ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

米太平洋軍の対ネ支援活動

在ネ米大使館が,米太平洋軍のネパール支援活動の宣伝をしている。”Multinational Planning Augmentation Team (MPAT) Tempest Express-28″, Radisson Hotel, 10-18 March 2016.

MPATは2000年設立,アジア太平洋地域の多国籍軍による戦争以外の緊急時における非軍事的作戦の立案・執行を目的とするという。それ以上のことは,軍事のことであり,私にはよくわからない。

今回の「テンペスト・エクスプレス‐28」は,ネ国軍と米太平洋軍の共催。ワークショップでは,極西部バジャン郡で巨大地震発生を想定し,図上訓練が行われたらしいが,詳細は不明。

いずれにせよ,この図上訓練にもみられるように,ネパールにおいて米軍のプレゼンスがこのところ目立ち始めているように思われる。非軍事作戦ないし軍民協力活動とはいえ,国境近くの微妙な地域における米軍参加の「作戦」であることに変わりはない。

160319■在ネ米大使館ツイッター(3月18日)

▼「うそ発見器」支援,米司法省(米大使館ツイッター3月20日)(3月20日追加)
160320■軍民協力や治安対策が目立つ最近の米支援活動

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/19 @ 19:37

カテゴリー: ネパール, 軍事

Tagged with , , ,