ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

パタン震災,観光にさして支障なし

パタン旧市街は,まだ古い家がたくさん残っているので,地震被害は,カトマンズ市街に比べ,はるかに大きい。いたるところで家屋がツッカイ棒で支えれている。見るからに痛々しいが,しかし,それでも倒壊は思ったより少ない。

寺院はいくつか倒壊したが,すでに瓦礫はきれいに片づけられ,見て歩くに特に大きな支障はない。寺院周辺の趣のある古い店や喫茶食堂の多くも健在。のんびり歩きながら,古き良きネパールを存分に楽しめる。

街では,いつものように山鉾を立て,祭りを楽しんでいた。収穫と雨の神様,マッチェンドラナートの祭らしい。ブンガマティのはずれに大きな山鉾が立っていたが,パタンのこの小ぶりの山鉾はそれを迎えに行くものという。地震被害で巡行は延び延びになっているが,それでも修理し何とか祭りをやろうとする。家々をツッカイ棒で支えつつ,祭りは楽しむ。やぼな自粛はなし。粋だ。

というわけで,パタン観光は,必要な注意さえしておれば,特に危険ということはない。危険性から言えば,バイクや車の方が,何倍も危険だ。傍若無人,凶暴とさえ言ってもよい。ネパール観光は大いに楽しみつつも,バイクと車には,くれぐれもご用心いただきたい。

▼ツッカイ棒で支えられる家屋や寺院
150724a150724c

150724b150724f

▼伝統的家屋/寺院修理
150724d150724h

▼パタン・ダーバー広場
150724j

150724k

150724g150724i

150724l

▼1階お土産・2階食堂喫茶/果物屋さん
150724m150724n

▼マッチェンドラナート山鉾
159724o150724p

150724q

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/25 @ 15:04