ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(107):イースターで子供の米軍馴致

今年もまた,京丹後進駐米軍がイースターを利用して子供たちを洗脳し,その成果をあっけらかんと世界に向け宣伝している。米国国益のためなら,アジア辺境地の「無邪気な子供たち」のプライバシーなど,はなから問題にならない。

EASTER EGG HUNT」4月15日
(1)会場:京丹後文化会館 主催:米陸軍経ケ岬通信所 共催:京丹後市国際交流協会
(2)会場:道の駅てんきてんき丹後 主催:米陸軍経ケ岬通信所

招待されたのは,3歳から12歳までの子供たち。会場では,軍人,軍属ら米軍関係者が,おやつ付きで楽しく遊んでくれる。こんなことを繰り返せば,子供たちはごく自然に米軍に馴れ親しんでいく。そして,数年,おそくとも十数年もすれば,彼らは親米軍の日本国有権者となるわけだ。

一般に英米は,総合的な長期戦略に長けている。京丹後での米軍馴致作戦も,その典型だ。一見迂遠に見えるが,結局はそれが,米国防衛のための日本国土利用を,より安定的・効率的とし,そしてまた,より安上がりとするのだ。

さらにもう一つ注意すべきは,イースター(復活祭)は宗教儀式でもあるということ。もともとの起源は定かではないが,一般にイースターは「イエス・キリスト復活記念日」とされ,世界各地のキリスト教会で特別なイースター礼拝が執り行われている。

「EASTER EGG HUNT」は,そのキリスト教儀式としてのイースターを祝う祭事。それを米軍と京丹後市国際交流協会が共同で開催し,そこに地域の子供たちを招く。京丹後市国際交流協会には京丹後市から「運営補助金」や「事業補助金」が出されているから(今年度補助金額不明),「EASTER EGG HUNT」は直接的あるいは間接的に公金補助を受けていることになる。

このように,米軍と京丹後市は,基地運用開始からわずか2年余にして,はやズブズブの関係,市役所は米軍奉仕にこれ努めている。日本は,わざわざミサイルなどぶち込まなくても,こうして半植民地化できる。安上がり。感謝されさえする。もって範とすべし。


 ■ゲームとお菓子と英語と米軍(宣伝ポスター)/京丹後市国際交流協会FB(子供の顔消去)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/27 @ 19:42