ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

震災深刻(5): コカナ

コカナは,パタンの南方6~8kmのところにあるこじんまりしたネワールの村ないし町。古いレンガ造りの家並が長い時の流れの中でじっくり熟成し,落ち着いた独特の雰囲気を醸し出していた。世界文化遺産候補。

そのコカナが,今回の地震で大きく損壊した。コンクリート使用建物は,少々古くてもすべて無事のようだったが,レンガ積みの古い家は多くが全壊または半壊していた。3か月経っているので,倒壊した家々の壁は元の土に戻り,通路や宅地に土手か小山のようになって堆積している。しばし呆然,涙なくして見られない光景だ。

崩壊家屋の間の狭い通路には,ショベルカーが入り,家々の残骸を掬い取り,ダンプカーで次々と運び出していく。鉄筋も固いコンクリート片もほとんどないので,作業はみるみる進んでいく。文化は熟成に長年月を要するが,破壊は一瞬だ。

古い家並が残っているところもあるにはあるが,これだけ多数の家屋が損壊してしまうと,もとの姿に戻すのは困難であろう。コカナには,援助機関が多数入り,テントや仮設住宅の設置など,活発な支援活動を展開している。

▼震災以前のコカナ
 コカナとブンガマティ ブログ内検索:コカナ

▼崩壊をまぬかれた古い建物
150722a150722b

150722c

▼崩壊家屋/後片付け/崩壊家屋撤去
150722d150722e

150722f150722g

150722h150722i

▼仮設住宅と救援活動
150722j150722k

150722l■ワールドビジョンは,掲示によれば,一定の条件を付けたうえで,特に支援が必要な被災家族に現金7500ルピーを配布。

▼コカナの下方の田園風景
150722m

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/23 @ 14:59

カテゴリー: 自然, 国際協力

Tagged with ,