ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(64):兵器と兵員のプレゼンス強化

1.兵器プレゼンスの強化
B・マクガリー「日本におけるミサイル防衛プレゼンスの強化」によれば,経ケ岬は米軍にとって理想的な位置にある。なぜなら――

「ハワイやグアムを標的とする北朝鮮の短距離・中距離ミサイルは,この地域の上を飛ぶであろうからだ。」

京丹後へのXバンドレーダ(TPY-2)配備の目的が,ハワイ・グアム防衛であることは常識だが,こうあっけらかんと説明されると,拍子抜けしてしまう。まちがいなくハワイ・グアム以前に,某国ミサイルは,ミサイル防衛プレゼンスを強化された京丹後に降り注ぐ。が,そんなことは,米軍は眼中にはない。

2.兵員プレゼンスの強化
レーダー配備が兵器プレゼンス強化の手段だとすれば,米軍人・軍属配備は,人的プレゼンス強化のためだ。地元・京丹後は,プレゼント付きのプレゼンスは大歓迎,官民あげて,米軍人・軍属のプレゼンス強化に協力している。

これもまた,北の某国に向けたプレゼンテーションであることは,いうまでもない。プレゼント付きのプレゼンスのプレゼンテーション! 見るも微笑ましい光景だ。ささいな物損事故の二つや三つ,プレゼンなしでも,どうということはない。めでたし,めでたし。

150120■第14中隊FB

[参照]
Brendan McGarry,”U.S. Bolsters Missile-Defense Presence in Japan,” Dod Buzz Com, 2014-12-26
米軍交通事故を少なく公表 防衛省、京都のレーダー基地周辺」京都新聞1月20日

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/20 @ 16:38