ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

グローバル情報化とアルジュンさん死亡事件報道

先述のように,アルジュンさん死亡事件の報道,とりわけユーチューブ動画は「衝撃的」であった。十数年前,いやおそらく数年前ですら,こんな動画がネット上に掲載され,世界中に配布され見られることは,まずなかったであろう。
▼小島寛明「【衝撃映像入手】16人で1人取り押さえ手足拘束した警察。検察取り調べ中にネパール人男性死亡」Business Insider Japan, Mar. 29, 2019

関心をもち検索すれば,事件を報じた英文記事も世界中で読むことが出来る。
▼SAKURA MURAKAMI, “Wife of Nepalese man who died during interrogation sues state,” Japan Times, Jul 27, 2018

世界はいまや万人監視社会になった。わがアパートですら,玄関,駐車場,駐輪場,ごみ置場などに監視カメラが設置され,四六時中,監視・録画している。アパートに出入りする人はむろんのこと,前を通るだけの人や車,犬や猫やタヌキなど,すべて見られ記録されている。

わがアパートが特殊なのではない。近くの駅や道路,ビルや駐車場はおろか,一般の民家にも,いや走り回る車にすら監視カメラが設置され,常時監視・記録している。他の地域でも,状況は似たり寄ったりであろう。

しかも驚くべきことに,これら監視カメラの映像は,革命的技術進歩により個々人の識別にすら利用可能だ。われわれは,つねに監視され,個人として識別され,記録されているのだ。しかも,それらの情報は,可能的にはネットを介して世界中に配布され利用されうる。いやそればかりか,いったんネット上に掲載されれば,その情報は無数に拡散し,ほぼ制御不能となり,半永久的に残り利用されうる。まさにグローバル監視社会! ネット情報化社会は,いわば「神の目」をもつに至ったのだ。

この情報化社会では,ネットにつながりさえすれば,世界中,どこからでも世界に向け,映像・音声・文字などの情報を送受信できる。ネパールの地方からでも,つい数年前までは想像もつかないような生の情報がネット上に多数送られ,だれでも閲覧可能となっている。神秘の国,秘境など,もはやどこにもない。

日本の留置場や拘置所も,このグローバル情報化から免れることは,もはやできないであろう。監視カメラが設置されておれば,その映像は,どこかから流出し,ネット上に掲載され,世界中に拡散される可能性がある。そして,いったん拡散すれば,もはや取り消しは不可能!

アルジュンさん死亡事件の「衝撃映像」がどこから入手されたのか,私には全くわからないが,すでに「Business Insider Japan」や「ユーチューブ」などに掲載され,世界中に拡散している。可能的には,世界中の人々が,いつでも,どこでも見ることが出来る。もちろん,アルジュンさんの郷里,ネパールの人々にも!

アルジュンさん死亡事件の裁判は,世界中から,とりわけネパールの人々により,見られている。

【参照】Kanak Mani Dixit : In Nepal, 91% of individuals now own at least one mobile device, almost half of them smartphones.


■Nepali Telecom, 12 Mar 2019 / Nepali Times, 12 Apr 2019

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/15 at 15:28

アルジュンさん取調中死亡事件,続報

アルジュンさん取調中死亡事件の続報が,Business Insider Japan(2019年3月29日)に掲載されている。

・小島寛明「【衝撃映像入手】16人で1人取り押さえ手足拘束した警察。検察取り調べ中にネパール人男性死亡」Business Insider Japan, Mar. 29, 2019

アルジュン・バハドゥル・シンさん(死亡時39歳)は,ネパールから料理人として来日,ネパール料理店で働いていたが,2017年2月頃失職,ホームレス状態になった。同年3月13日,他人名義クレジットカード所持などを理由に新宿署に連行され,14日逮捕された。

翌15日朝,アルジュンさんは留置場で暴れたとして十数名で取り押さえられ,戒具で身体を強く拘束,そのまま検察に送られた。ところが検察取り調べ中,体調に異変が生じたため午前11時頃戒具を外したところ,彼は午後3時前,急死してしまった。

アルジュンさんの妻は2018年7月26日,不当な強制的拘束により夫を死に至らしめた業務上過失致死の疑いで新宿署に刑事告訴した。また翌27日には,注意義務違反を理由に東京都を相手に慰謝料を求める訴えを東京地裁に提出した。

この事件の上記3月29日付続報には,アルジュンさん取り押さえ,戒具拘束の状況を記録した東京都提出証拠映像が添付されている。タイトル通り,衝撃的な映像だ。
⇒⇒【衝撃映像】取り調べ中にネパール人はなぜ死んだ。留置場で何が起きたのか

アルジュンさんはなぜ逮捕後,取調中に死亡したのか? 外国人の,いやひいては日本人自身の生命権をはじめとする基本的人権を守るためにも,裁判を通してアルジュンさん死亡の真相が,あますところなく徹底的に解明されるべきである。

▼戒具拘束されるアルジュンさん(東京都提出証拠映像,YouTube
 

【参照】
・小島寛明「ネパール人男性はなぜ死んだ。「移民」はいないが外国人労働者に頼る日本といびつな入管制度」Business Insider Japan, Sep. 12, 2018
・「手錠で拘束されたネパール人、検察の取調べ中に突然死…妻「真実知りたい」と提訴」弁護士ドットコム,2018年07月27日
・SAKURA MURAKAMI, “Wife of Nepalese man who died during interrogation sues state,” Japan Times, Jul 27, 2018
・小島寛明「東京地検の取り調べ中に死亡のネパール人、遺族が検察官ら告訴」,Business Insider Japan, Jul. 26, 201

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/10 at 16:35

桜の宝塚

7日の日曜は,絶好の花見日和。最近は身内の介護で遠出できないので,自転車で近くの桜を見に行ってきた。

今年の桜は,完璧な一斉開花。美しいというよりは,たじろぎ,息をのむほどの生命力の噴出発現。その一気に咲いた無数の花々を見ると,いやでも散り際の潔さ,美事さを思わずにはいられない。

桜は,厳しい冬を耐え忍び,本格的な春の到来を待ち望む日本人の心情に,たしかに最も自然に,最も力強く訴えかける日本の花である。それだけに,利用価値も,むろん絶大だったのだが・・・・。(参照:花の宝塚とゼロ戦と特攻顕彰碑


■「宝塚大歌劇場・花のみち」入口/宝塚大歌劇場


■花のみち(歌劇場前)


■宝塚音楽学校(TMS)/阪急電車


■宝塚大橋東詰/同左

■宝塚大橋西詰/伊和志豆神社

■平林寺/同左

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/08 at 10:46

カテゴリー: 自然, 宗教, 平和, 文化

Tagged with , , ,

ゴビンダ医師のハンスト闘争(29)

7.ハンスト:開始から終了まで
(1)ジュムラでハンスト開始
(2)体調悪化
(3)ゴビンダ医師支持の拡大

(4)カトマンズへの強制移送
ゴビンダ・KC医師が,「医学教育令2017年」の継承発展たる「医学教育法」の制定を求めジュムラでハンストを開始したのに対し,オリ共産党政府は,医療格差象徴の場として選ばれたジュムラでの交渉を忌避,彼を首都カトマンズに連れ戻し,そこで説得しハンストを止めさせようとした。政府側は次のように主張した(19日カトマンズ移送後報道も含む)。

オリ首相:①「納税者のカネから給料をもらっている者が,自分に割り当てられた義務を果たしもせず,政府を独裁的などと,どうして非難できるのか?」(7月9日頃,官邸での第2州共産党議員との会談において*46)。②「KC医師は,問題解決ではなく,問題をつくり出そうとしてきた。」そして,様々な勢力がそれを利用し,彼の治療を妨害してきた。医者や公務員が職務を放棄して街頭に出てよいのか? 医学教育法は,議会で審議すれば,修正に応じる用意はある。(7月24日付報道*47)

プラチャンダ共産党共同議長:KCのハンストには慣れっこ。政府は彼の生命を救おうとしているのに,反民主的勢力が彼を殺そうとしている。一個人の街頭運動で決められてしまうのなら,政府も議会も不要。反革命勢力がKCを政治的に利用している。コングレス党はKCの死体を踏みつけ利用するような恐ろしい政治をするつもりか。(7月24日付報道 *47)

GM・ポカレル教育大臣:①医学教育法は議会提出済。「座り込みで何でも変えようとする伝統は終わりにしなければならない。議論してはならないことは何一つないが,解決はハンスト以外の方法で見出すべきだ。」(7月10日付報道*48)②「KC は主権的上院に圧力をかけ自分の命令に従わせようとしているが,これは許されないことだ」(7月11日付報道*49)③7月13日,KCを強制的にカトマンズに連行することもありうると発言(7月17日付報道*50)④7月14日ジャーナリスト協会でのコメント。政府はKCの生命を救いたいと考えている。「天候の回復を待っている。拒否されても,KC医師をここカトマンズに連れてこざるをえないかもしれない。」(*51)

政府は,このような対KC強硬姿勢を維持しつつも,U・ヤダブ保健大臣が7月6日,医師2名,看護師数名をジュムラに派遣した(*52)。が,KCは,地元ジュムラの医師らに看てもらうとして彼らを拒否,退去を要求した(*52,53,54)。また,政府側はKR・バラル教育省事務局長を長とする政府交渉団を派遣したが,この交渉団は政府方針通りKCにカトマンズ帰還を要求するだけであったため,実質的な交渉には入れなかった(*55,56)。

そうこうするうちに,KC支持運動はますます拡大・過激化,政府は追いつめられKCのカトマンズ移送強行に急傾斜していった。カルナリ州政府が7月17日,KAHSでは治療困難だとしてKCのカトマンズ移送を中央政府に要請したのも,おそらく中央政府のそうした意向を受けてのことであろう(*57)。そして,ついに7月19日午前8時ころ,政府はKCカトマンズ移送を発表,軍ヘリをジュムラに派遣した。ヘリは同日午前9時半ころジュムラ軍駐屯地に着陸。(*58)

このヘリによるKC移送の知らせを受け,KC支持派はハンスト中のKAHSに多数集結,移送を阻止しようとした。彼らは,KCに移送を伝えるため訪れたカルナリ州のMB・シャヒ首相,N・バンダリ内務法務大臣らを阻止し,追い返した。

そこで郡当局(B・パウデル郡長)は,治安部隊にKC連行を命令した。抵抗する者には射撃も許可したという。銃使用については,警告はしたが,実際には実弾は発射されなかったようだ。催涙弾は使用。それでも,KAHS付近での激しい衝突により,40名にも及ぶとされる多数の負傷者が出た。(*58,59)

この衝突の知らせを受けたゴビンダ医師は,苦渋の決断を迫られた。彼は,要求が通らなければカルナリで死ぬ覚悟だと繰り返し明言していた――
「ニュース報道によると,政府は私をカトマンズに連れていくためヘリコプターを送るそうだ。私は,この聖なるカルナリの地で死を迎える覚悟をしており,カトマンズには私の要求がすべて受け入れられるまで帰るつもりはない。」(*60)
「7項目要求が満たされなければ,カトマンズには戻らない。たとえ死ぬことになろうとも,ここジュムラで死ぬことを選ぶ。」(*61,62)

ゴビンダ医師の決死の覚悟は,このように明確だったが,それではなぜ彼は,結局はカトマンズ移送に同意したのか? 理由はただ一つ,当局の強硬な実力行使によりKAHS周辺に結集していたKC支持派や治安部隊に多数の負傷者が出始めたこと。当局側は,拡声器を使い,衝突で警官死亡と放送したとさえ言われている。この放送はウソで,実際には警官は釘でけがをしただけだったようだが,もしそうした放送があったのであれば,KCにも聞こえていたであろう(*63)。KCは,こうした犠牲者続出の知らせを聞き,カトマンズ移送への同意を決断せざるをえなくなった――

MB・シャヒ州知事に対し,KCはこう訴えた。「暴力を止めよ,病院破壊を止めよ。こんな暴力を引き起こすくらいなら,カトマンズへ行く。」(*58)

こうしてKCは7月19日,軍ヘリに乗せられ,スルケット経由でカトマンズ(トゥンディケル)へ運ばれた。当初,政府は,KCを近くのビル病院に収容する予定だったが,これにはKCが断固抵抗,結局は彼の勤務先であるトリブバン大学教育病院(TUTH)に移送した(*64,65)。午後4時,KC移送作戦完了(*58)。

TUTHに収容されたゴビンダ医師は,ここでハンスト闘争をさらに継続することになる。

ジュムラ(jumlanepal.blogspot.com)

*46 “Height of cruelty,” Republica, July 9, 2018
*47 “Oli, Dahal spit venom at NC, Dr KC,” Republica, July 24, 2018
*48 “Dr KC rejects PM’s proposal for one-on-one by phone,” Republica, July 10, 2018
*49 “Centre continues to ignore Dr KC’s plight,” Kathmandu Post,Jul 11, 2018
*50 “Govt at last forms team for talks with Dr KC,” Republica, July 17, 2018
*51 “Dr KC to be brought to Capital forcibly: Minister,” Kathmandu Post, 2018-07-14
*52 “Rights bodies urge govt to take care of Dr KC,” Republica, July 6, 2018
*53 DB BUDHA, “Dr KC refuses to see docs from Kathmandu,” Republica, July 6, 2018
*54 Devendra Basnet/DB Budha, “Choice of Jumla was to draw govt attention to Karnali: Dr KC,” July 8, 2018
*55 “Govt forms talks panel led by Education Secy Baral,” Republica, July 16, 2018
*56 “Dr KC says govt is indifferent,” Republica, July 19, 2018
*57 “Dr KC appeals for medical attention,” Republica, July 17, 2018
*58 “40 injured in clash as Dr KC taken by force to Kathmandu,” Republica, July 20, 2018
*59 “Dr KC airlifted from Jumla,” Republica, July 19, 2018
*60 “Fasting surgeon refuses to leave Jumla,” Kathmandu Post, Jul 12, 2018
*61 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC refuses medication,” Republica, July 10, 2018 *62 “Dr KC’s supporters to foil govt plans to airlift him to capital,” Republica, July 14, 2018
*63 “Police duped Govinda KC,” Nepali Times, August 3, 2018(Onlinekhabar, 30 July)
*64 “Dr KC brought to Surkhet,” Republica, July 19, 2018
*65 “Chopper carrying Dr KC landed at Tudikhel; rushed to Teaching Hospital,” Republica, July 19, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/06 at 18:21

ゴビンダ医師のハンスト闘争(28)

7.ハンスト:開始から終了まで
  (1)ジュムラでハンスト開始
  (2)体調悪化

(3)ゴビンダ医師支持の拡大
ゴビンダ・KC医師がジュムラに入りハンストを開始すると,KC支持がジュムラやカトマンズで一気に高まり,そしてそれが全国へと拡大していった。以下,カトマンズ強制移送までの推移概要(日時のズレが多少あるかもしれない)。

6月30日:ジュムラでハンスト開始。
7月1日:ジュムラでKC支持署名開始。警官多数動員。
7月3日:KAHS,救急を除きスト。ムグとカリコットでも医療スト。(*13)
7月6日:バラトプル病院で10時から15分間,KC支持医師スト。
7月7日:ネパール医学協会(NMA: Nepal Medical Association),政府に対しKCの改革要求への回答が72時間以内になければ,医療機関スト実施を通告。7~8日,マイティガルでKC支持デモ。(*29)
7月9日:NMAの回答要求に対し,政府が話し合いを提案するも,KC側拒否。
7月10日:ジュムラで女性のKC支持デモ。
7月11日:NMA,全国の各病院前で毎朝10時~11時,KC連帯スト開始。
7月13日:①KC支持諸組織,共同声明発表。ネパール教授ユニオン,弁護士会,医師会,看護師会,医療職員会,カトマンズ大学教員組合など(*34)。②TU教育病院医師ら,マイティガルでKC支持デモ。
7月15日:ジュムラでKC支持拡大,立ち入り禁止区域にも入り警官隊と衝突。KCカトマンズ移送ヘリ着陸すれば破壊,ジュムラで交渉できないのなら郡役所閉鎖などと主張。(*36,40)
7月16日:①リパブリカ社説「無視の17日間」――[要旨]KC支持は,マイティガルKC支持集会など,国民運動となりつつある。オリ首相は見ているだけ。共産党はKCがコングレス党と手を組んでいると非難。が,KCはコングレス党政権時も改革闘争をしていたのであり,この非難は的外れ。「KC医師の要求の核心は,誰でも受けられる保健医療と医学教育であり,われわれはこれを求めるKC医師を支持する。ネパールの公衆保健医療は乱雑貧困きわまりないのに,貧しい人々はそれに依存せざるをえない。ところが,政治家たちは,ちょっとしたケガや病気でも外国へ行き大金を払い私立病院で治療を受ける。KC医師は,この現状を変えようとしている。ジュムラのような遠隔地でも彼が支持されているのは,そのためだ。ジュムラでは,女性も老人も街頭に出てKCを支持し,政府に対し彼の要求を受け入れるよう訴えている。彼らはKCを救い主と見ているのだ。彼らは政府に怒っている。もしKC医師に何かが起これば,オリ首相の政府は,国内でも国際的にも信用を完全に失うことになる。オリ首相がもし自分の評判を大切にするなら――われわれはそう信じているが――,彼はKC医師の抗議を誠実に受け止め,彼の諸要求に応じる方法を探るべきだ。手遅れになると,取り返しがつかないことになる。」(*37)
7月18日:NMA,総決起決定。19日に全国の公私立病院,医院,診療所を救急を除き閉鎖。医療関係者は19日,マイティガルに集結せよ。責任はすべて,KCの要求に応じない政府にある。
7月19日:①リパブリカ社説「首相,手法を改めよ」――[要旨]「K.P.シャルマ・オリ首相は,民主的に選ばれた政府の長たるに相応しくないほどの傲慢さをみせている。彼は,人民や彼の党に対し,政府のあらゆる行為を――善悪にかかわりなく――是認することを求め,批判に対しては不寛容になりつつある。彼は,彼に誤った情報を伝えたり,彼の聞きたいことだけを彼に告げる『イエスマン』を身辺に集めているようだ。」(*41)
②NMA声明「政府がKC医師の要求を無視すれば,医療機関の救急も閉鎖する。結果の全責任は政府にある。」(*42)
③ロチャン・カルキNMA書記長「KC医師の命を救い,彼の要求に応えるよう首相,保健大臣,教育大臣に訴えてきた。が,政府はわれわれの訴えを聞かなかった。だから,われわれとしては,人々の治療をやめたくはないのだが,仕方なく外来診療の拒否を行うのだ。」(*42)
④NMA,医師ら医療関係者約1000人参加し,マイティガル⇒ニューバネスワル抗議デモ行進。MR・シュレスタNMA会長「これはKC医師の訴えへの支持を示す象徴的な抗議活動だ。特定の政党を支持したり政府自体への反対をしたりしているのではない。」KCの訴えを聞き入れよ,さもなければ医療サービス無期限休止。(*40,45)
⑤全国で医師も参加しKC支持デモ拡大。カルナリ州,救急を除き全医療機関閉鎖。

 
■NMAロゴ/Save Prof. Dr. Govinda KC(FB)

Dr. Govinda K.C. 15th Hunger Strike(YouTube)
 
*26 DB BUDHA, “KC supporters gather in Jumla,” Republica, July 2, 2018
*27 DB BUDHA, “We can’t treat Dr KC at present site: Doctors,” Republica, July 4, 2018
*28“Bharatpur Hospital docs stage protest in support of Dr KC,” Kathmandu Post, Jul 6, 2018
*29“Protests in Kathmandu in support of Dr KC,” Republica, July 8, 2018
*30“NMA gives govt 72 hrs tofulfill Dr KC’s demands,” Republica, July 9, 2018
*31“Dr KC rejects PM’s proposal for one-on-one by phone,” Republica, July 10, 2018
*32“Dr KC: ‘New opposition’ for govt, ‘hero’ to locals,” Republica, July 11, 2018
*33“Docs to stage hour-long rally at medical institutions,” Republica, July 11, 2018
*34“In a symbolic protest, Dr KC supporters gift Marsi rice to PM Oli,” Republica, July 13, 2018
*35“Residential doctors demonstrate in support of Dr KC,” Republica, July 13, 2018
*36 Devendra Basnet/DB Budha, “Jumla locals urge govt to come for talks with Dr KC,” Republica, July 15, 2018
*37“Editorial: 17 days of neglect,” Republica, July 16, 2018
*38 Devendra Basnet/DB Budha, “Docs prepare to place Dr KC on ventilator,” Republica, July 16, 2018
*39 DB Budha, “Struggle Committee demands safety for Dr KC’s life,” Republic, July 16, 2018
*40“Docs to shut down services except for emergency on Thursday across country,” Republica, July 18, 2018
*41“Editorial: Prime Minister, mend your ways,” Republica, July 19, 2018
*42“Health workers boycotting OPDs from today,” Republica, July 19, 2018
*43“Dr KC says govt is indifferent,” Republica, July 19, 2018
*44“After forced airlift to capital, Dr KC continues fast-unto-death,” Republica, July 20, 2018
*45“NMA protests against govt apathy to Dr KC’s demands,” Republica, July 20, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/03/24 at 09:57

カテゴリー: 健康, 政治, 教育

Tagged with , ,

ゴビンダ医師のハンスト闘争(27)

7.ハンスト:開始から終了まで
 (1)ジュムラでハンスト開始

(2)体調悪化
ゴビンダ医師は,6月30日午後3時頃から,郡スポーツ開発委員会ホールでハンストに入った。報道では,酸素吸入は受けてもグルコース(ブドウ糖)は拒否したとされているから,このハンストはおそらく水と食塩のみの最も厳しいハンストであったとみてよいであろう。

ゴビンダ医師の体調は,スポーツ開発委ホールの劣悪な環境もあって,ハンストに入って間もなく,急速に悪化していった。医学的なことは全くの専門外だが,報道によると経過はおおよそ次のようだったらしい。

ハンスト3日目の7月2には,早くも手足,頭部,胸部の痛みを訴え,尿量は200ml/日に激減。KAHS(カルナリ健康科学アカデミー)医師は,危険な状態に陥りつつあると警告した。

7月4日になると,ゴビンダ医師の体調はさらに悪化,危なくなったので,KAHSの医師らが午後5時半ころ,彼をKAHSの救急病棟に移した。以後,7月19日午後のカトマンズ強制移送まで,彼のハンストはKAHSで続けられることになる。以下,体調悪化の状況――

7月7日:手足,胸部,頭部に痛み。血圧低下,白血球減少。静脈内注入液,投与。
7月8日:酸素吸入開始。
7月11日:白血球減少,血糖値低下,血中マグネシウム低下。筋肉けいれん,嘔吐感。ほとんど話せない。
7月14日:せき。心拍異常。
7月16日:心拍異常。喉の異常,手のはれ。立てない。体重65㎏から56㎏に減少。
7月19日:常時酸素吸入開始。胸の痛み,せき。PVCs(心室性期外収縮)で心停止の恐れ。   
     ⇒⇒午後,カトマンズへ強制ヘリ移送


Solidarity for Prof. Govinda KC FB2018年7月17日/18日

*9 “Dr KC continues hunger strike in Jumla despite deteriorating health,” The Himalayan Times, July 02, 2018
*10 “DAO Jumla orders KIHS for best treatment as Dr Govinda KC’s health deteriorates,” Republica, July 2, 2018
*11 “Dr KC taken to emergency unit after his health deteriorates,” Kathmandu Post, Jul 4, 2018
*12 DB BUDHA, “We can’t treat Dr KC at present site: Doctors,” Republica, July 4, 2018
*13 “Dr Govinda KC rushed into ICU as his condition deteriorates,” Republica, July 4, 2018
*14 “Dr KC admitted to emergency ward,” Republica, July 5, 2018
*15 “Dr KC’s health ‘worsens’,” Kathmandu Post, Jul 8, 2018
*16 “Dr Govinda KC shifted to special care unit,” HIMALAYAN, July 8,2018
*17 “Dr Govinda KC shifted to special care unit,” HIMALAYAN, July 08,2018
*18 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC refuses medication,” Republica, July 10, 2018
*19 “AHRC urges govt to save Dr Govinda KC’s life,” HIMALAYAN, July 11, 2018
*20 “KAHS prepares ventilator and defibrillator for Dr Govinda KC,” HIMALAYAN, July 15, 2018
*21 “Govt forms talks panel led by Education Secy Baral,” Republica, July 16, 2018
*22 “Dr KC appeals for medical attention,” Republica, July 17, 2018
*23 “Dr KC diagnosed with hypocalcemia,” Republica, July 17, 2018
*24 “Dr KC says govt is indifferent,” Republica, July 19, 2018
*25 “Dr Govinda KC diagnosed with PVCs; govt sends helicopter to bring him back,” HIMALAYAN, July 19, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/03/20 at 16:38

早春の六甲山麓植物園

快晴に誘われ,近くの「北山緑化植物園」に行ってきた。六甲山中腹。サクラ,ツツジはまだだが,高山性や平地早咲きの花々は,早や満開,驚いた。まるで夏山のようだ。

この植物園は小規模だが,入場無料で,しかも管理がよく行き届いている。直接的経済効果はさほどないであろうが,文化的に西宮市を大いに豊かにしていることに疑問の余地はあるまい。

*自生?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/03/19 at 10:22

カテゴリー: 自然, 文化

Tagged with , ,