治安の中枢であり、マオイストにこのポストを渡すことには、UML内にも強固な反対があった。マハラ内務大臣指名が発表されると、MK・ネパール、KP・オーリらは、挙国内閣の組織に失敗したとしてカナル首相の辞任を要求し始めた。

一方、マオイスト内においても、バブラム・バタライ副議長の推薦したマハラの内務大臣指名は、バルサマン・プン平和復興大臣の起用を要求していたバイダ副議長派の激しい反発を招き、プンは平和復興大臣を辞任してしまった。

さらに、マオイスト内急進派のバイダ派から今回指名されたJayapuri Gharti, Mahendra Paswan, Dhruba Angdembe Limbuの3人は、宣誓式を欠席した。

このように、今回の組閣はUMLのカナル首相(UML)とマオイストのプラチャンダ議長、バブラム・バタライ副議長の3人が中心になっており、野党のNC、RPPばかりか、与党内にも激しい反発を招いている。

したがって、カナル首相はようやく組閣したものの、政権の安定は期待できそうにない。5月28日期限の新憲法制定も、現状では、とうてい無理であり、制憲議会の任期延長ということになりそうである。

カナル内閣暫定名簿(2011.5.5現在)

JHAL NATH KHANAL, UML, Prime Minister

Krishna Bahadur Mahara, UCPN-M, Deputy Prime Minister and Minister for Home Affairs
Bharat Mohan Adhikari, UML, Deputy Prime Minister and Finance Finister
Upendra Yadav, MJF(N), Deputy Prime Minister and Minister for Foreign Affairs

Top Bahadur Rayamajhi, UCPN-M, Minister for Physical Planning and Works
Khadga Bahadur Biswokarma, UCPN-M, Minister for Tourism
Agni Sapkota, UCPN-M, Information and Communications
Shakti Bahadur Basnet, UCPN-M, Health and Population
Bishwonath Sah, UCPN-M, Peace and Reconstruction
Ram Charan Chaudhary, UCPN-M, Land Reforms and Management
Mahendra Paswan, UCPN-M, Industries and Supplies
Prabhu Sah, UCPN-M, Law and Justice
Hit Bahadur Tamang, UCPN-M, Youths and Sports
Hari Narayan Yadav, MJF-N, Agriculture and Cooperatives
Mohammad Istiyak Rai, MJF-N, Labour and Transport Management
Sunil Kumar Manandhar, CPN-Unified, Environment
Khagendra Prasad Prasain, CPN-ML, Federal Affairs, Constituent Assembly, Parliamentary Affairs and Culture
Jayapuri Gharti, UCPN-M, Women, Children and Social Welfare
Bishnu Poudel, UML, Defence
Gangalal Tuladhar, UML, Without Portfolio
Ghanshyam Bhushal, UML, Without Portfolio

[State Ministers]
Dharmashila Chapagain, UCPN-M, Health and Population
Devi Khadka , UCPN-M, Physical Planning and Works
Hakikullah Khan, UCPN-M, Land Reforms and Management
Dhruba Angdembe Limbu, UCPN-M, Tourism and Civil Aviation
Nandan Kumar Dutt, MJF-N, Agriculture and Cooperatives

* “Khanal gives home to Maoists,” Himalayan Times, 2011-05-05
* “Baidya faction minister nominees boycott cabinet expansion,” Republica, 2011-05-04

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/05/05 at 16:12

カテゴリー: マオイスト, 議会, 政党

Tagged with , , , , ,