ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ネパールの屋外広告: アサが来る

ネパールには,原色の赤と濃紺がよく似合う。これはメガ銀行と,その前面道路側の震災復興キャンペーン。

この銀行の建物は,以前はたしか英国文化会館。2階建てだったとおもうが,記憶違いかもしれない。いずれにせよ,なかなか趣がある。向かいは,これまた伝統的な選管の建物。隣は,およそ非文化的なアメリカンクラブ。英米といっても,文化的には大違いだ。

道路側は震災復興を願う「希望(アサ)の壁」。これは,「ベルリンの壁」,「イスラエル分離壁」などとは正反対。ネパールでは,壁には,レンガ造りの建物のように,目標に向け一つ一つ積み重ねていくという,積極的な意味もあるようだ。

151209a

151209b

151209c

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/09 @ 15:09

カテゴリー: ネパール, 文化

Tagged with , ,