ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

憲法原案に対する修正,46案提出

「2072年ネパール憲法原案」に対する修正案の提出が9月5日締め切られた。同日夜のリパブリカ紙(*3)によれば,提案は46に達した。

NC,UML,UCPNは,3党共同修正案を提出。7州は維持するが,その代わり次の修正を行うことを提案した。
 (1)「連邦制委員会」を憲法で設置し,ここに未確定部分の州区画を委任する。
 (2)「世俗国家」規定は残すが,伝統的宗教に関する注記を付す。
 (3)比例制当選に必要な最低得票率は設定しない。
 (4)独立の憲法裁判所は設置しない。そのかわり,最高裁判所内に憲法裁判部を設置。
 (5)「ジャナジャーティ委員会」,「ムスリム委員会」,「マデシ委員会」「タルー委員会」を憲法で設置。

これに対し,NCやUMLの何人かの議員は,党の修正案に満足せず,制止を無視し議員個人として修正案を提出した。また,RPP-Nなど他の諸党も修正案を提出した。

こうして,結局,修正案は総数46にも達した(5日夜現在,*3)。これからの審議がどうなるか,気になるところだ。また,制憲過程から降りてしまい,外から反対運動をすることになったマデシ系の動きも,それ以上に気になる。3大政党は,このまま「特急手続き」で強引に突っ走り,憲法制定を実現することができるのであろうか?

150903

[参照]
*1 “Big 3 register amendment proposal at CA,” Kathmandu Post,Sep 6,2015.
*2 “Three parties decide to stick to 7-state model, federal commission to resolve demarcation dispute,” Kathmandu Post,Sep 5,2015.
*3 “THREE MADHESI PARTIES INCLUDING MPRF-D EXIT CA PROCESS,” REPUBLICA,05 Sep 2015

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2015/09/06 @ 20:01