ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

チベット鉄道ネパール国境延伸,2020年

中国日報(4月7日)が,また上海ーチベット鉄道のネパール国境延伸について報道した。

チベット鉄道は,すでに2014年8月15日,ラサ・シガツェ間(253km)が開通。次は,シガツェ・吉隆[Gyirong,Jilong]間(540km)を2020年までに開通させると,習主席が,この3月のBOAOアジアフォーラムにおいて,ヤダブ大統領に語ったというのだ。

150409b ■左より吉隆・シガツェ・ラサ(Google)

このBOAOアジアフォーラムでは,ヤダブ大統領がシルクロード経済圏とアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を積極的に表明し,中国側を喜ばせた。

もちろん,ネパールには参加のメリット大だ。A.ギリによれば,ネパール政府高官がこう語ったという。――道路等のインフラ建設には巨額の資金が必要だ。「だから,ネパールとしては,400億ドルの基金で始められるシルクロード構想やネパールも創設メンバーになる中国主導アジアインフラ投資銀行を通した中国からの援助を,さらに多く獲得したいと考えている。」(Amil Giri,”China to extend new aid package: President’s visit to Boao asia forum,” Ekantipur,Mar 25, 2015)

習主席が約束した対ネ援助は,145億ルピー/年。これによる事業は――
 (1)コダリ道路改良
 (2)ラスワガディーカトマンズ道路建設
 (3)ジョムソン(ムスタン)ーベニ(ミャグディ)道路建設

こうして中国援助で「陸のシルクロード」道路整備されていくと,いずれチベット鉄道のカトマンズ乗り入れということになる。国境までが2020年に開通するとすれば,カトマンズ延伸も,そう先のことではあるまい。

それにしても,3月のBOAOアジアフォーラムのことを,また報道したのはなぜか? 大詰めのAIIB発足へのだめ押し,景気づけといったところであろうか?

150409 ■BOAOアジアフォーラム

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/10 @ 12:09