ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(74):大使訪問情報隠しのハシゴ外し

京丹後市は,6月25日のケネディ大使訪丹について,親善・観光を前面に出すことによって,その「政治性」ないし「軍事性」を薄めようと涙ぐましい努力をしてきた。

が,そんなこと,米軍は知ったことじゃない。さっそくFBなどで,訪問を世界に向け宣伝し,そしらぬ顔で京丹後市のハシゴを外してしまった。米軍の常套手段。これから先,同じようなことが次々と繰り返されることになるだろう。

米軍は進駐軍であり,大本では治外法権。進駐先の現地人との約束など,守りはしない。沖縄を見よ! 

それでも「住民にとっての安全・安心が第一」などといった口約束を信じるとしたら,よほどのお人好し。「安全と安心」は,駐留米軍にとってのものであり,基地周辺の行政組織はその目的のために動員される。これから先,そのことも次々と事実により証明されて行くであろう。

▼経ヶ岬通信所視察
150629a150629e
 ■建屋外部。左上監視カメラ(基地FB6月27日)/基地海側(同6月28日)

150629c150629f
 ■建屋内(基地FB6月27日)/駐留軍閲兵は大使職務:三沢基地(米大使館FB6月11日)

▼「住民」との懇談
150629b住民はどこに?(基地FB6月27日)

▼「和み庵・空と海」(丹後町平)で昼食
150629d■米好みの和風(基地FB6月27日)
150629h150629i
 ■基地()の西近く。米軍御用達となるか?(空と海FB)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/06/29 @ 13:43