ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ゴビンダ医師のハンスト闘争(21)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i)
 (3)決死のハンスト(ii) ①ハンストと延命治療
 (4)決死のハンスト(iii) ②それほど苦しくない断食(以上前出)

(5)決死のハンスト(iv)
③強制摂食:人道名目の拷問
すぐ思いつき,事実,世界各地で利用されてきたのが,ハンスト者に対する「強制摂食(force-feeding)」である。ゴムチューブなどの管を鼻や口から食道に差し込み,流動栄養食を直接,胃に流し込む。あるいは,それができないときは,栄養液を点滴投与し生存を確保する。胃瘻でさえ,場合によっては実施されるかもしれない。

現象だけを見れば,日本でも日常的に行われている延命治療となんら変わりはない。現代では,生命は地球より重く何物にも代えがたいとされ,治療の可能性が少しでもあるのであれば,可能な限り延命治療をし,生命を救う,すなわち心臓を動かし続けることが正しいとされている。

強権的体制の為政者は,皮肉なことに,この人道主義的生命尊重の世情を巧みに利用する。生命はすべてに優先されるべきものだから,たとえ本人が主義主張貫徹のため「ハンスト死」を望もうとも,それは誤った考え方であり許されない。ハンスト者は,正気を失い,生きるために食べるという最も根本的な理性的判断ができなくなっている。だから為政者としては,生命尊重の人道主義の観点から,本人の意思にかかわりなく,強制摂食など,必要最大限の救命措置をとらなければならないというのである。

しかしながら,これは明らかに,生命尊重人道主義の偽善的政治利用である。ハンスト死させてしまえば,先述のように,それは社会に対し劇的な効果を持ち,為政者は大きな打撃を受ける。さりとて,ハンスト死を避けるためハンスト者の要求を呑んだり収監ハンスト者を釈放すれば,それが前例となり,ハンストが頻発し,統治は困難になる。社会秩序は乱れ,人々の安全は保障されなくなる。為政者にはハンスト者の要求を呑むことも,収監ハンスト者を釈放することもできない。そこで結局,ハンスト者がいくら食事を拒否しても強制的に栄養を取らせる「強制摂食」の方法を,為政者は採らざるをえないことになるのである。

ところが,ハンスト者への強制摂食は,人命尊重や社会秩序維持(社会の安全)をいかに力説しようが,実際にはそれ自体,精神的にも肉体的にも耐えがたい苦痛を与えるものであり,「拷問」に他ならない。

「拷問」は,近代国家では19世紀以降,法的に禁止されるようになった。ちなみに日本国憲法も「拷問は絶対にこれを禁ずる」(36条)と明記している。国際社会では,1948年採択の世界人権宣言が「何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない」(5条)と宣言し,これがそのまま国連によって1966年「自由権規約」の中の規定の一つとして採択された。現代では拷問は許されない。

ハンスト者に対する強制摂食は,この現代社会では明確に禁止されている「拷問」に相当する。世界医師会も1975年採択の「東京宣言」において,「収監者,収容者のハンストに対し強制栄養法の使用[強制摂食]をさせてはならない」と厳しく警告している。

それにもかかわらず,強制摂食は,いまなお世界の少なからぬ国々で繰り返し実施されている。ネパールでも実施されない保証はない,と危惧せざるをえない。

ハンスト者に対する強制摂食はいまなお未解決の難しい問題であり,詳しくは別稿をまたざるをえない。以下では,参考のため強制摂食の事例をいくつか紹介するにとどめる。

■収監サフラジェットへの強制摂食(英紙1913年5月24日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/19 at 11:33

ゴビンダ医師のハンスト闘争(20)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i) 
 (3)決死のハンスト(ii) ①ハンストと延命治療(前出)

(4)決死のハンスト (iii)
②それほど苦しくない断食
「決死のハンスト」が現代では困難になった第二の理由は,断食に対し,人道主義的人命救助を大義名分に,「強制摂食(force-feeding)」が多用されるようになったため。

ハンスト,とりわけ死覚悟の「決死のハンスト」は,不当な扱いや支配に対する最終的なギリギリの抵抗方法である。ハンストは一人でも決行できるし,「決死のハンスト」であれば命を賭けるので訴える力は極めて大きい。さらに,決死の覚悟がいかに重く衝撃的なものであるにせよ,その死さえ覚悟してしまえば,断食ないし絶食そのものは,一般に想像されるほどには苦しくはない。

断食はそれほど苦しくはないというと,まさか,そんなことはあり得ないと一蹴されるに違いないが,実験してみた限りでは,少なくとも私にとっては苦痛はさほどなかった。

数年前,ふと思い立ち,断食をしてみた。水と塩分だけを取り,何も食べないでいると,2,3日は空腹を感じたが,それを過ぎると空腹感は減少していき,それに反比例して心が和らぎ,平静となり,幸福感(euphoria)さえ感じ始めた。いわゆる「飢餓陶酔(hunger-high)」。1週間すぎたころ,ふと我に返り,これは危ない,このままでは断食死し「即身仏」になってしまうと思い,そこで断食実験は終了することにした。

ほんの一回の短い断食実験にすぎないが,その体験から,私自身は,断食それ自体はたいして苦痛ではなく,むしろ恍惚の至福に向かうものであり,自分の死期を悟ったなら断固断食死を選択する決心をした。経管栄養補給による救命・延命治療など,もっての外! この決心は今も変わっていない。

ほんの一回の短期の実験にすぎないが,この私の断食実験の結果がある程度一般化できるとするなら,ハンストそれ自体はそれほど苦しくはなく,死さえ覚悟してしまえば,「決死のハンスト」ですら想像するほどには困難なものではないことになる。

むろん,死は,誰にとっても最も恐ろしく避けたい,究極の選択である。ハンストが難しいのは,空腹・飢餓の苦痛よりもむしろ死の恐怖によるものといえる。ハンストは,その死を覚悟してしまった人にとっては,したがって想像するほど困難な選択ではない。しかも,一人でも決行でき,生命を賭しているだけに効果は劇的であり絶大だ。

この状況は,強権的支配,とりわけ民主主義が形骸化した多数派専制体制にとっては,どうあっても避けたい事態だ。「ハンスト死」は主義主張への「殉死」であり,反体制闘争の導きの星となる。体制側が,あらゆる手段を駆使して,ハンスト死を阻止しようとするのは当然といえよう。

 
 ■釈迦の断食/ガンジーの断食(1932年)


 ■山形の即身仏(やまがたへの旅

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/11 at 15:39

ゴビンダ医師のハンスト闘争(19)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i) (前出)

(2)決死のハンスト(ii)
しかし,もし仮に政府が要求を呑んでいなかったとしたら,ゴビンダ医師はどうしたであろうか? あるいは,どうされていたであろうか? これは生死と自己選択(自己決定)にかかわるギリギリの難しい問いである。

①ハンストと延命治療
一つは,本人の意思にかかわりなく実施されるであろう救命・延命治療の問題。医学の「進歩」がハンスト死の成就を困難にしている。

ゴビンダ医師の場合,彼自身は,「決死のハンスト」を宣言しており,死は覚悟していたであろうが,危険な状態になれば,最初に収容されたジュムラの病院であっても,彼の「決死」の意思にかかわりなく,病院側はおそらく最大限可能な救命治療をしていたであろう。

また,そのような状況が予想される場合,政府の積極的な介入も十分考えられる。そもそも,政府がハンスト中のゴビンダ医師をジュムラからカトマンズに移そうと何度も試み,結局は事実上強制的にヘリ輸送してしまったのも(詳細後述),彼の「ハンスト死」ないし「殉死」の成就を恐れたからに違いない。カトマンズに移し設備の整った病院に入れてしまえば,医師らに圧力をかけ,ゴビンダ医師自身の意思にかかわりなく,あるいは彼が意識を失ってしまっても,生かし続け「ハンスト死」させないための延命治療を最大限続けさせることが出来るからである。

善悪はとりあえず置くとして,たとえ「決死のハンスト」であっても,現代では実際には本人の意思通りの衝撃的,劇的な「ハンスト死」は,事実上,困難な状況となってしまっているのである。(ハンストに起因する疾病で後日,治療中に命を落とすことはあろうが,これは多かれ少なかれ「病死」の意味合いを帯びざるを得ない。)

なお,本人の意思(自己決定)に基づく延命治療の中止は,欧米だけでなく,日本でも認められつつある。すでに日本学術会議「死と医療特別委員会」も,「尊厳死について」(1994年)において,「患者の自己決定ないし治療拒否の意思を尊重して延命医療の中止,すなわち尊厳死を容認した」(『終末期医療のあり方について』2008 年)と宣言している。

しかしながら,これはあくまでも医学的に尊厳ある生の維持が不可能な場合の延命治療の中止であって,ここではハンストは,当然ながら全く考慮されていない。ハンストは延命治療中止の正当理由とはならない,ハンスト者には最大限可能な延命治療がなされる,とみるべきであろう。

PIRAのハンスト死
アイルランド共和国軍暫定派(PIRA)のボビー・サンズら10人が1981年,獄中ハンストで餓死した。首相であった「鉄の女」サッチャーは,彼らを見殺しにしたとして激しく非難攻撃された。「決死のハンスト」放置は,為政者にとって,リスクの大きな選択である。
■Bobby Sands Trust HPより

谷川昌幸(C)

ゴビンダ医師のハンスト闘争(18)

6.第15回ハンスト
(1)なぜジュムラでハンストか?(前出)

(2)決死のハンスト(i)
ゴビンダ医師はハンストのためジュムラに行ったが,彼の場合,ハンストはハンストでもそれは,これまでと同様,死を覚悟した「決死のハンスト・死のハンスト(hunger strike unto death, fast unto death)」であった。

ハンストにはいくつかの方法があるが,大別すれば,おおよそ次のように区分できるであろう。
・期間:決死(unto death),無期限,期間限定
・飲食:完全絶食,水のみ,水と食塩,水・食塩・栄養液等
・治療:完全拒否,酸素吸入のみ,ブドウ糖液等の投与,救命治療全般

ゴビンダ医師の今回のハンストは,どのような方法で行われたのか? この点については,これまでと同様,あまり詳細には報じられていないが,期間が無期限の「決死のハンスト」であったことは明白である。飲食は,水と食塩のみ。治療は,酸素吸入は受けていたが,ブドウ糖液の注射は拒否した。非常に厳しい過酷なハンストといってよいだろう。

そのためハンストに入ると,ゴビンダ医師の体調は急激に悪化した。体重減少,血圧低下,血糖値低下,白血球減少,血中マグネシウム低下,筋肉けいれん,嘔吐感,胸の痛み,心室性期外収縮,立ち上がり困難,発声困難,昏睡,そして心停止の恐れ・・・・。

この経過がメディアで刻々と伝えられると,ゴビンダ支持が全国に拡大,政府はついに7月26日,ゴビンダ医師の要求をほぼ受け入れ,彼はハンストを終了,一歩手前のところで死をかろうじて免れた(経過は後述)。

■ゴビンダ医師ハンスト(ゴビンダ教授連帯FB,2018年7月5日)

*1 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC’s condition deteriorating,” Republica, July 9, 2018
*2 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC refuses medication,” Republica, July 10, 2018
*3 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC losing consciousness,” Republica, July 14, 2018
*4 Devendra Basnet/DB Budha, “Docs prepare to place Dr KC on ventilator,” Republica, July 16, 2018
*5 “Dr KC diagnosed with hypocalcemia,” Republica July 17, 2018
*6 “Dr KC agrees to checkup at mother’s request,” Republica, July 24, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/09 at 16:19

ホームページ転居

ホームページ版「ネパール評論」は,これまでヤフージオシティーズにおいていたが,ヤフーが3月末サービス終了を決めたので,やむなく「スターサーバー」に転居した。

IT素人のため,あれこれやってみて,なんとか既存データだけは新居に運び込んだが,リンクなどがちゃんと機能するかどうかは,まだ不明。試行錯誤,少しずつやってみるつもり。

それにしても,ネット事業は,摩訶不思議。転居先は使用料無料の2Gコース。私のホームページでは動画も音声も使用しないので,2Gもあれば容量は十分。しかも広告すら表示されない! これで採算がとれるのだろうか? 

いずれにせよ,このようなネット・サービスが利用できるのは,IT素人にとっては,まことにはありがたい。隔世の感。多謝!

▼転居先 http://pax.starfree.jp/ 

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2019/01/30 at 18:21

ゴビンダ医師のハンスト闘争(17)

6.第15回ハンスト
(1)なぜジュムラでハンストか?
ゴビンダ・KC医師(博士,TU教授)は,オリ内閣に対し,政府提出「医学教育法案」を撤回させ,「医学教育令2017年」の継承発展たる「医学教育法」を制定させるため,カルナリ州のジュムラ(人口約10万人)に行き,そこでハンストを決行することにした。15回目のハンスト。

それにしてもなぜ,ハンストのため,わざわざ遠隔地ジュムラまで行かなければならないのか? ゴビンダ医師は,こう説明している(“Dr KC to start 15th fast unto death from today, in Jumla,” Republica, 29 Jun 2018)。

「私は次のハンストをジュムラで開始することにしたが,それは私の闘いがつねに庶民のためのものだからである。地方の人々は基礎医療さえ保障されていないのに,与党有力者らは都市部を優先し,医療の営利事業化により巨利をむさぼろうとしている。」

「カルナリ保健科学アカデミー(KAHS)は2007年開設だが,医学士(MBBS)課程はまだ開設されていない(注)。共産党幹部は選挙の時は票のため人々に耳触りの良いことをいうが,選挙が終われば,人々のことなどどうでもよく,彼等との約束などきれいさっぱり忘れてしまった。だからこそ,私は政府が無視してきたここ,カルナリ[のジュムラ]において,人々と共にありたいと思うのだ。」
(注)KAHSは『暫定憲法2007年』のもとで制憲議会が開設。現在の根拠法はKarnali Academy of Health Sciences Act, 2068 (2011)


■KAHS(FBより)/カルナリ州ジュムラ郡

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/01/25 at 16:44

ジオシティーズ廃止でHP移転,やれやれ

ホームページ開設サービス「ヤフー・ジオシティーズ」が3月末で終了となる。通知メールを見落としていたらしく,数日前ページ更新不能となったのでネットを見たら,事業終了がネットニュースに出ていた。やれやれ。

「ネパール評論」のホームページ版は,十数年前,大学サーバー上でつくり始め,退職を機に「ジオシティーズ」に移した。

ITは全くの素人なので,「ジオシティーズ」への移行にはさんざん苦労した。試行錯誤,慎重に進めたが,それでもファイルやリンクが相当数なくなってしまった。それまでの努力が水泡に帰すどころか,文字通り消失,すら残らなかった。ITは恐ろしい。

それなのにまた,「ジオシティーズ」廃止のため,どこか別のサーバーに引っ越さなければならない。どうしよう? バックアップを二重,三重にとり,慎重に作業しても,素人の悲しさ,どこまで移せるか心もとない。またファイルやリンクが消えてしまうのではないか? いったい,いつまでかかるのだろうか? いまだ着手の意欲すら湧かない。

こうしたネット事業の場合,会社の都合で維持が困難になったら,その部分を他社に譲り渡し,事業を継続することはできないのだろうか? 素人利用者のため,ぜひ検討していただきたい。

ともあれ,「ジオシティーズ」終了は3月末,それまでに何とか移転せざるをえない。どこに移すか? 無料ないし低料金のものとしては,見た限りでは「スターサーバー」がよさそうなので,一応,利用登録だけは済ませた。が,移行作業は,素人には難しそうだ。やってはみるが,またまたファイルが紛失したりリンクが切れたりするであろう。やれやれ,先が思いやられる。

⇒⇒

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/01/15 at 14:54

カテゴリー: 情報 IT

Tagged with