ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

キリスト教会,連続攻撃される

ネパールのキリスト教会が,2回連続して攻撃された。いずれも犯人は不明。

4月16日午後,「ネパール全国キリスト教連合(FNCN)」のサントシュ・カドカ書記が,ラリトプル・マンバワンのFNCN集会所開催のイースター集会に参加し,帰宅しようと会場を出て100mほど行ったところで,何者かに銃で腰付近を撃たれ重傷を負った。FNCNはプロテスタント教会の統括団体。

その2日後の4月18日午前3時ころ,今度はラリトプル・ドビガートの被昇天教会(Assumption Church)が,何者かの集団に放火された。教会西入口付近と聖職者住居の一部が焼け,バイク2台と車1台が全焼した。この被昇天教会は,ネパール最大のカトリック教会で,2009年には礼拝中を爆破され,3人が死亡している(*3,*4)。

今回狙われたのはプロテスタントとカトリックであり,犯人も具体的な攻撃目的も不明だが,宗派にかかわりなくキリスト教そのものが攻撃目標にされたとみるべきであろう。5月中旬の地方選との関係は,不明。


 ■被昇天教会/放火された住居と車輌(同教会FB)

*1 “Christian Federation concemns shooting of its member,” Kathmandu Post, 19 Apr 2017
*2 “Arson attack at the Catholic Church just after office secretary of Christian federation was shot,” nepalchurch.com, 20 apr 2017
*3 コミュナリズムの予兆(5)
*4 コミュナリズムの予兆(6)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/26 at 12:21

中ネ共同軍事訓練の地政学的意味

ネパール国軍と中国人民解放軍が,カトマンズの「パラ軍学校」において,初の共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」(4月16~25日)を実施している。これは,ネパールをインド勢力圏内の一小国とする伝統的な見方からすると,驚くべき新たな事態とみてよいであろう。(参照:ネ中共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」

そのことを中国政府側から明快に分析し,その意義を高く評価しているのが,『環球時報』のこの記事:
 ▼Liu Zongyi, “Indian Worry Over China-Nepal Drill Outdated,” Global Times, 21 Apr 2017
著者のLiu Zongyi氏は上海国際問題研究院の上席研究員。以下,この記事の概要を紹介する。

—– —– —– —– —–

「サガルマータの友好2017」は,テロ対策と災害救助を目的とする中国とネパールの共同軍事訓練である。ネパールは,中国と緊密な経済関係を持つに至り,「一帯一路」への参加も希望している。それには,テロ対策を進め,「この地域の安全と安定」を図ることが不可欠だ。また,ネパールは地震など災害多発国であり,災害救助訓練も必要だ。

この共同軍事訓練は,こうした目的を持つものであり,当初,大隊規模での実施を予定していたが,インドの対ネ圧力により,「パラ軍学校」での小規模な訓練となってしまった。が,たとえそうであっても,この共同訓練には大きな意義がある。

インドはこれまで,冷戦的な地政学的観点から,ネパールやブータンを「自国の勢力圏内」におき,「中国との間の緩衝地帯」として利用してきた。そして,ナショナリズムが高揚し,モディ首相が就任すると,インドは「対中強硬策」をとり,「中国が南アジアやインド洋沿いの国々と経済協力を進めることを警戒し,中国の影響力を押し返そうとしてきた」。

ネパールは,そのようなインドに「政治的,経済的,文化的など様々な面で依存してきた」。そのため「ネパール人の多くが,シッキムのように,自分たちも国家としての独立を失うのではないかと恐れてきた」。

そのネパールにとって,「この共同軍事訓練は,中ネ二国間関係が政治的・経済的・文化的なものから,軍事的防衛の領域にまで拡大したこと」,あるいは「ネパールが大国間バランス外交に向け前進したこと」を意味する。さらにまた,「中国との共同軍事訓練は,ネパール国内の民族的分離主義を抑止することにも役立つ」。

中国は,中国‐ネパール‐インドの三国間関係につき,明確な立場をとっている。中国は,ネパールが中国とインドの架け橋となることを願っている。中国‐ネパール‐インド経済回廊を前進させることにより,これら三国すべての発展を加速できる。インドが中国とネパールの協力をどう見るにせよ,中国とネパールとの協力は,両国民の利益となるものであり,拡大し続けるであろう。

—– —– —– —– —–

以上が,Liu Zongyi上席研究員の『環球時報』掲載記事の要旨。中ネ共同軍事訓練をバックに唱えられているにせよ,議論それ自体は,まったくもって正論である。ネパールが独立を堅持し,もって中印の架け橋になるとは,ネパール政府が以前から繰り返し唱えてきたネパール外交の表向きの基本方針だし,中ネ印の平和的経済発展にも反対のしようがない。

たしかに,新たな「正義と平和」は,新たな強者の側にある。ネパールは,昇竜・中国に導かれ,インドの勢力圏から脱出し,相対的により独立した「中印のバランサー」ないし「中印の架け橋」へと向かうのであろうか?


■ネ中共同軍事訓練(国軍HP)/一帯一路(Xinhua Finance Agency HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/25 at 19:10

カテゴリー: インド, ネパール, 経済, 軍事, 外交, 中国

Tagged with ,

ネ中共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」

ネパール国軍と中国人民解放軍が,国軍パラ訓練校(マハラジガンジ)において,初の共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」作戦を開始した。4月16~25日実施の予定。

ネパールは,軍事的には,これまでインドや英米との関係が深かった。ところが最近,中国が急接近,資金的にも教育訓練でも中国援助が急増している。その結果,ネパール国軍の中に,有力な親中派が形成され始めたという。

中国は2002年,バングラディシュと防衛協力協定を締結し,武器も供給し始めた。そのような関係を,ネパールやスリランカとも構築したいと中国は考えているという。そうなれば,パキスタンはすでに軍事的に中国と密接な関係にあるので,インドを封じ込めつつ「一帯一路(OBOR)」を実現するという中国の野望は,大きく前進することになるであろう。

【参照】
・2008年:中国,ネパール国軍に対し260万ドルの援助約束。
・2011年:中国,ネパール国軍に対し777万ドルの援助約束。
・2013年6月:中国,武装警察隊訓練校開設のため36億ルピー援助表明。
・2017年3月:対ネ投資会議において,中国が83億ドル(ネパールGDPの40%相当)のインフラ投資表明。
・2017年3月23-25日:中国国防大臣ら軍関係幹部がスリランカ訪問を終え,訪ネ。大統領,首相,国防大臣らと会談。共同軍事訓練について協議。中国側,ネパール国軍に対し3千2百万ドル援助を表明。
・2017年3月27日:中国,訪中したプラチャンダ首相に5月地方選援助(1億3千6百万ルピー)を表明。
・2017年4月16~25日:ネパール・中国共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」

*1 “Nepal-China Joint Military Training Commences,” Nepalese Army HP (n.d.)
*2 “10-day Nepal, China joint army drill starts today,” Kathmandu Post, Apr 16, 2017
*3 Anil Giri, “Nepal-China joint military drill begins,” Hindustan Times, Apr 16, 2017
*4 Nihar R Nayak, “China’s growing military ties with Nepal,” The Institute for Defence Studies and Analyses HP, March 31, 2017

 ■ネ中共同軍事訓練(国軍HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/18 at 18:14

カテゴリー: インド, ネパール, 軍事, 中国

Tagged with ,

咲き遅れるコブシ

コブシは早春の花。丹後では,他の木々の芽吹きの前に,いち早く純白の花を一気に開く。この鉄橋の向こうのコブシも,私の生まれるはるか,はるか昔から,そのようにして喜ばしい春の訪れを村人に告げてきた。ところが今年は,他の木々はすでに芽吹き始め,桜も終わってしまったのに,まだ咲いている。春の訪れでないとすると,なにを私たちに告げたいのだろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/17 at 16:13

カテゴリー: 自然

Tagged with ,

紹介:名和克郎「体制転換期ネパールにおける『包摂』の諸相」

これは,名和(編)『体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相』(三元社,2017年)の序章(p1-43)。ネパールにおける「包摂」の問題が簡潔に整理されている。以下,興味深く読んだ部分を中心に,紹介する。
—– —– —– —–
「包摂(サマーベーシーカラン)」は,英語inclusionの訳語として21世紀に入ってから普及した新語だが,2006年以降,「『包摂』概念と全く無縁でいることは,ほぼ不可能」となった(p4-5)。

「包摂」は,パンチャーヤット時代の「統合」とは決定的に異なり,「多様な人々を,その多様性を消し去ることなく,その一員とすることを含意」し,紛争後のネパールでは「表立って反対することの困難な,プラスの価値を帯びることとなった」(p14)。

一方,「包摂」は,「包摂される単位の明確な設定を要請する」。それは,包摂を要求する周縁的な諸集団から,それらに対抗しようとする伝統的上位身分の人々にまで及んでいる(p14-15)。

しかし,「注意すべきは,王制廃止後,国の統一的シンボルの欠如が指摘される状況にあっても,ネパールにおける『包摂』を要求する議論において,ネパールという枠組み自体が疑われることは極めて少ないということである。『包摂』は『包摂』される対象の存在を前提とするのであり,『過度の包摂への取り組みがネパールの統一性を損ない,国家を分裂させる』と主張するのは,ほぼ常に,自らを主流社会の側に位置づける人間である」((p18)。
—– —– —– —-
以上が,「序章」の中で特に興味深く思われた部分の私なりの要約である。この部分を読んだだけでも,「包摂」をめぐる問題状況が,よくわかる。

ただ,私としては,ここでは直接触れられていないが,「包摂」を実現する制度の問題が気になる。包摂する際,社会諸集団の「自治」を制度的にどこまで認めるか? 連邦制との関連でしばしば要求されているように,もし「自決権」や「分離権」まで認めるなら,そうした形での包摂への取り組みが「国家を分裂させる」恐れは十分にあるとみてよいのではないだろうか?

■NEFIN・HPより

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/16 at 21:25

カテゴリー: ネパール, 民族

Tagged with

国語としてのネパール語の位置

カナクマニ・デグジト氏が,「ネパール語の位置(ネパール語の役割)」と題した興味深い記事を『ネパリ・タイムズ』(4月7-13日号)に書いている。専門外の私には少々わかりにくい文章だが,論旨はおおよそ次のようなことだろう。(厳密には原文をご覧ください。)

ネパール語は,ネパールの国語(国家語・国民語)であり,ネパールの人々の便利な共通語(リンガフランカ)だが,その反面,それがネパールで用いられてきた他の多くの言語の衰退を招いたこともまた事実である。

歴史的にみて,ネワール語かマイティリ語あるいはヒンディ語にもチャンスはあったが,結局,国家統一した「カス」の人々の言語たるネパール語がネパールの国語・共通語になった。

特に1960年代以降,カトマンズの中央権力が国家統治のためネパール語を国語として普及させていった。また,知識人らも,ネパール語を多様な人々の住むネパール社会に適するように発展させていった。

ネパール語普及には,ゴルカ兵も大きく寄与した。ゴルカ兵は任地でネパール語を共通語として使用して習熟し,退役帰国後は,ネパール語訳『ラーマーヤナ』を持ち帰るなどして,非ネパール語地域にネパール語を広めた。

さらにもう一つ,ネパール語それ自体がきわめてダイナミックな言語だったことも,その普及に大きく寄与した。ネパール語は,複雑な思考や感情を簡潔な文章で表現できるし,擬音語(オノマトペ)も豊富だ。ネパール語は,この優れたダイナミズムにより,ネパールの他の言語とも結びつき,ネパールの国語・共通語となることができたのだ。

その結果,ネパールには,他の南アジア諸国に見られるような,英語対自国語といった言語対立・言語格差(English vs. Vernacular devide)はない。その反面,国語としてのネパール語を持つがため,外部世界との関係では島国的となるきらいがあり,今後,それが問題となるであろう。

以上がカナクマニ・デグジト氏の記事のおおよその論旨だとすると,彼はかなりのネパール語ナショナリストと見てよいであろう。しかし,国語としてのネパール語のおかげで,少なくともネパール国内には英語使用者と非使用者の間の言語に起因する深刻な対立や格差はないというのは,事実であろうか? とても,そのようには思えないのだが。


 ■様々なネパール語辞典。三枝編著『ネパール語辞典』はネパール国内書店販売のペーパーバック版。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/15 at 15:26

カテゴリー: 言語, 文化

Tagged with , , ,

紹介:名和克郎(編)『体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相』

編者によれば,本書は,立憲王国から連邦民主共和国への体制転換期(2006~2016年)のネパールの社会動態を,「包摂(サマーベーシカラン,inclusion)」を鍵概念として多角的に分析したもの。全体の構成は,以下のようになっている。

●名和克郎(編)『体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相 言説政治・社会実践・生活世界』三元社, 2017年3月17日刊,592頁,6,300円

▼帯の内容紹介
「多民族・多言語・多宗教・多文化性を前提とした連邦民主共和制に向けた転換期のネパールを生きる人びとの歩み、その主張と実践がおりなす布置を「包摂」を梃子に明らかにすると同時に、「包摂」をめぐる現象を民族誌的状況(生活世界)の中に位置付け、「統合」から「包摂」へと転換した「民主化」のいまを描きだす。」

▼目次
序章 体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相――言説政治・社会実践・生活世界/名和克郎 
第1章 近現代ネパールにおける国家による人々の範疇化とその論理の変遷/名和克郎 
第2章 ネパールの「カースト/民族」人口と「母語」人口――国勢調査と時代/石井溥 
第3章 国家的変動への下からの接続――カドギのカースト表象の展開から/中川加奈子 
第4章 ガンダルバをめぐる排除/包摂――楽師カースト・ガイネから出稼ぎ者ラフレへ/森本泉
第5章 ネパール先住民チェパン社会における「実利的民主化」と新たな分断――包摂型開発、キリスト教入信、商店経営参入の経験/橘健一
第6章 何に包摂されるのか?――ポスト紛争期のネパールにおけるマデシとタルーの民族自治要求運動をめぐって/藤倉達郎
第7章 そこに「女」はいたか――ネパール民主化の道程の一断面/佐藤斉華
第8章 テーマ・コミュニティにおける「排除」の経験と「包摂」への取り組み――人身売買サバイバーの当事者団体を事例に/田中雅子
第 9 章 ストリート・チルドレンの「包摂」とローカルな実践――ネパール、カトマンドゥの事例から/高田洋平
第10章 乱立する統括団体と非/合理的な参与――ネパールのプロテスタントの間で観察された団結に向けた取り組み/丹羽充
第11章 「包摂」の政治とチベット仏教の資源性――ヒマラヤ仏教徒の文化実践と社会運動をめぐって/別所裕介
第12章 移住労働が内包する社会的包摂/南真木人
第13章 多重市民権をめぐる交渉と市民権の再構成――在外ネパール人協会の「ネパール市民権の継続」運動/上杉妙子 
第14章 現代ブータンのデモクラシーにみる宗教と王権――一元的なアイデンティティへの排他的な帰属へ向けて/宮本万里

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/12 at 10:42

カテゴリー: ネパール, 民族

Tagged with