ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(106):文化侵略尖兵としての米語道路表示

京都新聞(1月13日)によれば,京都府庁は,米軍人・軍属のために,アメリカ語の道路情報表示を始めた。
  Beware Icy Road(路面凍結注意,凍結注意)
  Caution Heavy Snow(大雪注意)
植民地根性丸出し,卑屈この上なし! 米国人がやってきて運転するのなら,日本語表示を学んでからにすべきだ。

そもそも,アメリカ語より日本語(中国渡来漢字)の方が,はるかにわかりやすい。「Beware Icy Road」は13文字もあるのに,「路面凍結注意」は半分の6文字,「凍結注意」なら1/3の4文字。「Caution Heavy Snow」となると,16文字もあり,だらだらと,しまりがない。日本語なら,「大雪注意」,わずか4文字,1/4ですむ。断然,日本語(中国渡来漢字)表記の方が合理的だ。

このわずか4ないし6文字の日本語が覚えられないはずがない。もし,どうしても覚えられないなら,そんな人物に車運転の資格はない。日本政府は,もし独立主権国家の政府であるのなら,彼らの運転を断固拒否すべきである。

▼基地交付金で設置された住民監視カメラ
170114a170114b
 ■経ケ岬バス停/京丹後大宮IC入口

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/14 @ 18:45