ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

地方選:2大政党善戦と選挙運動の変化

地方選(5月14日投票)の開票はまだ少し残っているが,全体としてみると,2大政党,とくにUMLが善戦,マオイストは地盤のルクム,サルヤンなど地方で底力を見せたものの,市長,副市長レベルでは2大政党(UML,NC)の半分以下の当選者となった。

 政 党  市長  副市長(5月22日現在)
 UML   117  130
 NC    103  83
 MC    46   48
 RPP    1    5
 その他   6    8

プラチャンダ首相(マオイスト)は,前期地方選「成功」を手に近日中に辞任し,NCのデウバ党首に首相職を譲る予定。これによりNCとの連立が継続できれば,マオイストは連立与党としての様々な特権を維持できる。(後期地方選直前の首相たらい回しには批判も出ているが。)

今回の地方選は,選挙運動の変化にも注目されている。各党とも動画や応援歌をつくり,ネットにも掲載し,派手な選挙運動を繰り広げた。以下は,主要政党ユーチューブ映像の一部(ナヤシャクティ以外は動画)。


 ■NC(https://youtu.be/JGEgnmd7AZg) / UML(https://youtu.be/KF55n-7I2hw)


 ■MC(https://youtu.be/GDO-B-fHoW4) / Naya Shakti(https://youtu.be/BnaAfaObTFs)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/05/22 @ 22:32

カテゴリー: ネパール, 選挙, 情報 IT

Tagged with