ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

伝統の厚みと生活の豊かさ:オーストリア

オーストリアは初めて。数カ所を2週間ほど見て回ったにすぎないが,都市も地方も美しく整っており,伝統の厚みと,それを基盤とする生活の豊かさに圧倒された。日本と比較すると,主な指標は以下の通り(「世界のランキング」,「世界経済のネタ帳」ほか)。

オーストリア 日 本
国土面積 8.4万㎢ 37.8万㎢
(北海道8.3万㎢)
人口 8.6百万人 126.9百万人
(大阪府8.9百万人)
GDP
1人当たりGDP
3,741億ドル
43,724ドル
41,232億ドル
32,486ドル
失業率 5.7% 3.4%
報道の自由度 13.2(11位) 28.7(72位)
平和度指数 1,278(3位) 1,395(9位)
男女平等度 0.733(37位) 0.670(101位)
所得格差指数
(ジニ係数)
[0%=格差0]
26.3%(132位) 37.9%(73位)
貧困率(CIA版) 6.2%(154位) 16.0%(120位)
子供貧困率 8%(29位) 16%(9位)
社会保障費割合
(対GDP)
25.48%(7位) 24.99%(11位)
 教育公費支出割合 88%(7位) 34%(26位)


これらの指標からもオーストリアの表面的な豊かさはわかるが,実際に行ってみると,そうした指標では示しきれない伝統の蓄積が街や村の品格や,そこで生活する人々の生活の文化的な豊かさを,より一層高めていることに気づかされる。オーストリアはやはり伝統と文化の国なのだ。
   
160717a 160717b
 ■ハル/メルク

160717c
 ■ドナウ西岸から東岸を望む(メルク)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/07/17 @ 02:19

カテゴリー: 文化, 旅行

Tagged with , ,