ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘Xバンドレーダー

京都の米軍基地(105):Xバンドレーダーと仏さま

穴文殊(九品寺)の参道入口に,文殊様をお守りするためであろうか,小さな仏さまが並んで鎮座されている。ほほえましく平和な情景。

ところが,あろうことか,その小さな仏さまたちの背後に大きなXバンドレーダー基地が造られ,兵士(あるいは戦争請負会社社員)が銃を構え警備している。形の上では,米軍は仏さまに守ってもらっているのだ。

米軍基地の向かい山裾は,地区の墓地。ここの仏さまたちも,眼前に米軍基地を見ることになった。ようやく「永遠の平和」のもとに還り,そこから現世の私たちの「平和」を願われているに違いない,ここの仏さまたち。経ケ岬の駐留米軍は,構図的には,その仏さまたちにも,見守られているのである。

170106h■穴文殊バス停・石仏・米軍基地

170106i170106j
■石仏とレーダードーム

170106g■墓地と基地

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/07 at 10:52

京都の米軍基地(102):殺風景な米軍住宅

元旦に行ってみて驚いたのは,第四に,網野町島津の米軍住宅(軍属用集合住宅)。丹後町袖志の基地近くにいくらでも土地はあるのに,なぜこれほど離れた島津に軍用住宅を調達したのか? 道路事情は,特需改修が急ピッチで進められているとはいえ,まだまだ良くはない。特に冬は,日本有数の豪雪地帯。大丈夫か? 住宅駐車場には,「Y」ナンバー車が多数ズラリと駐車していた。(「Y」ナンバー:軍人・軍属の個人所有車。様々な特権があり,事故処理困難な場合が少なくない。)

島津の米軍住宅は,外から見るかぎりでは,殺風景で寒々とした感じを否めなかった。周囲の地域社会と馴染むのは難しそうだ。正面にレストラン「Shatte mo Coco」の小さな看板は出ていたが,このような住宅での滞在が長くなれば,疎外感にさいなまれ,ストレスが募るのではないだろうか。

敵性言語を今もって受け入れない偏狭な日本本土の,かつては三大秘境の一つとまでいわれた遠隔地に進駐させられている米国軍人・軍属の皆さんにも,ご同情申し上げる。

170104■基地(上図)から遠い米軍住宅()(google)

170104a■米軍住宅正面

170104b170104c
■駐車場(看板は「米軍Xバンドレーダー基地反対・京都/近畿連絡会」設置)/駐車中の「京都Y・・・・」ナンバー車(番号数字消去)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/04 at 10:02

京都の米軍基地(101):手抜きに見える防備

元日に行ってみて驚いたことは,第三に,米軍基地が,想像していたよりも,はるかに無防備に見えたこと。正面には,それらしき門扉はないし,基地を取り囲む金網はイノシシ防止柵に毛の生えた程度のもの。基地内もろ出し,丸見え。

だから,前の道路をよそ見しながら歩くと基地敷地内に入り込みかねないし,基地バックに記念撮影するため寄りかかるとフェンスがバタッと基地内に倒れこみそうだ。さすが自由の国アメリカの軍事基地!

これは,おそらく地元が,一部を除き米軍大歓迎,極めて友好的であり,さして警戒を要しないからだろう。

こんな基地なら,軍人・軍属から本場のアメリカ語やアメリカ文化をただで習ったり,子供たちにアメリカの遊びを,おやつ付きで教えてもらったりしたくなるのももっともだ。武器や軍服もカッコよい。

170103c
■米軍基地。右上は経ケ岬(頂上に展望台あり)

170103a■基地正面入口。手前が国道178号。歩道と基地敷地との明確な区別なし(奥にちゃちなコンクリ・ブロックはあるが)。

170103b■基地を囲む金網柵

170103d■軍服で住民サービス。おやつ付(経ケ岬米軍FB)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/03 at 10:28

京都の米軍基地(100):空自の便乗拡大

元旦に行ってみて驚いたのは,第二に,空自経ケ岬分屯基地の拡大。ざっと見たところ,設備も含め,2,3倍,あるいはそれ以上に拡大されつつある。米軍基地新設への便乗拡大と見ざるを得ない。少なくとも文民市民には。

京都には,舞鶴の海自,福知山の陸自,そしてここ経ケ岬に空自と米軍基地。京の都の西北は日米軍事基地の地と化しつつあるとみてよいであろう。

日本軍と米軍の軍人・軍属も増え,軍事基地関連産業も栄えるであろう。手っ取り早いむらおこし,町おこしだ。

170102a170102b
■拡大増設中の空自基地。後方の森左端(海側)が穴文殊(九品寺)

170102c
■空自の新設建屋と後方山上レーダードーム

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/02 at 11:40

京都の米軍基地(99):平和の孤島のような穴文殊

2017年元旦,丹後町袖志の穴文殊(九品寺)に初詣に行った。東から西へ天橋立⇒伊根⇒蒲入⇒経ケ岬⇒穴文殊・米軍基地・空自基地⇒間人⇒琴引浜⇒島津米軍住宅⇒峰山。

いくつか新しい発見があったが,最も衝撃的であったのは,穴文殊。周囲をぐるりと,米軍と空自の軍事基地に取り囲まれている。国道178号からの細い参道だけが,外界との唯一の通路。軍事基地の真っ只中の平和の孤島のような穴文殊! 

米軍基地建設中に何回か見に行き,状況はわかっているつもりであった。が,実際に基地ができ,Xバンドレーダー用発電機の騒音の中で,至近距離の銃を持つ米兵に脅えながら参拝してみると,その無慈悲に涙せざるを得ない。かわいそうな文殊さん!

130516c■穴文殊を取り囲む米軍と空自の基地(建設計画図)

170101d170101e
■参道入口。右(東)側が米軍基地,左(西)側が空自基地。入るとすぐ参道左右に不気味な監視装置らしきものがある。

170101c■九品寺(穴文殊)本堂

170101a170101b
■本堂裏(北側)の海岸までのわずかな空地も米軍基地とされ,警告板が掲示されている(○印)。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/01 at 23:51

京都の米軍基地(98): 米軍御用達「大宮インター」完成

米軍Xバンドレーダー経ケ岬基地へのアクセス玄関「京丹後大宮インター」(大宮町森本)が2016年11月30日,めでたく完成した。これにより,京都(大山崎ジャンクション)までわずか1時間半,便利になった。

高速道路は,重要補給路。非常時にはむろんのこと,平時でも米軍や同盟軍たる自衛隊の様々な軍用車輌の利用が大いに期待できる。そんなイカツイ車輌が前や後ろを走ると,はじめはギョッとし緊張するが,なに,すぐ慣れてしまう。気にすることはない。

また,米軍の軍人・軍属の皆さんの車利用も大歓迎。高速道路のこの付近の制限時速は70km(!)だし,取り付け道路にはまだ曲がりくねった狭い旧道もあちこちにあるが,これもどうということはない。住民自身がよく注意しておれば,それで済むことだから。

161107b161107a
■完成したインター出口/数キロ先の新設「久住バイパス」

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/07 at 10:36

京都の米軍基地(96):高速道ほぼ完成

経ケ岬米軍基地への高速出入口となる鳥取豊岡宮津自動車道「森本インター」の本体部分が,ほぼ完成している。丹後でも奥の奥だったこの付近が,激変することはまず間違いないであろう。(6月26日撮影)

160627c

160627b 160627a

[参照]
京都の米軍基地(47):関連事業・交付金の抗いがたい魅力
京都の米軍基地(24):米軍特需
京都の米軍基地(6):廃校と高速道路と基地

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/06/27 at 19:24