ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ヌアコットの山村,壊滅状態

震源に近い山村は,壊滅に近いところが少なくないようだ。情報は,現地と長年にわたり深く関わってきたNGOのものが,詳しい。

たとえば,ヌアコット(ヌワコット)郡を中心に植林活動を続けてきた「NGOカトマンドゥ」。その「NGOカトマンドゥ日記」によれば,現状は以下の通り。

【トゥプチェ】1,2軒を除いて、全戸が倒壊した。植林センターも倒壊。母の橋は健在。死者6名。行方不明、多数。
【マネ村】全戸が倒壊。死者はミンクマリさん他10人以上。
【カウレ村】死者15人。ほとんど全戸が倒壊。グンバ(チベット仏教の寺)は壁にひび割れがあるものの、健在。

救援義援金については,参照:「NGOカトマンドゥ日記」(http://nkathmandu.exblog.jp/)

150502a■ヌアコット(wiki)

150502b150502c
 ■カカニの急斜面::開墾/枝採取の女性(谷川:2002年)

また,ネパールとの交流を続けてこられた名古屋の徳林寺でも,救援チャリティーが開催される。(以下転載)

ネパール大地震義援金チャリティーイベント@徳林寺
40年以上ネパールとおつきあいしてきた徳林寺、ネパールの友人から地震 の悲惨なニュースが毎日届けられています。
この度GW限定のネパール大地震義援金チャリティーイベントを開催致します。飲食や雑貨販売、ワークショップなど売り上げをネパールの義援金と致します。期間中 ネパール罹災者への思いを捧げる<祈りの献灯>も開催いたします。

日程:5月2、3、6日12時から日没まで;4日9時から日没まで
【イベント参加者】ナンとカレー:ネパール・タマン協会中部北陸支部,ネパールの定食:徳林寺花まつりルンビニフェアグループ,ベトナム料理:ベトナム寺院福慧寺in徳林寺のみなさん,トーク・ワークショップ:名古屋パーマカルチャー塾,土釜のパン:パン亀の会。そのほか個人のチャリティー店有ります

チャリティーに出店して下さる方、ボランティア募集中 物資も受け付けます。
5月3、4日午後6時から— ネパールの罹災者へ祈りを込めて— 百八灯明を点して祈ります

会場: 相生山 徳林寺 名古屋市天白区天白町野並相生28-340  地下鉄「鳴子北」「相生山下車」徒歩十分
主催:ネパール大地震義援金ST @徳林寺(http://www.aioiyama.net/)

高岡住職、徳林寺境内を案内 @みんなの家プロジェクト
徳林寺 つながりの朝市
150502d(徳林寺HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/05/02 @ 14:12

カテゴリー: ネパール, 社会, 国際協力

Tagged with , ,