ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘EU

平静に見えるオーストリア

6月末~7月初旬,ウィーンやザルツブルクなどを見てきたが,少なくとも外から見る限りオーストリアは平静であった。

オーストリアでは,5月に大統領選挙があり,リベラル系無所属(「緑の党」元党首)のアレクサンダー・デア・ベレン候補が,僅差で,極右「自由党」のノベルト・ホーファー候補に勝利した。不在者投票分でのギリギリ逆転勝利,文字通りの辛勝であった。

ところが,この開票結果に自由党が異議を唱え,憲法裁判所に選挙無効を訴えた。憲法裁判所は,この訴えを受理し,審理の結果,7月1日,不在者投票開票方法などが違法だったとして選挙無効の判決を下した。再選挙は,9~10月の予定。

このオーストリア大統領選挙は,全世界,特に欧州で,成り行きが注目されてきた。自由党は極右ナショナリスト政党。難民・移民受け入れに反対し,EU離脱を訴え,とくに男性,ブルーカラー労働者,農村部に支持を拡大してきた。その自由党が勝利すれば大変なことになる。注目され,心配されるのは当然だ。

こうした状況だから,オーストリアはいま騒然としているだろうと思っていたら,実際には,街も村も表面的には何事もないかのように平静。人々はコンサートに出かけ,高原や湖畔では早やバカンスを楽しんでいた。

これは,まったくもって不思議,不可解。バカンス明けの再選挙はいったいどうなるのだろう?

▼議会議場(上院/下院)
160720l 160722a

▼落書き(ハイドンハウス付近)
160722c

[参照]
*「オーストリア大統領選、やり直し 極右の伸び焦点」日経,2016/7/1
*稲木せつ子「オーストリアの大統領選は「史上初」だらけだ 憲法裁判所が選挙のやり直しを命令」東洋経済オンライン,2016年07月06日
*「オーストリア大統領選で違法行為、憲法裁がやり直し命令」朝日新聞,2016年7月1日

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/07/22 at 04:54

欧印共同声明の釈明おおわらわ,駐ネEU大使

R・ティーリンク駐ネEU大使が4月5日,カマル・タパ副首相兼外相と会談し,先日の欧印首脳会談共同声明につき,釈明にこれ努めた。

1.ネパールの抗議とEU大使の釈明
新聞報道によれば,タパ外相はこう抗議した。――ネパール憲法が欧印首脳会談でなぜ取り上げられたのか? EUはネパール憲法の評価を変えたのか? 問題があっても,ネパールは自力で解決できる。内政干渉は認めない。

また,ネパール外務省もつぎのような声明を出した。インドとEUは「ネパールの主権を尊重し,・・・・無用な声明を出すことは控えるべきだ。・・・・[声明は]内政不干渉の基本原則[に反し],国連憲章と国際法規範を侵害している。」(Nepali Times, 3 Apr)

これに対し,ティーリンクEU大使は,半時間にわたり釈明した。その要旨は,大使フェイスブックによれば,次の通り。「EUはつねにネパールの平和構築を強く支持し,憲法を歴史的成果として歓迎してきた。この立場に変わりなない。」

かなり苦しい言い訳だ。人民戦争中ならいざ知らず,ネパールはすでに平時,新憲法は制憲議会において平和的かつ民主的に制定された。それなのに,欧印が外からネパール憲法に対し注文を付けた。明白な内政干渉。訪ネ中の独議員団(4人)ですら,共同声明は「不適切だ」と語ったという。

 160406a ■EU大使FB(4月5日)

2.EUの介入慣れとインドの外交力
それにしても,なぜEUは,こんな余計なことをしてしまったのだろうか? その理由の一つとして考えられるのは,EUないし西洋諸国の無際限とも思える対ネ介入が日常化し,この程度のことが問題になるとは思いもよらなかったのではないか,ということ。いつもの善意のネパール支援の一環。

もう一つは,やはりインドの外交力。新憲法については,インド国境沿いのマデシの人々が,自分たちの権利が十分に認められていないとして激しい反対闘争を繰り広げ,これを陰に陽にインド政府が支援してきた。インドは,マデシの要求に沿うようネパール憲法は改正されるべきだと考えてきた。その立場から,インドは欧印首脳会談の場にネパール憲法問題を持ち出し,共同声明にそれを書き込むようEU側を説得し,それに成功したということであろう(Nepali Times, 3 Apr)。さすが,外交のインド!

[補足]マデシは欧印共同声明を歓迎。
スレシュ・マンダル(タライ・マデシ民主党):「共同声明に対する抗議は不要だった。・・・・われわれに対する不正義について国際社会が声を上げるのは当然である。」(Nepali Times, 3 Apr)
R・ライ(タライ・マデシ・サドバーバナ党):「これこそ,周縁化された社会諸集団に対する差別を国際社会は容認しえない,ということの証である。」(同上)

3.ネパール関与の難しさ
このように見てくると,欧印側にも,ネパール側にも,それぞれそれなりの言い分があることが分かる。

そもそもネパールは,低開発問題や人民戦争を自力では解決できず,国際社会の支援を求め続けてきた。国際社会は,ネパール側の要請を受け,経済的にも人的にも大きな負担を引き受けてきた。憲法制定も,ネパール側が要請し,国際社会がそれにこたえ,支援し続けて来たことである。

ネパールの主要諸政党は,その国際社会の全面的支援を受け,2015年9月,新憲法を制定公布した。ところが,その憲法は,国際社会,とくに西欧諸国やインドにとっては,マデシや他の周縁的諸集団を十分には包摂しておらず,不十分なものであった。そこでインドとEUは,彼らが支援してきた憲法制定をそもそもの目標通り包摂的なものにするよう,共同声明で要請した。印欧からすれば,至極当然の要請であったわけだ。

ところが,オリ政権にとっては,新憲法は自分たちが成立させたものであり,自分たちにとってはこれで十分なものであった。そこで,「欧印共同声明」でのネパール憲法言及を内政干渉として激しく非難し,拒否することになったのである。

こうした政権の都合による支援要請と,一転してのその拒否は,ネパールでは決して珍しいことではない。最も極端な例は,人民戦争解決のため要請され介入したUNMIN(国連ネパール政治ミッション)。UNMINの本格展開で人民戦争の終結のめどがほぼ着いた最終局面で,ネパール政府は突如,UNMINを「無能」と非難して追い出し,時の政府に都合のよい戦後体制をつくった。「それはないよな。お気の毒なUNMIN」と同情しきりだった。(参照:ネパール派兵、7月末まで延長

ことそれほどまでに,ネパールへの関与は難しい。逆に言えば,インドと中国に挟まれ地政学的に難しい状況の下で曲がりなりにも独立を維持し続けてきたネパールは,島国の日本では想像もできないほど,したたかな国だ,ということでもあろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/04/06 at 15:26

カテゴリー: インド, 外交, 憲法

Tagged with , , ,

第13回欧印首脳会談共同声明,ネパール激怒

第13回欧印首脳会談がブリュッセルで3月30日に開催され,インド側からはモディ首相,欧州側からはドナルド・トゥスク欧州理事会議長とジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長が出席,「共同声明」(3月30日付)が発表された。
 *Joint Statement 13th EU-India Summit, Brussels, 30 March 2016

「共同声明」は41項目にも及ぶ包括的なもの。
 ●戦略的欧印連携の強化:1-6
 ●外交,人権および安全保障の協力促進:7-23
 ●貿易経済協力による成長と雇用促進:24-34
 ●未来世代のためのグローバルな繁栄:35-38
 ●戦略的連携への市民参加促進:39-41

この「共同声明」は,第17項目において,ネパールに言及し,次のように述べている。
「17 EUとインドは,2015年大震災後のネパール再建を,能力開発や長期的開発事業をも含め,継続して支援していくことを確約した。また,EUとインドは,ネパールにおいて憲法を持続可能な包摂的なものとすることが必要だということについても合意した。憲法上の残された諸問題を一定期間内に解決し,政治的安定と経済的発展を促進するためである。[以下,モルディブ関係]」

このネパール言及部分について,ネパール政府は激怒した。なぜか? 先の「中国・ネパール共同声明」とも関連づけ,検討していくことにする。

 160404■モディ首相記者会見:ブリュッセル(印首相HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/04/04 at 16:08

カテゴリー: インド, ネパール, 外交, 憲法

Tagged with , ,

プラチャンダ議長,欧州議会で演説

プラチャンダ統一共産党マオイスト議長が,10月15日,欧州議会に招かれ,演説をした。”Peace Process and Political Transition in Nepal: Nepal’s Journey Towards Peace, Democracy and Inclusivity.”

長い演説の大半は外交辞令。形式的な無難な美辞麗句をつなぎ合わせ,延々と,しかも堂々と演説してのけたのは,やはり非凡,大物だ。

その空々しい美辞麗句の中に,自慢話と他党批判がさりげなく織り込まれている。欧州相手だから,自慢話は,当然,人民解放軍(PLA)の社会復帰・統合プログラムの成功。実際には,自分が率いて戦わせ,勝利後不要となりお払い箱にしただけなのに,英雄にとっては,それも偉大な平和貢献なのだ。

逆に,悪はすべて既成の「頑迷な政治勢力」。制憲議会が成果なく消滅してしまったのも,人民を抑圧し搾取してきた「伝統的議会諸政党の非協力」のせい。

これに対し,われわれ(つまりマオイスト,つまりプラチャンダ議長)は,頑迷な既成諸政党との粘り強い交渉を通して何とか和平を前進させようと努力してきた。だから,EUや国際社会には(われわれへの)支援をお願いしたい,というわけだ。

このプラチャンダ議長演説は,ネパール政府代表としてのものか,それとも統一共産党マオイスト議長としてのものか,よく分からないが,実質的にはプラチャンダ議長の自慢話と彼への支援要請となっている。

9割の社交辞令の中に1割の本音をさりげなく入れる。なかなか,うまい。見習いたいものだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/10/19 at 19:26

カテゴリー: マオイスト, 外交

Tagged with , ,