ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ゴビンダ医師のハンスト闘争(17)

6.第15回ハンスト
(1)なぜジュムラでハンストか?
ゴビンダ・KC医師(博士,TU教授)は,オリ内閣に対し,政府提出「医学教育法案」を撤回させ,「医学教育令2017年」の継承発展たる「医学教育法」を制定させるため,カルナリ州のジュムラ(人口約10万人)に行き,そこでハンストを決行することにした。15回目のハンスト。

それにしてもなぜ,ハンストのため,わざわざ遠隔地ジュムラまで行かなければならないのか? ゴビンダ医師は,こう説明している(“Dr KC to start 15th fast unto death from today, in Jumla,” Republica, 29 Jun 2018)。

「私は次のハンストをジュムラで開始することにしたが,それは私の闘いがつねに庶民のためのものだからである。地方の人々は基礎医療さえ保障されていないのに,与党有力者らは都市部を優先し,医療の営利事業化により巨利をむさぼろうとしている。」

「カルナリ保健科学アカデミー(KAHS)は2007年開設だが,医学士(MBBS)課程はまだ開設されていない(注)。共産党幹部は選挙の時は票のため人々に耳触りの良いことをいうが,選挙が終われば,人々のことなどどうでもよく,彼等との約束などきれいさっぱり忘れてしまった。だからこそ,私は政府が無視してきたここ,カルナリ[のジュムラ]において,人々と共にありたいと思うのだ。」
(注)KAHSは『暫定憲法2007年』のもとで制憲議会が開設。現在の根拠法はKarnali Academy of Health Sciences Act, 2068 (2011)


■KAHS(FBより)/カルナリ州ジュムラ郡

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/01/25 @ 16:44