ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘UML

制憲議会選挙2013(17):ノーサイドなき選挙

(1)マオイストの選挙ボイコット宣言
開票が始まったばかりだというのに,劣勢のマオイスト(UCPN-M)は21日,早々と選挙ボイコットを決め,開票停止を要求,開票所から党立会人を退去させた。この選挙には「陰謀」が働いており,結果は「人民の期待に反するもの」であり,したがって制憲議会がつくられても参加しないという(Republica, Nov.21)。

これに対し,優勢のコングレス(NC)と共産党統一マルクス・レーニン派(UML)は,マオイストを激しく非難,選挙の公平を唱え,結果の受け入れを強く要求している。

一方,反選挙33党連合を主導してきたバイダ派マオイスト(CPN-M)は,開票直後からのこの大混乱を当然と受け止め,33党連合の反選挙運動の正当性を改めて力説し,今後への自信を示した。

マオイスト劣勢は,図らずも選挙前に分裂したマオイスト2派を急接近させることになった。両派マオイストが再統合し,ジャングルに戻ることになれば,ネパール平和構築は元の木阿弥,振り出しに戻ることになる。もっとも,国内外の圧力は強く,マオイスト幹部がいまや「有産階級」となったこともあり,その危険性は,いまのところ,それほど大きくはない。あれこれ駆け引きをしつつも,結局は,マオイストは選挙結果を受け入れざるをえないのではないであろうか。

131122e ■小選挙区開票速報(22日午前)

131121b131121c131121d
 ■市内要所を他党に制圧されたマオイスト。アサン/イカナラヤン付近/インドラチョーク

(2)コングレスの無規律
一方,予想外の好調に,コングレスは21日朝から大はしゃぎ,車やバイクに旗を立て,大音響でプカプカドンドンやりながら,街中を走り回っている。

特にキルティプルは,コングレスのラジェンドラ・クマール・KCが当選,それにUMLのスレンドラ・マナンダールが続き,マオイスト革命英雄プラチャンダたるプシュパカマル・ダハール議長は,まさかの第3位。コングレスが喜ぶのは当然だが,それにしても少々やり過ぎのような気がする。

惨敗した革命英雄陣営の前で,勝利に浮かれ,これ見よがしに大はしゃぎで行進し,投票結果を受け入れよと叫ぶ。こんなことをされては,敗者側は頭に来て,石の一つでも投げてやりたくなる。そして,もし本当に石でも投げたら,たちまち興奮した両派の大乱闘となり,止めようがなくなる。

それをおそれ,治安部隊が多数出動し,要所を警戒している。まるで戒厳令下のようだが,たとえどのように警戒しても,興奮した群衆に火がつけば,もはや止めようがない。今日のキルティプル外周道路では,そのような恐怖を覚えた。

コングレスは,もっとも由緒ある政党なのだから,もう少し大人の振る舞いを身につけてほしい。といっても,敗者へのいたわりとか惻隠の情といった,日本的なウェットな感情を引き合いに出して批判しているのではない。ネパールの選挙に不足しているのは,それとは全く異質のドライなフェアプレーとノーサイドの精神である。

フェアプレーとノーサイドは,世界に冠たる政治的国民の英米が誇る精神である。他のものは別として,これは文句なしに賞賛すべき精神であり,特にネパールは是が非でもこれを学び取る必要がある。

すなわち,いったんゲームを始めたら,勝利を目指して,共通のルールの下でフェアに,全力で最大限戦うが,ゲームが終われば,敵味方なしのノーサイド。勝敗は厳然としてあり,その結果は誰もが認めなければならないが,ゲーム終了=ノーサイドとなれば,両者とも全力で戦った者として健闘をたたえ合い,尊敬し合う。

選挙は,政治的ゲームの典型であり,いわば政治のスポーツ。要するに「遊び」だ。政治の場で,真剣に全力で戦うゲーム,それが選挙だ。選挙に,フェアプレーとノーサイドの精神が不可欠なのは当然だろう。

このフェアプレーとノーサイドの精神をどう育成するか? 投票箱や投票用紙,選管用コンピュータや四駆車――そんなものの援助より,ラグビー普及支援の方が早道かもしれない。

131121a
 ■キルティプル門前広場のNC集会(21日朝)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/11/22 at 13:21

UML除外「挙国」内閣

バブラム首相は5月6日,NCシラウラ書記長を副首相に任命した。次期首相の含み。

 ・首相: バブラム・バタライ(M)
 ・副首相:ナラヤンカジ・シュレスタ(M)
 ・副首相:ビジャイ・ガッチャダル(UDMF)
 ・副首相:シタウラ(NC)

今のところUMLは参加せず,内閣はM=NC=UDMF連立に留まる。

このまま非挙国「挙国」政府で新憲法制定を強行するか,それともUMLがどこかで妥協し参加するか? 先行き不透明。

一方,マオイスト急進派のバイダ派は,「挙国」政府をインドの傀儡と非難。学生組合ANNISU-Rも6日午後,学生運動の名所トリチャンドラ校前で,反「挙国」政府デモを繰り広げた。

UMLが不参加を貫けば,たとえ不倶戴天の旧敵であれ,両派が手を結び,強力な反政府勢力が形成されるだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/07 at 15:14

カテゴリー: 議会, 政党

Tagged with , ,

UMLの連邦制案

統一共産党(UML)が,8州案と12州案をカナル党首に提出した。審議後,党の案を正式採択の予定。

■州区分
 8州案: タライ3州,丘陵・山地5州
 12州案:タライ4州,丘陵・山地8州

■階層
 連邦――州――地域

■自治政府
 自治都市政府:10
 町政府:150
 村政府:900
 特別自治区:5(シェルパ・サガルマタ,チェパン,スヌワル,ダヌワル,西ヒマリ)

■自治体内の多数派集団の優先権:認めない

■連邦からの分離権(離脱権):認めない

まぁ,はっきり言って,どうでもよい案である。他の連邦制案も同じこと。こんなくだらないことで,カネ(税金)と時間を浪費することは,全くの無駄。ばかげている。単一国家の地方自治の拡大・充実の方が,はるかに安上がりで建設的だ。

諸悪の根源は,いうまでもなく欧米,とくに西欧の連邦制原理主義者にある。民族社会主義をはじめ,アイデンティティ政治で殺し合い,地獄を見てきた自分たちの悲惨な過去を,都合よくけろりと忘れ,ネパールに民族アイデンティティ政治を強引に持ち込んでいる。ネパールのことより,EU分裂の心配の方が先ではないか?

* Republica, Feb15.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/02/15 at 14:57

カテゴリー: 憲法

Tagged with , , ,

次期首相,デウバかバタライか?

カナル首相(UML)の辞任(8月15日)に伴い,次期首相をめぐる駆け引きが激しくなってきた。

1.デウバ元首相(NC)
政権たらい回しのネパール政界鉄則からいえば,コイララ(NC)→プラチャンダ(M)→MK・ネパール(UML)→カナル(UML+M)の次は,当然,コングレスとなる。

そこでコングレスは16日,SB・デウバ元首相を首相候補とし,挙国政府樹立を目指すことになった。

しかし,これには,ヤダブ大統領指定の21日までに挙国政府合意成立が条件となっており,結局,反故となる可能性が高い。NC内も,派閥争いでテンデンばらばら。議会多数決となれば,パウデル副議長(議員団長)に投票ということもあり得る。

2.バタライ副議長(マオイスト)
マオイストも16日,バブラム・バタライ副議長を挙国政府の首相候補とすることを確認した。

バタライ副議長は,挙国政府合意成立を要求しているが,党としては,挙国政府合意が出来なくても,バタライ候補を推す考えだ。この場合,マオイスト主導連立政権となる。

マオイストは,議会ダントツ第1党であり,バタライ副議長も知性派として知られ,マオイスト外でも人気は高い。バタライ首相の可能性は大いにある。

3.UML?
UMLは,まだよく分からない。マオイストとNCの取引が不調となれば,ポカレル書記長か他の誰かが再びマオイストの支持で首相となる可能性はある。UML内はNC以上にバラバラ。マオイストにとっては,NC以上に手を突っ込みやすい状況だからだ。

4.カナル暫定首相継続
挙国政府合意も、議会多数派工作も失敗した場合,MK・ネパール首相辞任後と同様,カナル暫定首相が、当分,続くことになる。

火を落とした風呂のような状態だが,暫定首相でも、既得権益維持派にとっては、取り立てて不都合はなかったのだから,これも名案ではある。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/08/17 at 11:00

カテゴリー: マオイスト, 政党, 政治

Tagged with , , , ,

マオイスト=UML,7項目密約

マオイストが土壇場で首相選挙を降りUMLカナル議長支持に回ったのは,両党(ないしプラチャンダ派とカナル派)の間で政権担当の密約(取引)が成立したからである。秘密協定だから内容ははっきりしないが,どうやら次のような取り決めらしい(ekantipur, Feb7)。

■マオイスト=UML7項目合意
 1.包摂民主主義により社会主義を実現。
 2.新憲法を制定し,共和制・連邦制を実現。
 3.マオイスト戦闘員からなる独立の部隊を設立。
 4.権力分有。諸政党代表からなる高レベル諮問会議の設立。
 5.共同綱領の制定。
 6.マオイストとUMLが交代で政権運営。
 7.以上に合意し,マオイストはUML首相候補に投票する。

この7項目合意が事実だとすると,プラチャンダ議長の圧勝ということになる。

第一に,社会主義ということは,人民民主主義を目指すということ。多党制とは相容れない。それをカナル首相は呑んだ。

第二に,マオイスト戦闘員だけの部隊を設置することは,マオイストが強く要求してきたこと。実質的に国内2軍隊となり,プラチャンダ議長の権力はむしろ強化される。

第三に,マオイストとUMLが交代で政権を運営すること(政権たらい回し)になれば,実際にはマオイスト優位の体制が出来てしまう。

もしこの密約が維持されれば,カナル首相は形だけで,実権はプラチャンダ議長が握り,マオイスト体制になっていく。しかし,もしUML内反カナル派が抵抗し,そこにNCやマデシ諸派が加勢することになれば,アナーキー状態になってしまう。

いずれにせよ,今後の流れを決するのは,マオイスト戦闘員(人民解放軍)だけの,あるいは彼ら主力の国軍部隊を設置できるかどうかである。減員され1万人前後となっても,それだけの精鋭部隊の実質的指揮権を保有することになれば,プラチャンダ議長の実権は揺るぎないものになるであろう。

もう一つ気になるのが,見え隠れする中国の動き。われらが「人民評論」によると,「新政権は中国の贈り物」だという(People’s Review, Feb8)。マオイストやUML幹部が足繁く訪中していたことは周知の事実。もともと同じイデオロギーを持ち,親中・反印も共通の二大共産党の連立政権であり,中国接近は自然な成り行きである。これをインドや国軍がどこまで許容するか? これも難しい問題である。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/02/09 at 09:31

カナル首相選出,UML=マオイスト連立政権へ

ネパール制憲(立法)議会は2月4日,統一共産党(CPN-UML)のカナル議長を首相に選出した。

■投票結果
カナル(UML)  368[マオイスト237,UML106,他25]
ポウデル(NC)  122[NC114,RPP8](RJP2追加?)
ガチャダル(MJF) 67[MJF28,TMDP11,他28]

カナル首相は,ネパール共産党マオイストの支持を得て選出されており,新政権がUML=マオイスト連立になることは確実。共産主義2大政党連立政権の誕生だ。

この新政権が安定するか否かは,何ともいえない。マオイストは最大勢力であり,首相ポストはUMLに譲っても,新政権の主要ポストを要求し,党政策の実現を図るだろう。特に,人民解放軍(PLA)の統合では,最大限要求を通そうとし,それを拒む国軍との対立が激化するだろう。UMLカナル首相が,それをどう調整し,PLA統合と新憲法制定を進めていくか? 成否は予断を許さない。

それにしても,多くの人が言うほどネパール政治家たちの政治能力は低くはない。むしろ,なかなかしたたかであり,たいしたものだと感心するところが少なくない。辺境の貧しい島国イギリスを世界帝国にしたイギリスの政治家たちに一脈相通ずるところがある。

たとえば,首相選挙を17回もやった忍耐力。バカバカしいといえばいえなくもないが,民主主義とは本来,そうしたものであり,17回も頑張ったポウデル氏も偉い。彼が頑張ったから,PLA指揮権の国家委譲がなり,新政権成立となったのだ。

国連=UNMINへの対処も見事だった。さんざん貢がせておいて,無能だからさっさと出て行けと追い出し,しかし最後の土壇場ではPLA指揮権の国家委譲式典で顔をたて,これにより国連に対するネパールの自立性と今後の援助継続を最大限確保する。 アッパレと感嘆するしかない。

マダブクマール・ネパール前首相も,さんざん悪口を言われてきたが,実際には,したたかな政治能力を持った人物だ。とにもかくにも2009年5月からこの2月まで,1年8ヶ月余も首相職を維持したのだから,立派。そして,結局は,自分の党のカナル議長に政権を継承させることに成功した。

もっと偉いのが,なんといってもマオイストのプラチャンダ(ダハール)議長。マキャベリは,恐れられつつも愛される政治家をもって理想としたが,いまのネパールでその理想の政治家に一番近いのがプラチャンダ議長だ。他を圧するカリスマ性がある。

今回のPLA指揮権国家委譲も,プラチャンダ議長なくしては不可能であっただろう。ここぞ,というときに大胆に決断しうる政治家――それが本物の政治家であり,プラチャンダ議長なのだ。

といっても,新政権の前途は多難である。PLA統合については,国軍をどこまで譲歩させるか? マオイスト議員たちの体制内化を,農民・労働者・学生たちがどこまで受け入れるか? 国家世俗化で既得権益を奪われていくヒンドゥー諸集団が,どこまでそれを許容しうるか?

カナル新首相が,マダブクマール・ネパール前首相のノラリクラリ高等戦術をうまく継承すれば,漸進的にネパール政治は安定していくであろう。

しかし,先進諸国が後先も考えず押しつけてきた自由市場社会化やアイデンティティ政治の害悪は深甚であり,ノラリクラリ政治は許されないかもしれない。そうなれば,新マオイスト紛争勃発や,コミュナル紛争激化となり,ネパールは再び大混乱となるだろう。今後ネパールはどちらに向かうか? 注目していたい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/02/04 at 11:48

カナルUML議長,首相選出へ

土壇場になって,マオイストはプラチャンダ党首擁立をあきらめ,UMLのカナル議長支持に回った。順調にいけば,今日,カナル議長が首相に選出され,UML-マオイスト連立政権が成立する。

もしUML-マオイスト政権が成立すれば,344議席を占め,安定政権となる。両党とも,共産主義政党であり,本来なら,一つであっても不思議ではない。共産主義大連立の成立となり,ますます中国へ接近することになろう。

 カナルUML議長(Republica, Feb3)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/02/03 at 20:59

カテゴリー: マオイスト, 議会, 政党, 民主主義

Tagged with , ,