ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘Kiran

マオイスト新党CPN-M,発足

統一ネパール共産党毛沢東主義派(UCPN-M)のバイダ派が,6月18日,正式に分離独立し,「ネパール共産党マオイスト(CPN-M)」を創立した。

議長 Mohan Baidya (Kiran)
書記長 Ram Bahadur Thapa (Badal)
書記 CP Gajurel(Gaurav)
政治局 Netra Bikram Chand (Biplab), Dev Gurung,Kul Prasad KC, Hari Bhakta Kandel, Khadga Bahadur Bishwakarma, Narayan Sharma, Pampha Bhusal, Indra Mohan Sigdel, Dharmendra Bastola and Hitman Shakya
中央委員会 44名(UCPN中央委員から新党中央委員へ)

イデオロギー政党に分裂・連衡合従はつきものであり,それだけ党名もややこしい。CPN-Mはもともと,2009年にマサル派と合同しUCPNとなる前のマオイストの党名。その本家の由緒ある党名を,バイダ派はちゃっかりいただいてしまったわけだ。

マオイスト内の路線対立は,2005年のチュワン大会(ルクム郡)において明確となった。党目標として,プラチャンダ=バタライ主流派が「民主共和国」を掲げたのに対し,バイダ(キラン)派は「人民共和国」を主張した。このとき,バイダとガジュレルはインドで投獄されており,チュワン大会では,「民主共和国」が採択され,以後,その基本路線に従い,議会諸政党との統一戦線結成,2006年の包括和平協定締結,王制打倒,バタライ政権樹立へと進んできた。

そのかわり,マオイストは,各地に設立していた「人民政府」を解散し,今年になると虎の子の「人民解放軍」まで解体してしまった。マオイストが,議会諸勢力と広範な反国王統一戦線をくみ,王制を打倒し,制憲議会選挙に参加して第一党となり,新体制の中心勢力となったのだから,これは当然といえよう。

ところが,バイダを中心とする急進派は,これを人民と革命への裏切り,「修正主義」として批判し,人民蜂起による「人民共和国」の樹立をあくまでも党の目標とすべきだと要求してきた。

この路線対立は,5月27日の制憲議会解散を機に決定的となり,結局は,6月18日のバイダ派分離独立となったわけである。

では,この新党CPN-Mの展望はどうか? バイダ議長は,「革命の客観的条件はある。われわれは,いまこそ革命の主観的(主体的)条件をつくり出すべきだ」と檄を飛ばした。

たしかに,客観的条件はあるようにも見える。ただし,人民戦争開始の1996年頃とは,大きく異なる。

前回の人民戦争は,半封建的半資本主義的王政との闘いであった。ところが,十数年後の現在は,ある意味では,前回人民戦争の勝利の結果,もたらされたものとの闘いとなる。自由と権利の「形式的」保障と,そのもとでの急激な自由市場社会化による矛盾の拡大だ。

この「客観的条件」をうまく組織化できれば,第二次人民戦争を戦うことができるだろう。主流派に利用され捨てられた人民解放軍元兵士も多数いる。

しかしその一方,人民戦争による変化は大きく,1996年と現在では経済も社会も文化も激変している。「アラブの春」のような現代型変革はあるかもしれないが,共産党が組織・指導する伝統的な人民戦争はもはや難しいようにも思える。

いずれにせよ,革命や運動には,カリスマ的リーダーが不可欠だ。バイダ議長のことは,まだよく分からないが,かつてのプラチャンダほどのカリスマ性を発揮できるようには思えない。印ネパール学の権威ムニ教授はツイッターでこうつぶやいている。

「バイダ派はバブラムとプラチャンダを悩ませるだろうが,それはしばらくであり,いずれ力を失い,忘却されるだろう。」

谷川昌幸c

Written by Tanigawa

2012/06/19 at 18:26

カテゴリー: マオイスト

Tagged with ,

キラン=バダルの「新人民戦争」警告

1.新人民戦争
マオイスト反主流派のキラン副議長とバダル書記長が,11月2日付声明において「7項目合意」を全面的に否定し,撤回しなければ,「次の歴史的人民運動の開始」は避けられない,と警告した。一種の最後通牒ともいえる。
  ■和平7項目合意成立,プラチャンダの決断

2.軍統合について
声明は「7項目合意」のほぼ全面否定だが,特に問題にしているのは,第1に,人民解放軍(PLA)の統合方法。

声明は,PLAを個人単位ではなく部隊単位で,また武装解除の丸腰ではなく武装した軍隊として国軍に統合せよと要求している。

統合比率は,国軍65%+PLA35%ではなく,国軍50%+PLA50%とする。

さらに,統合後の任務は,「建設開発,森林警備,産業保安,災害対応」といった建設作業員やガードマンのような仕事ではなく,ちゃんとした軍人としての名誉ある任務とする。

このPLA統合方法については,当初から意見が激しく対立していたが,プラチャンダ=バブラム主流派が国軍要求を呑んだことにより,「7項目合意」として成立した。キラン=バダル反主流派は,その根本のところを全面否定しているのだ。

3.没収財産の返却
第2の問題は,人民戦争中にマオイストが没収した財産の返却。

没収財産がどのくらいあるのか分からないが,人民戦争中,マオイストが地主や高利貸しや他の資産家を襲撃し,土地,建物や他の財産を没収,貧困人民に分配したことは周知の事実だ。(分配と称して,マオイストがピンハネ,横領しているものも多数あるにちがいない。)「7項目合意」では,それらの没収財産を元の所有者に返却し,損害賠償もすることになっている。

「7項目合意」のこの部分を見たとき,これは凄い,「反革命的!」と感動したが,同時に,そんな反革命的に凄いことはできないのではないか,と心配になった。案の定,キラン=バダル反主流派は猛反発し,土地配分を受けている農民らと共に立ち上がる,と警告している。

4.懐柔されるマオイスト主流派?
一方,「反国家的・反人民的合意」(声明)の締結にこぎつけたプラチャンダ=バブラム主流派政府は,帝国主義筋の美味しいご接待で陥落寸前。

PLA統合の重責を担う政府の「軍統合特別委員会(AISC)」の委員5人(過半数)は,米政府のご招待で訪米,「民軍関係訓練」を受けている。カリフォルニアの「陸海軍アカデミー」のプログラムだそうだ。さすがアメリカ,マオイスト統合後のネパール国軍も,ちゃんとリモートコントロールするための手当をしている。

しかも,この米陸海軍「民軍関係訓練」と併行して,プラチャンダ使節団が訪米し,バン国連事務総長と会談,ルンビニ開発支援の言質を取った。オバマ大統領,クリントン国務長官とは,会見したという報道はないので,会えなかったのだろう。しかし,いずれにせよ,大金と巨大利権の大プロジェクトに,マオイスト主流派が,国連=米韓中を引き込んだ,あるいは引き込まれた,ことは確かだ。

ネパールは小国だが,地政学的には,印中の台頭とともにますます重要性が高まってきている。その諸勢力入り乱れての権謀術数の渦中で,ネパール政治がどう動いているのかを見極めるのは至難の業だ。

プラチャンダ議長は,世界を手玉に取っているのか,それとも世界帝国主義勢力に懐柔されているのか? キラン=バダル反主流派とプラチャンダ=バブラム主流派との争いは,譲歩引き出しのための出来レースではないのか? どこまで本気で,どこまでやらせか?
 
いつもながら,摩訶不思議,よく分からない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/18 at 11:50

キランvsプラチャンダvsバタライ

マオイストは、11月21日からゴルカのパルンタールで第6回拡大党大会を開催する。その党大会には、プラチャンダ議長、キラン副議長、バブラム・バタライ副議長の3指導者が、それぞれ運動方針案を提出する。ところが、党大会以前にこれが党外に漏れ、各紙が取り上げ、けんけんがくがくの議論を始めた。機密じゃじゃ漏れ。ネパール・マオイストも民主的になったものだ。

1.キラン副議長
左翼過激派は、キラン(モハン・バイダ)副議長。彼によれば、主敵の米帝は今やふらふら、世界革命の客観条件は熟しつつある。ネパール人民にとっては「インド膨張主義」と「ネパール反動勢力」が当面の敵であり、これらをまず殲滅しなければならない。

したがって、マオイストが「人民政府」を解散し、「人民戦争」終結宣言を出したのは、誤りであった。今後は革命的諸勢力の人民統一戦線を強化し、人民蜂起・人民戦争による「人民連邦共和国」の建設を党の運動方針とすべきである。

ところが、プラチャンダ議長は、人民蜂起・人民戦争を棚上げし、右派機会主義者に屈服している。彼は修正主義に傾いている。

2.バブラム・バタライ副議長
バタライ副議長によれば、革命は街頭運動・制憲議会・政府機関の3つを、この順で優先順位を付けつつ、利用すべきであるにもかかわらず、プラチャンダ議長はこれを理解せず、そのため党活動が混乱し革命は前進していない。街頭運動で圧力をかけ、政府機関に浸透しつつ、運動を進めていくべきだ。

また、革命戦略と行動計画は、内外の権力バランスを考慮して作成されなければならない。ネパール人民の敵は、「インド膨張主義者に支援された国内反動勢力」である。バイダ副議長のように「国内反動勢力」と「インド膨張主義者」を丸ごとネパール人民の敵とするのは誤り。「インド膨張主義者」がネパールを直接攻撃しているわけではない。

また、プラチャンダ議長のように王党派との協力を考えるのは、マオイストの立場を害するものであり、誤りである。

3.プラチャンダ議長
プラチャンダ議長によると、ネパールは、革命と独立を目指す勢力と、それらに背を向け「外国反動勢力に屈服する勢力」とに二極分化しつつある。

問題は、党幹部たちの対立。リーダーたちに規律がなく、派閥抗争、分派の動きがあり、運動目標の実現を妨げている。

革命運動は、内外の情勢を見てバランスを取ることが必要だ。街頭運動・制憲議会・政府機関の3戦線作戦は誤り。議会と政府機関を通して運動を進め、進歩的憲法を制定することを目指すべきだ。

4.三極構造の妙
三極構造はもっとも明快な安定した権力構造であり、マオイスト党内が三極構造に落ち着くのは、ごく自然な成り行きである。

急進派のキラン副議長と穏健派のバタライ副議長の二極を、プラチャンダ議長がどうまとめるか? プラチャンダ議長とは話したことはないが、近くで見ただけでもカリスマ性を感じさせる指導者だ。しかも、天性のネアカ。急進派を牽制しつつ、平和構築を進めて行くには欠かせない人物だ。

マオイストが分裂し、収拾のつかない内戦が始まると、たいへんだ。ここはネアカのプラチャンダ議長の政治的手腕に期待したい。

* “Maoist top guns agenda for plenum,” Himalayan News Service, Nov. 12.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/11/13 at 18:14

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。