ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘Khanal

インド総選挙とネパールと中国

インド総選挙(開票5月16日)で,BJP(人民党)が282議席を獲得し大勝した。インド会議派(INC)は44議席にとどまり,惨敗。

140518a■印総選挙結果(http://www.cnbc.com/id/101678624)

この隣国の総選挙の経過を,ネパールの大手メディア(英語)はほとんど報道してこなかった。開票によりBJPの大勝が判明しても,メディアの扱いはそれほど大きくはない。少し詳しい記事は,AFPや新華社など外国通信社の配信を使って済ませている。まるで,遠い外国の出来事の一つのような,淡泊な扱いだ。

確実視されているBJPモディ政権成立についても,ネパール側の報道は,少ない。各紙は,コイララ首相がモディ氏との協力について語ったとか,パンディ外相が印ネ関係は変わらないだろうと語ったとか,短く伝えるだけ。また,元駐印大使で知印派のLR・バラ―ル氏やBB・タパ氏も,対ネ政策の基本に変化はないだろう,と簡潔に語るにとどめている。大喜びしそうなカマル・タパ氏ですら,これを王政復古のチャンスに利用するそぶりは,今のところまったく見せていない。どの勢力も,「シカト」とまではいわないまでも,そのように見える態度だ。

140518b ■カナルUML議長(UML HP)

これと対照的なのが,中国に関すること。印総選挙のさなか,統一共産党(CPN-UML)のカナル議長が訪中した。20名の大訪中団で,5月6-16日の10日間。この様子は,インドのことなどまったく眼中にないかのように,各紙とも遠慮なく,大胆に報道した。(ほぼ同時期のバブラム・バタライUCPN-M幹部の訪中については,「軽い日本,重い中国」参照)

報道によれば,カナル議長は,李源潮副主席との1時間以上に及ぶ会談において,「一つの中国」を確認した上で,ラサ―シガツェ鉄道のカトマンズ延伸を強く要請した。そして,テレグラフ記事(5月18日)によれば,カナル議長は,こうもいったという。

「中国の鉄道がカトマンズまで延伸されれば,ネパールはこれまでの内陸封鎖(landlocked status)の束縛から解放されるであろう。」

さらにまた,カナル議長によれば李副主席がこういった,とテレグラフは書いている。

「中国は,ネパールの内政に干渉はしないが,しかし,もしネパールの主権が外国勢力により脅かされるようなことがあれば,中国はネパールの側に立つであろう。」

この前か後か分からないが,李副主席は「中国は,ネ印関係の強化を願っている」とも語ったそうだから,李副主席の発言の意図は必ずしもはっきりしないし,またこれはカナル議長からの又聞きだから,この通りの発言があったのかもはっきりしない。

しかし,そうした留保をした上で,もしテレグラフ記事が大筋では間違いないとするなら,カナル議長やテレグラフ,あるいは同趣旨の記事を書いた他紙は,ずいぶん大胆だといってよいだろう。これは,インド総選挙にたいする「シカト」のような態度とは大きく異なる。

インドに対しては,ネパールには,何をしても大丈夫だという,子供のような依存と甘えがまだあるのではないか? しかし,たとえそうだとしても,最近は少々やり過ぎではないか。チベット鉄道延伸にせよ,中国援助のダムや南北道路や国際空港の建設にせよ,慎重に進めないと,BJP中心の強力モディ政権が成立するインドが,堪忍袋の緒を切り,ネパールへの直接介入に踏み切る恐れは十分にある。そして,それを,もし中国が座視しないとするなら・・・・。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/18 at 21:05

辞任カードの切れ味,日ネ首相

菅首相とカナル首相が,ともに辞任カードを切り,想定外の粘り腰を見せている。世間では権力にしがみついていると評判が悪いが,私は、前述のように,そうは思わない。しかし,自覚的に辞任カードを切り政治的に使用している点では,カナル首相の方がはるかに上だ。

1.菅首相辞任カードと,利用すらできない反原発派
菅首相は,政界四面楚歌にもかかわらず,首相の職にとどまり,闘っている。どこまで自覚的に辞任カードを切り,それを脱原発への転換のため政治的に利用しようとしているかは分からないが,少なくとも外見的にはそのように見えないこともない。権力者は本来孤独なものだ。菅首相も,たとえ十分自覚的ではないにせよ,ともかく,その孤独の恐怖に耐えることにより,かなり政治家らしくなってきた。

ところが,これとは対照的に,政治的に未熟なのが,反原発派。いま脱原発のため菅首相を支持するという声を上げれば,民衆の生活実感としての反原発感情を味方につけることが出来るのに,そのような動きはほとんど見られない。政官財に操作されたマスコミや「世論」の「菅おろし」に幻惑され,菅首相支持の声を出す勇気がない。これでは,いずれ原発維持の御用「世論」に圧倒され,政治的に敗退していかざるをえないだろう。

2.カナル首相の辞任カード
菅首相に比べ,カナル首相の辞任カード利用は,はるかに自覚的だ。菅首相のお手本になる。

(1)制憲議会任期,8月末
カナル首相の辞任カードは,8月末の制憲議会(CA)任期切れを睨んだものだ。

8月末までにマオイスト人民解放軍(PLA)の処遇を決め,新憲法を制定しないと,残された選択肢は,CA再延長か,無議会暫定政府設立か,(軍または王族の)クーデターか,あるいはアナーキーかということになる。

しかし,実際には,包括和平協定(2006年11月)による停戦から5年弱,CA成立(2008年5月)から3年3ヶ月経過しており,CA再延長にも無議会暫定政府設立にも十分な合理的根拠がない。ましてやクーデターやアナーキーは容認できない。状況は切羽詰まっている。

一方,幾度も指摘したように,CAは600人もの大議会。議員とその係累はおびただしい数に上る。CA自体が巨大な特権集団であり,本音では,既得権益を失う恐れのある選挙などやりたくない。CA議員の大多数の本音は現状維持とみてよい。

(2)カナル首相,8月13日辞任カード
この切羽詰まった,身動きのとれない状況を見据え,カナル首相は,平和プロセスと憲法制定への明確な具体的合意が出来なければ,8月13日までに辞任すると明言した。

CA任期切れを恐れる最大与党マオイストにとって自分以上に好都合な首相候補はいないはずだという計算にたった,カナル首相の政治的カケである。

(3)マオイスト,バブラム・バタライ首相案提示
これに対し,マオイストのプラチャンダ議長は,バブラム・バタライ副議長を首相とする挙国内閣の設立を提案した。もしコングレス党とUML内反カナル派が同調すれば,バタライ首相誕生となる。

プラチャンダ議長は優れた政治家であり,バタライ首相誕生の可能性はかなり高い。もしマオイストを首相とする挙国内閣が成立すれば,PLAの処遇も決着し,平和プロセスは大きく前進し始めるであろう。

しかし,マオイスト政権には,拒絶反応も強い。最大の抵抗はPLAの統合先の軍。次に,マオイスト人民戦争に手を焼くお隣のインドであろう。軍やインドのことを考えると,バタライ首相の実現も容易ではない。

カナル首相の辞任カードは,切羽詰まった状況で,結局は自分しか残らない,という読みによるものであろう。今後どうなるかは,むろんまだ分からない。

3.辞任カードの切れ味
状況は異なるが,日ネ両国首相は,最後の手段としての辞任カードにより難局を乗り越えようとしている点では同じである。

しかし,カナル首相が自覚的にカードを切っているのに対し,菅首相はオドオドしながら辞任カードを手にしているにすぎない。

政治家として立派なのは,むろんカナル首相の方である。政治の領域では,残念ながら日本はまだLDC(後発途上国)なのである。

* Rising Nepal, Aug.4; Republica, Aug.6.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/08/06 at 15:51

カテゴリー: 議会, 政党, 政治

Tagged with , ,

日ネ首相の権力欲

ネパールのカナル首相と日本の菅首相が,ますますあい似通い,政治家らしくなってきた。

[1]

カナル首相(UML)は,党内基盤が弱く,最大政党マオイストの要求を丸呑みして支持を取り付け首相に選出された。当初は,マオイストの操り人形と酷評され,短命と見られていた。5月28日の制憲議会(CA)任期切れに際しても,「挙国政府のめどがついたら」辞任すると約束し,かろうじて任期を3ヶ月延長することが出来たにすぎない。

カナル政権はもともと弱体であり,辞任まで約束したので,与党UMLも野党コングレス党(NC)もカナルはすぐ辞めるだろうと期待していた。ところが,どっこい,カナル首相は「挙国政府のめど」を口実に,いつまでも辞めない。どうして彼は権力をいつまでも維持し続けることが出来るのか?

一つには,カナル首相がマオイストの本音を鋭く見抜いているということ。CA解散・選挙になれば,マオイストは,現有議席からの大幅減は避けられない。苦しい人民戦争を戦い,ようやく手にした議員の地位と諸特権がすべて失われてしまう――これがマオイスト議員たちの偽らざる本音であろう。

カナル首相は,マオイスト議員たちのこの保身心理を見透かし,マオイストに対する自分の立場を徐々に強化しつつあるように思われる。もはや,操り人形とはいえない。

また他方では,最大野党のNCも,口だけは勇ましいが,実際には党内派閥抗争で政権打倒どころではない。抜きんでた有力な首相候補も見あたらない。

カナル首相は,与野党のこのような実情を見抜き,巧妙に政権を維持し強化してきた。なかなか,したたか。政治家らしくなってきた。

[2]

このカナル首相とよく似てきたのが,菅首相。こちらも,辞任をほのめかしながら,一向に辞めようとはしない。

菅首相は,民主党が解散を何よりも怖れていることをよく知っている。解散・総選挙になれば,民主党議員の相当数が再選されず,おいしい議員諸特権を失ってしまう。保身が先に立ち,解散が怖くて,菅首相を辞めさせられないのだ。

一方,野党自民党も内輪もめばかりで,これといった有力首相候補はいない。ちまたでは,小泉純一郎氏か,小泉ジュニアかなどといったジョーク半分,本気半分の床屋政談が流布する有様だ。

菅首相は,民主党や自民党のこの内実を見抜き,政権維持を図っている。

しかも,菅首相には,脱原発の風が吹き始めた。この風をうまくとらえることが出来れば,政権は再浮上,菅首相の人気もうなぎ登りとなり,21世紀初期の名宰相として歴史に名を残すことさえ夢ではなくなってきた。

[3]

政治家にとって,権力欲は本性だ。菅首相が本物の政治家なら,「政権に恋々」とか「権力にしがみつく」とかいって攻撃されても,蛙の面に水,まったくこたえないだろう。いやそれどころか,むしろ内心では「よくぞいってくれた」と奮い立ち,さらに権力欲を募らせることにさえなるだろう。

政治家にとって権力欲は本性だから,菅首相が権力に恋々としようが,政権にしがみつこうが,それは問題ではない。われわれ人民にとって,いま冷静に考えるべきは,菅首相を辞めさせれば,それは原発維持を願う政財界体制派の思うつぼ,決して現在および未来の人民の利益にはならないということである。

[4]

要するに,いまの「世論」は人々の自然な意見ではないということ。実際には,政財官学エスタブリッシュメントがメディアを総動員して世論をねつ造し,菅おろしを図っているのだ。玄海原発やらせメール事件では,「九電が組織ぐるみで世論を操作していた実態」が明らかになった(毎日7月15日)。しかし,これはあまりにも稚拙,小規模だったため発覚したにすぎない。菅おろし世論はスケールがちがう。いまの「菅おろし」世論は,日本中の政官財学があうんの呼吸で一体となってメディアを使い,合唱させ,巧妙に創り上げたものである。人民は,その空気の中にいてその空気を吸っているので,それが人為的・意図的に創られたものであることに気づかないのだ。

われわれ人民は,たとえば仮にドイツの空気の中に立ってみて,自分たちがいまどのような空気を吸っているかを反省してみるべきだ。そうすれば,いま菅首相を辞めさせるよりも,むしろ菅首相をおだて,もっともっと「政権にしがみつかせ」,その権力欲を利用して,脱原発の大事業を達成させてやるほうが,人民の利益になることが分かるであろう。

そして,もしめでたく脱原発への方向転換が実現されたあかつきには,菅首相には大勲位の名誉を授与する。政治家のもう一つの本性は名誉欲だから。大勲位が始めた原発に,大勲位が幕を引く。これこそ,歴史の弁証法的発展である。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/07/15 at 12:56

カテゴリー: 政治

Tagged with , , , ,

制憲議会3ヶ月延長,第9次改正成立

制憲議会(CA)が,第9次憲法改正により,3ヶ月延長された。制憲議会は28日任期満了。改正案成立は29日午前4時半過ぎ。厳密には時間切れだが,時効停止で延長は有効らしい。延長議会は合法性も正統性もかなり怪しい。

今回の制憲議会延長は,三大政党である統一共産党(UML),マオイスト(M),コングレス(NC)の5項目合意を受けたもの。

  (1)CA3ヶ月延長
  (2)平和プロセスの基本合意を3ヶ月以内に作成。
  (3)憲法草案を3ヶ月以内に作成。
  (4)カナル首相は挙国政府形成のため辞任。
  (5)国軍はマデシ系を採用し包摂的とする。

しかし,この5項目合意は玉虫色で,当初から解釈が分かれている。つまり,カナル首相は,いつ辞任するのか?

  * プラチャンダ議長(M):国民合意成立後,辞任。
  * カナル首相(UML):挙国統一政府形成に諸政党が合意したあと,辞任。
  * ポウデル議員会長(NC):直ちに辞任,そのあと平和プロセス開始。
  * ガチャダル(MJF):1週間以内に,辞任。

玉虫色は,かつては日本の専売特許だったが,いまやネパールが本家となった。カナル首相は,いつ辞任するのか?

はっきりしているのは,怪しい手続きで制憲議会が3ヶ月延長されたということだけ。そして,議員たちにとっては,本当はそれでよいのだ。601人巨大議会は,それ自体が既得権益であり,議会任期延長には全員の暗黙の了解があったからである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/05/30 at 20:02

カテゴリー: 議会, 憲法

Tagged with , ,

人民解放軍統合,与党3党首合意

カナル首相(UML)が,マオイスト,マデシ人権フォーラム(MPRF)両党首と,平和構築への最大課題である人民解放軍(PLA)の処遇について,ほぼ合意した(Republica,2011-05-22)。実行できるかどうか微妙だが,なかなか大胆な提案だ。

PLAについては,すでに国軍(NA)が,NA指揮下に新たな部隊をつくり,そこにPLA戦闘員と政府治安要員(NAなど)を組み込む,という提案をしていた。3与党合意は,このNA提案を受け入れ,人員についてはPLAからは6~8千人とした。

PLAの本来のハードコア戦闘員は,もともと4~8千人と見られており,これはプラチャンダ議長もオフレコでは認めていた。したがって,6~8千人統合は妥当な数字といってよいだろう。

NA統合戦闘員以外の宿営所(cantonment)収用戦闘員は,除隊・社会復帰となる。宿営所収用戦闘員は約2万人(19,602人)だから,1万2千人~1万4千人が社会復帰。これら社会復帰戦闘員には,1人あたり50~100万ルピーが支払われる。かなりの額だ。

しかし,この提案については,マオイスト急進派が猛反対している。たとえば,モハン・バイダ(キラン)副議長は,これはパルンタール党大会決定違反だとして,反対意見を常任委員会に提出した(Republica,2011-05-22)。

しかしながら,このところマオイスト党内では,バイダ副議長らの急進派は劣勢となっている。バブラム・バタライ派(穏健派)とバイダ派(急進派)を両天秤にかけ,操縦していくプラチャンダ議長の政治的手腕は,たいしたものだ。このままいけば,PLAは二分され,6~8千人の中核部分がNAに吸収され,和平成立となる。

しかし,それで社会復帰を迫られる他の1万2~6千人が納得するか? また,毛沢東が言うように,「人民解放軍なくして人民なし」 を体験的に思い知らされてきたマオイスト支持「人民」大衆が,人民解放軍の解体を受け入れるか?

人民解放軍の国軍統合による和平実現,新憲法の制定となるかどうか? 難しいところである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/05/24 at 11:22

組閣ほぼ完了、内務大臣はマオイストへ

カナル首相は5月4日、新たに19大臣を指名し、就任後3ヶ月にしてようやく組閣をほぼ完了した。

懸案の内務大臣ポストは、結局、カナル=プラチャンダ「7項目合意」(2月3日)に沿いマオイストに割り当てられ、クリシュナ・バハドール・マハラ副首相が指名された。

内務大臣は国家治安の中枢であり、マオイストにこのポストを渡すことには、UML内にも強固な反対があった。マハラ内務大臣指名が発表されると、MK・ネパール、KP・オーリらは、挙国内閣の組織に失敗したとしてカナル首相の辞任を要求し始めた。

一方、マオイスト内においても、バブラム・バタライ副議長の推薦したマハラの内務大臣指名は、バルサマン・プン平和復興大臣の起用を要求していたバイダ副議長派の激しい反発を招き、プンは平和復興大臣を辞任してしまった。

さらに、マオイスト内急進派のバイダ派から今回指名されたJayapuri Gharti, Mahendra Paswan, Dhruba Angdembe Limbuの3人は、宣誓式を欠席した。

このように、今回の組閣はUMLのカナル首相(UML)とマオイストのプラチャンダ議長、バブラム・バタライ副議長の3人が中心になっており、野党のNC、RPPばかりか、与党内にも激しい反発を招いている。

したがって、カナル首相はようやく組閣したものの、政権の安定は期待できそうにない。5月28日期限の新憲法制定も、現状では、とうてい無理であり、制憲議会の任期延長ということになりそうである。

カナル内閣暫定名簿(2011.5.5現在)

JHAL NATH KHANAL, UML, Prime Minister

Krishna Bahadur Mahara, UCPN-M, Deputy Prime Minister and Minister for Home Affairs
Bharat Mohan Adhikari, UML, Deputy Prime Minister and Finance Finister
Upendra Yadav, MJF(N), Deputy Prime Minister and Minister for Foreign Affairs

Top Bahadur Rayamajhi, UCPN-M, Minister for Physical Planning and Works
Khadga Bahadur Biswokarma, UCPN-M, Minister for Tourism
Agni Sapkota, UCPN-M, Information and Communications
Shakti Bahadur Basnet, UCPN-M, Health and Population
Bishwonath Sah, UCPN-M, Peace and Reconstruction
Ram Charan Chaudhary, UCPN-M, Land Reforms and Management
Mahendra Paswan, UCPN-M, Industries and Supplies
Prabhu Sah, UCPN-M, Law and Justice
Hit Bahadur Tamang, UCPN-M, Youths and Sports
Hari Narayan Yadav, MJF-N, Agriculture and Cooperatives
Mohammad Istiyak Rai, MJF-N, Labour and Transport Management
Sunil Kumar Manandhar, CPN-Unified, Environment
Khagendra Prasad Prasain, CPN-ML, Federal Affairs, Constituent Assembly, Parliamentary Affairs and Culture
Jayapuri Gharti, UCPN-M, Women, Children and Social Welfare
Bishnu Poudel, UML, Defence
Gangalal Tuladhar, UML, Without Portfolio
Ghanshyam Bhushal, UML, Without Portfolio

[State Ministers]
Dharmashila Chapagain, UCPN-M, Health and Population
Devi Khadka , UCPN-M, Physical Planning and Works
Hakikullah Khan, UCPN-M, Land Reforms and Management
Dhruba Angdembe Limbu, UCPN-M, Tourism and Civil Aviation
Nandan Kumar Dutt, MJF-N, Agriculture and Cooperatives

* “Khanal gives home to Maoists,” Himalayan Times, 2011-05-05
* “Baidya faction minister nominees boycott cabinet expansion,” Republica, 2011-05-04

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/05/05 at 16:12

カテゴリー: マオイスト, 議会, 政党

Tagged with , , , , ,

カナル首相選出,UML=マオイスト連立政権へ

ネパール制憲(立法)議会は2月4日,統一共産党(CPN-UML)のカナル議長を首相に選出した。

■投票結果
カナル(UML)  368[マオイスト237,UML106,他25]
ポウデル(NC)  122[NC114,RPP8](RJP2追加?)
ガチャダル(MJF) 67[MJF28,TMDP11,他28]

カナル首相は,ネパール共産党マオイストの支持を得て選出されており,新政権がUML=マオイスト連立になることは確実。共産主義2大政党連立政権の誕生だ。

この新政権が安定するか否かは,何ともいえない。マオイストは最大勢力であり,首相ポストはUMLに譲っても,新政権の主要ポストを要求し,党政策の実現を図るだろう。特に,人民解放軍(PLA)の統合では,最大限要求を通そうとし,それを拒む国軍との対立が激化するだろう。UMLカナル首相が,それをどう調整し,PLA統合と新憲法制定を進めていくか? 成否は予断を許さない。

それにしても,多くの人が言うほどネパール政治家たちの政治能力は低くはない。むしろ,なかなかしたたかであり,たいしたものだと感心するところが少なくない。辺境の貧しい島国イギリスを世界帝国にしたイギリスの政治家たちに一脈相通ずるところがある。

たとえば,首相選挙を17回もやった忍耐力。バカバカしいといえばいえなくもないが,民主主義とは本来,そうしたものであり,17回も頑張ったポウデル氏も偉い。彼が頑張ったから,PLA指揮権の国家委譲がなり,新政権成立となったのだ。

国連=UNMINへの対処も見事だった。さんざん貢がせておいて,無能だからさっさと出て行けと追い出し,しかし最後の土壇場ではPLA指揮権の国家委譲式典で顔をたて,これにより国連に対するネパールの自立性と今後の援助継続を最大限確保する。 アッパレと感嘆するしかない。

マダブクマール・ネパール前首相も,さんざん悪口を言われてきたが,実際には,したたかな政治能力を持った人物だ。とにもかくにも2009年5月からこの2月まで,1年8ヶ月余も首相職を維持したのだから,立派。そして,結局は,自分の党のカナル議長に政権を継承させることに成功した。

もっと偉いのが,なんといってもマオイストのプラチャンダ(ダハール)議長。マキャベリは,恐れられつつも愛される政治家をもって理想としたが,いまのネパールでその理想の政治家に一番近いのがプラチャンダ議長だ。他を圧するカリスマ性がある。

今回のPLA指揮権国家委譲も,プラチャンダ議長なくしては不可能であっただろう。ここぞ,というときに大胆に決断しうる政治家――それが本物の政治家であり,プラチャンダ議長なのだ。

といっても,新政権の前途は多難である。PLA統合については,国軍をどこまで譲歩させるか? マオイスト議員たちの体制内化を,農民・労働者・学生たちがどこまで受け入れるか? 国家世俗化で既得権益を奪われていくヒンドゥー諸集団が,どこまでそれを許容しうるか?

カナル新首相が,マダブクマール・ネパール前首相のノラリクラリ高等戦術をうまく継承すれば,漸進的にネパール政治は安定していくであろう。

しかし,先進諸国が後先も考えず押しつけてきた自由市場社会化やアイデンティティ政治の害悪は深甚であり,ノラリクラリ政治は許されないかもしれない。そうなれば,新マオイスト紛争勃発や,コミュナル紛争激化となり,ネパールは再び大混乱となるだろう。今後ネパールはどちらに向かうか? 注目していたい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/02/04 at 11:48