ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

美しくなった日本の山

久しぶりに日本の山に登ってきた。といっても,運動不足の虚弱老体,新穂高ロープウェイで2156mまで登り,西穂独標(2701m)まで行ってきたにすぎないが。

150819e■美しい日本の山

感心したのは,登山道や山小屋周辺が美しくなり,文字通りゴミ一つ落ちていなかったこと。以前は,人の気配のするところには,たいていビニールや紙屑,生ゴミなどがが散乱していたが,今回,西穂を歩いた限りでは,そのようなことはまったくなかった。

これは,おそらく山関係の方々の長年の努力の結果,一般の登山者にも山にゴミを捨てない習慣が身についてきたからであろう。

これは誇るべき文化だ。こうした文化は,形成には長年の地道な努力が必要だが,破壊は簡単,誰かが無視し始めたら,すぐ元に戻ってしまう。大切に守り育てていきたいものだ。

150819d150819c
 ■西穂~奥穂:難所多し。滑落者捜索ヘリ(右図中央)

150819a150819b■まだ花盛り

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/26 @ 14:36

カテゴリー: 自然, 文化

Tagged with , ,