ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ジャーナリスト逮捕、つづく

ネパールでは、このところジャーナリストの逮捕がつづいている。別件(職権乱用)だが超大物カナク・デグジト氏逮捕に続き、様々な容疑でジャーナリストが逮捕されている事態に対し、「国際ジャーナリスト連盟(IFJ)」は、次のように警鐘を鳴らしている。
※ “Three journalists arrested in three weeks in Nepal,” The International Federation of Journalists, 26 May 2016.

(1) Manoj K. Rai (Bhadragol Kirati): Gaunle編集長
自称宗教指導者バクタ・B・ライを批判する記事を掲載した容疑で1週間以上勾留後、裁判所命令により保釈。

(2) Shesh N. Jha: Sahayatra編集長
5月22日、シェシュ・N・ジャー編集長は、反政府派の一人が首相官邸の壁に抗議の落書きをしている現場にいて、その人物と一緒に警察に拘束され、その日は釈放された。

ところが、翌23日、ジャー編集長は、同じ反政府派の人物が今度はシンハ・ダルバールの壁に抗議の落書きするのを写真に撮っているところを、その人物とともに、公安法違反容疑で逮捕された。

(3)Chandra Man Shrestha: Nepal Sandesh編集長
5月23日、ガガン・タパ議員に関する虚偽記事掲載の容疑で逮捕。根拠は、不道徳・不当な記事掲載を禁止するElectoronic Transaction法。

IFJは、これらの逮捕を非難し、表現の自由、報道の自由を保障するよう、ネパール政府に強く要求している。
©谷川

Written by Tanigawa

2016/05/30 at 10:31

人民政府不動産登記と「9項目合意」

人民戦争のころ,マオイストは支配地域において人民政府を設立し,実効支配をしていた。人民政府は,行政窓口で地域住民の身分関係変更や不動産取引などの届け出を受け付け,人民法廷で民事・刑事事件の裁判を行い,判決を執行した。それらの行政手続きや統治行為はおびただしい数にのぼるが,和平後の現在,それらはどう評価され,どこまで有効とされているのだろうか?

問題は多岐にわたるが,いまUML・UCPN「9項目合意」(5月5日)との関係で注目されているのが,人民政府の下での不動産移転登記の有効性。身近な家や土地にかかわることであり,事態は深刻だ。たとえば,ハリ・ガウタム(*)は次のような事例を紹介している。
 *HARI GAUTAM , “In the name of the people,” Nepali Times, May 22, 2016

【事例1】
ルクム郡の住民Aは2004年,Bの土地を17万3千ルピーで買い,郡人民政府で登記し,以後,その土地を耕作してきた。

ところが,2006年和平により,人民政府の土地登記は無効とされ,土地は元の所有者Bに戻されることになった。これを受け,Bは2010年,Aが耕作し続けている土地をAの隣人Cに売却し,政府事務所で登記した。

Bから土地を買い登記したCは,Aに対し土地の明け渡しを要求したが,Aは拒否。そこでCはルクム郡裁判所に訴え,土地所有権はCにあるとする判決をえた。

この判決によりAは土地を取り上げられ,これまで住んでいた村を出て別の村に移り,土地なしスクォッターとして生活している。

【事例2】
ルクム郡のDは2003年,Eの土地を買い,郡人民政府で登記した。ところが,和平後,郡裁判所はDの土地登記を無効とした。しかし,Dは土地の引き渡しを拒否し,自らの土地所有権の確認を要求し続けている。

 160527■ルクム郡役所(同FBより)

以上の2例は,多くの事例の一部にすぎない。著者によれば,ルクム郡だけで約3500家族が人民政府による土地登記を無効とされ,すでに土地を失ってしまったか,これから失う恐れがるという。なお,購入代金の扱いについては,記事では全く触れられていない。

この問題については,これまでにも繰り返し議論されてきた。2012年,バブラム・バタライ政府(マオイスト)が人民政府による不動産登記を有効とする決定をしたが,これは最高裁により無効判決が下された。

ところが,先述のように,またもやオリ首相(UML)がプラチャンダUCPN議長の求める「9項目合意」に同意し,人民政府による不動産登記を有効と認める約束をしてしまった。

このように,関係地域住民は,不動産登記に関する中央の政治決定に翻弄され続けているが,これは10年の長きにわたる人民戦争の戦後処理であり,どう決めても,どこかに不平不満が出ることは避けられない。

しかも,人民戦争は,中央政府とマオイストのいずれも決定的な勝利を得られないまま,国際社会の仲介により和平をもって終息した。そのため,内戦継続による犠牲拡大は免れたが,そのかわり和平はあいまいな妥協によるものとなり,戦後処理は,それだけ難しいものとなってしまった。

そのつけの一つが,「9項目合意」の主要項目の一つとなっている,内戦期における家や土地の移転登記の有効性をめぐる争いなのである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/05/27 at 15:06

「ネパール共産党マオイスト・センター」結成,議長はプラチャンダ

5月19日,マオイスト系10政党が結集し,「ネパール共産党マオイスト・センター」を設立した。नेपाल कम्युनिष्ट पार्टी (माओवादी केन्द्र) Communist Party of Nepal-Maoist Centre (CPN-Maoist Centre; CPN-MC)。議長はプラチャンダ(プシュパ・カマル・ダハール)。副議長など,党要職は,構成各グループの有力者に割り当てられる。

CPN-MCは,1994年結成のプラチャンダを党首とするかつてのマオイスト政党と同名であり,紛らわしい。党首と党名が以前のものと同じでは,事実上,プラチャンダの党の看板書き換えと,そこへの吸収合併ともいえるが,一応,新党の設立と説明されている。

160524b160524a 

このCPN-MCは,基本的には現行2015年憲法を支持し,その大枠の中で,人民戦争の成果を確保しつつ,犠牲者の救済を目指すものと思われる。先のUML・UCPN「9項目合意」の実行など。

これに対し,参加を拒否したネトラ・ビクラム・チャンダ(ビプラプ),モハン・バイダらは,マオイスト急進派を糾合し,ジャナジャーティなど被抑圧諸集団の権利要求を掲げ,反憲法闘争を強化していくものとみられている。

一方,バブラム・バタライが新党に参加するかどうかは,まだ不明。バタライは,マオイスト最大のイデオローグとして,またプラチャンダにつぐ実力者あるいはライバルとして,人民戦争を戦い勝利に導き,戦後は首相(2011-13)さえも務めたが,2015年9月UCPN-Mを離党,今年3月新党「新しい力・ネパール(Naya Shakti Nepal)」を設立し,自らそれを率いている。そのバタライについて,プラチャンダは,こう語っている。

「バブラム・バタライは人民戦争期の人民政府の代表であり,彼の命令の下,人民は犠牲を払い,この国を変えたのだ。だから,自分は別の道を行くことにしたといって,その責任を免れ得るものではない。それゆえ,彼に対しては,ブルジョアジーを手助けするよりも,マオイスト新党に参加するよう訴えたい」(Republica, May 20)。

これはどうみても,肝の据わった政治的勝者が右顧左眄するインテリ敗者に投げかける言葉だ。こんな呼びかけに,バタライ博士が応じることは,よもやあるまい。

160524c

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/05/24 at 16:26

在ネ外国人への警告:ネパール入管局&英国政府

1.ネパール入管局の警告表示
ネパール内務省入国管理局が,一時滞在ビザ入国外国人に対し,強い調子の警告を出している。

警告は,入管局ホームページを開くと,ポップアップで最前面に開く。いつからこの警告が出始めたのか定かではないが,ネット上で話題になりだしたのが英国人画家トラバース氏逮捕・勾留事件(5月15・16日)後のことだから,おそらくそのころからであろう。警告の要点は,次の通り。

外国人への警告(内務省入管局)
下記の規定を遵守すること
1.観光ビザ,学生ビザ,報道ビザ,親族ビザ,配偶者ビザおよび居住(residential)ビザで一時滞在の外国人が,ネパール国内で報酬付きの活動をすることは禁止されている。
2.これらの禁止行為を行った外国人は,最長10年間の再入国禁止を付け,またはそれを付けることなく,国外退去処分とする。当該外国人のビザは無効とし,5万ルピー以下の罰金に処する。
注意:一時滞在ビザの外国人には,ビザ取得目的以外の活動は許されていない。

この警告表示は,前述のように,カナダ人ペンナー氏のツイッター政府批判発言事件(5月2・3日)と英国人画家トラバース氏の反政府闘争参加事件(5月15・16日)を受けたものであろう。もしそうなら,ここでビザ取得目的外活動として特に警戒されているのは,政治的発言や政治的活動への関与ということになる。

入管局のケダル・ネウパネ局長も5月20日,こう明言している。「これまで重罪の外国人しか国外退去処分とはしなかったが,これからはネパール内政に関与した外国人をも国外退去または/および罰金に処するであろう」(Nepali Times, 20 May)。

160523■入管HPトップページ

2.英国政府の訪ネ注意勧告
画家トラバース氏が逮捕・勾留(5月15・16日)された英国は,5月19日,ネパール旅行注意を勧告した。

「ネパールでは新憲法に反対する抗議やデモやストライキが国中で頻繁に行われている。・・・・抗議行動は突然始まったり暴力化することがある。反対派と警察との衝突はどこで起こるかわからない。反対運動には近づかないこと。もしネパールで政治活動に巻き込まれたら,国外退去および/または罰金を含む処罰を受ける可能性がある。」(英政府HP)

このように,英国政府の対応はすばやいが,そこは政治大国,とりあえす注意しておいた,といったアリバイつくりであろう。前の駐ネ英国大使も,改宗の自由を認めよと平然と公言し,さっさと帰国してしまった。独立自尊の英国人が,大使館の注意勧告くらいでネパールでの行動を自己規制するとは思えない。

しかし,それはそれ。もしネパール政府が外国人の国内での政治的行為の取り締まりを報道通り強化するなら,ペンナー事件のように,在ネ外国人にはツイッター発言ですら自由にはできなくなる。これは,大変なことだ。オリ政府は,どこまでやるつもりであろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/05/23 at 11:28

英国人画家,デモ参加容疑で逮捕(5)

マーティン・トラバース氏は,体制プロパガンダ画家ではなく,住民の側に立とうとする壁画芸術家の一人である。体制に抑圧され,周縁に追いやられている人々の苦しみや怒り,そして闘いを通して見えてくる希望を壁画に描きこもうとする。彼の壁画が「政治的」となるのは当然といえよう。

このことは,トラバース氏のIgnite South Asia(April 3, 2014[?])のインタビュー「文化を搾取させるな」(*1)を見ると,よくわかる。Ignite South Asiaは,被抑圧人民の開放を唱える「過激な」組織であり,ホームページにはかつてのプラチャンダ氏など,「過激派」の面々の写真やインタビューが満載されている。では,そのインタビューで,トラバース氏は,何を語っているのだろうか?

「文化を搾取させるな:マーティン・トラバース」(*1)
(1)「新たな夜明け」について
この壁画は,先述のように,サンフランシスコ市街に描かれている。米国議会図書館も写真を所蔵し公開。トラバース氏は,こう語っている。

「ネパールで起こっていること[人民戦争]は,世界の人々にとって様々な点で希望の光であると思います。社会の底辺の人々が鎖を切り権力をとることがどのようにして可能になったのかを見ること――これが,そのころ(2000-2003年),この壁画を描いた主な動機です。」

160521■「新たな夜明け」(米議会図書館HP)

(2)ポカラ壁画について
このポカラ壁画は,トラバース氏が初めて訪ネした2012年3月の「女性の日」に描かれた。「ネパール闘争における女性の役割の重要性――それを訴えるため,何かをしたかったのです。」

160521e■ポカラ壁画(Ignite South Asia)

(3)「鎖を断ち切れ」について
「鎖を断ち切れ」は2012年4月,カトマンズの川沿いの建物の壁に描かれた。この壁画について,トラバース氏はこう説明している。

「壁画を描いていると,スラムの人々がお茶を持ってきてくれた。われわれと一つになったのだ。革命芸術運動(Revolutionary Art Movement)のメンバーと協力して描いていると,地域住民と容易に結びつくことが出来ます。」

160521f■「鎖を断ち切れ」(Ignite South Asia)

(4)芸術を人民の手に
トラバース氏は,芸術と人民解放闘争との関係について,次のようにまとめている。

「人々が壁画を好きになり描くのは,すばらしいことです。が,[それだけでは]社会の底辺で闘っている人々を描くという方向性が欠けている。先に述べたように,壁画は,そうした闘いを描くべきです。私にとって,壁画はそうしたものです。これは極めて大切なことだと思います。」

「特にネパールの歴史においては,人民戦争,すなわち貧しい人民の蜂起の精神を生かし続けるべきです。それには,壁画は良い手段です。われわれの文化を特定の人々に奪われ自分のものにされてしまうことを許してはなりません。」

「ネパールのような闘争があるところでは,闘っている人々の側が訴えようとしていることを描くことが大切です。壁画を描き始める前に,人々が何を語り,なんのために闘っているかを見極め,人々とつながり,ともに座り,顔を見合わせ,そして話を交わすべきです。人々が語ることの奥底にある思いをつかむべきです。そうしないなら,芸術は無意味となり,語りかける声をもつことはないでしょう。」

「さらに,進歩的な人々は,貧困地域の人々に芸術家になってもらうべきです。壁画を描き,芸術に参加する。世界中の芸術運動を見てもらい,人々が芸術を自分たちのものと考え,意見表明のためにその芸術をどのように使っているかを知ってもらう。公開壁画は,まさにそれです。声をあげ,聞かせよう。さもなければ,壁という壁が,広告と掲示,上中流階級芸術の声で埋め尽くされることになってしまいます。」

――以上のように,Ignite South Asiaインタビューのトラバース氏は,極めて雄弁であり,彼の壁画が周縁化され虐げられている人々の声を視覚化し代弁していることをはっきり認めている。いや,そればかりか,かれは地域住民に働きかけ,人民による人民のための壁画制作運動に参加させようとしているのだ。トラバース氏は,ネパールの被抑圧社会諸集団のことを熟知しているとみてよいだろう。

もしそうなら,そしてもし15日逮捕されたトラバース氏がこのトラバース氏なら,15日のシンハダルバール闘争のことは何も知らなかったという各紙報道,とりわけリパブリカ紙の報道は,極めて不自然,不可解と言わざるをえないであろう。

*1 “Let’s not let certain people take our culture and turn it into theirs: Martin Travers,” Ignite South Asia, April 3, 2014[?]

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/05/21 at 12:25

カテゴリー: 社会, 文化, 民主主義, 人権

Tagged with , ,

英国人画家,デモ参加容疑で逮捕(4)

マーティン・トラバース氏は,ネパールでは著名外国人の一人だと思われる。たとえば,2015年4月には,英国文化振興会(英国大使館)とカトマンズ現代美術センター(KCAC)等との共催で,「マーティン・トラバース壁画ワークショップ」を開催している。

マーティン・トラバース壁画ワークショップ
このワークショップでは,トラバース氏指導の下,ネパール人芸術家らが参加し,英ネ修好200周年記念の大壁画(長辺30m)を英国文化振興会の壁に描いた。(私は未見)

英国文化振興会(ブリティッシュ・カウンシル)HPによれば,次の壁画はカトマンズの周縁化された被差別社会諸集団のためのものとなるという。

このように,トラバース氏は,政治性の強い壁画を描いており,それを英国大使館も十分認識したうえで,彼の制作活動を支援してきたとみるべきだろう。

英国文化振興会の壁画
160520a160520b
 ■制作中(youtube)/完成後(Siddartha Art Callary

トラバース展「闘いと夢:ネパール人民への敬意」(2015年8月23日~9月6日)
160520c
 ■Siddartha Art Callary

Written by Tanigawa

2016/05/20 at 12:18

カテゴリー: 文化

Tagged with , ,

英国人画家,デモ参加容疑で逮捕(3)

英国人画家トラバース氏逮捕・釈放報道が,極めて不自然であり,とうてい信じがたいのは,トラバース氏がネパールに相当深くコミットし,ネパール事情によく通じている,と思われるからだ。彼の逮捕は,狙い撃ちではなかったか? もう一度,5月17日付リパブリカ紙「英国人釈放,座り込み『政治的参加』ではなかった」(*1)の要点を見てみよう。

「『音楽演奏の写真を撮った後,抵抗運動をしている人々の何人かに引き入れられ,彼ら多数の間に座らされ,頭にはバンダナ[ハチマキ]を巻きつけられた』と,彼は,その時の出来事を振り返りつつ,笑顔で語った。[頭の]バンダナに何が書かれているかさえ知らなかった,と彼は付け加えた。トラバースは,これまでこのようなイベントに参加したことは決してないし,今回の抗議の目的も知らなかった,と語った。」

そして,記事はこう続く。

「彼はこう語った。『私だけでなく,他国を訪れる旅行者はすべて,どのようなプログラムであれ,それに参加するのであれば,そのプログラムの趣旨を理解しておくべきだ』と。」

手の内モロ見え! 記事はでっち上げなのか? それとも,トラバース氏が,すべてわかったうえで,求められるがままに供述し,また記者に語ったのだろうか?

トラバース「新たな夜明け」(2000-03頃)
160519c
■トラバース氏が人民戦争に共感し制作(Ignite)。所在サンフランシスコ(Library of Congress)

*1 KAMAL PARIYAR, “BRITON NOT ‘POLITICALLY INVOLVED’ IN SIT-IN, RELEASED,” Republica, 17 May 2016

Written by Tanigawa

2016/05/19 at 10:49

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。