ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(66): 米軍幹部,続々来訪

京丹後の米軍基地へ,米軍幹部が入れ替わり立ち替わり視察に来ている。最近(日時不明*)も,「宇宙ミサイル防衛軍」マン司令官(中将)がやってきて,基地内外を視察した。(* 米軍広報は,マーシャル諸島クェゼリン米軍基地の視察後,3月12日,グアムと日本へ向け出発と発表しているので,京丹後視察はその数日後であろう。)

「宇宙ミサイル防衛軍(Space and Missile Defense Command [SMDC])」とは名前からしておどろおどろしく,SF未来戦争を思わせる。米軍の中でも,この分野では由緒正しき最先端重要部隊なのであろう。

司令官のマン中将がどのような地位の方かは,軍のことはよく知らないので,想像するしかないが,胸の記章を見ただけでも,かなりエライ方だと見てまちがいあるまい。そんな米軍の幹部が,はるばる丹後半島くんだりまで来てくださる。これはたいへんなことだ。

一方,お隣の日本側はといえば,空自分屯基地の第35警戒中隊にすぎない。記念撮影でも,どう見ても釣り合いがとれていない。米軍がこれほど重視しているのだから,日本政府も経ヶ岬基地を大幅に拡張し,宇宙戦争に対処しうる最先端拠点軍事基地とすべきだろう。

ウワサでは,すでに日本側も空自基地の拡張を始めているそうだ。さすが積極的平和主義の日本国,イケイケドンドン,米国になど負けてはいない。

150320
 ■空自分屯基地記念撮影。マン司令官右隣が第35警戒隊長

150320f150320b
 ■マン司令官/胸の記章

150320h150320i / 150320g
 ■宇宙ミサイル防衛軍章/第35警戒中隊章

[追加2015-03-21]大統領夫人,経ヶ岬駐留米兵激励
150321150321a
 ■ミシェル・オバマ米大統領夫人,第14ミサイル防衛中隊の米兵らを激励。伊丹空港,3月20日。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/03/20 @ 19:31