ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

震災深刻(6): ブンガマティ

ブンガマティは,コカナの南方2~3Kmのところにあるネワールの古い村ないし町。コカナ~ブンガマティ間は,つい最近まで田畑の中の田舎道であり,ところどころに伝統的な彫刻や手織りやタンカ工房があり,それらを冷かしながらぶらぶら散歩するのに最適のコースであった。いまでは,少し家屋が増えたが,それでものどかな田舎道に変わりなく,地震以前は,外国人旅行者ともときどき途中で出会ったものだ。それが,今回は,一人も見かけなかった。

コカナから歩いてブンガマティに入ったとたん,あまりの激しい崩壊に,茫然自失。爆撃を受けた町のようだ。コカナ以上の惨状。

ブンガマティは,趣のある調和のとれた美しい町だったのに,この損壊の状況では,復元は難しいであろう。

それでも,驚くべきは,町の人々。他の被災地でもそうだったが,ここブンガマティでも,被災家族が,ごく自然な当然の作業をしているかのように,黙々と損壊した自宅の後片付けや取り壊しをしていた。状況が絶望的なだけに,ネパール庶民の不屈の精神と力強さを深く印象付けられた。

▼震災以前のブンガマティ
 コカナとブンガマティ  ブログ内検索:ブンガマティ

▼損壊家屋
150723a150723b

150723c150723d

150723e150723f

150723g■周囲の家屋ほぼ全壊

150723h150723i

150723j150723k

150723l150723m

150723n150723o

150723p150723q

150723r

▼仮設住宅
150723s

▼寺院健在
150723t■記憶では数年前修理済み。

150723u■寺院内は避難所として使用。

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/24 @ 17:40

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行

Tagged with , ,