ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(112):空自の便乗拡大?

丹後半島には以前から空自基地があった。穴文殊(九品寺)に向かって左側のこじんまりした「経ヶ岬分屯基地」。

ところが,米軍Xバンドレーダー基地が穴文殊に向かって右側に設置されることになって以降,空自基地施設の新増設がはじまった。国道178号線沿い(米軍基地の並び)に大きな3階建ての「第35警備隊」庁舎ビル,その隣には巨大パラボラアンテナをつけた高い鉄塔2基。他にも新しい施設がいくつか見られる。(岳山「レーダー地区」の施設も増強されているようだが,進入禁止のため,詳細不明。)

軍機につきはっきりしないが,米軍基地受け入れを機に,空自基地も増強されつつあるとみてよいのではあるまいか。


 ■九品寺うらの米軍シート。視界遮断,騒音通過。


 ■米軍基地(国道沿い)/レーダードーム(手前米軍,山頂空自)


 ■空自庁舎ビル(国道沿い)/空自基地・庁舎地区

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/11/12 @ 14:23