ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

震災救援の複雑な利害関係(2):インド政府「ともだち作戦」(1)

ネパール震災に際し,最も迅速にして最大の救援活動を展開したのは,インド政府である。駐ネ印大使によれば,インド政府は,地震発生直後から救援準備に入り,6時間以内に,インド空軍機が「NDRF(国家災害対応部隊)」の隊員と救援物資を積み,トリブバン空港に到着した。

以後,インド政府は,ネパール震災救援活動を「ともだち作戦(Operation Maitri)」と命名,陸軍・空軍を中心に,「積極的(proactive)」な救援活動を繰り広げてきたのである[a]。

150511d■[d]

1.「ともだち作戦」
「ともだち作戦(Operation Maitri)」は,正式には地震翌日の4月26日に発足し,ネパール政府が外国救援隊撤収要請を出した5月4日をもって満了する。(救援活動そのものは継続)。

この「ともだち作戦」には,外務省,内務省,NDMA(国家防災委員会),気象局が参画しているが,実働部隊の中心はむろん軍である。作戦全体をまとめたものはまだ見当たらないが,5月4日の駐ネ印大使の説明によれば,それは,おおよそ次のようなものであった[a]。(漏れや重複があるかもしれない。)
 ・空輸:32フライト,物資520トン(テント,毛布,薬,食糧,飲料水,救急用品,酸素ボンベなど)
 ・陸送:トラック450台,4500トン
 ・野戦病院:2
 ・救急医療隊:18
 ・工兵隊:18
 ・NDRF(国家災害対応部隊):18
 ・航空機,ヘリ(カトマンズ基地,ポカラ基地):「Mi17」8,「ALH」8
 ・救出:傷病者900人,他1700人
 ・治療:2600人(うちゴルカのバルパクで1170人)

これとは別の説明としては,NDMA発表(Aggregate Report on Relief Materials as on 08 May 2015)がある。救援概要は以下の通り[b]。
 ・調理済み食品(トン):1331(空軍118,列車131,トラック1082)
 ・飲料水(トン):334(空軍94,列車47,トラック193)
 ・薬品(トン):10(空軍5,列車5)
 ・毛布(枚):126609(空軍16500,列車35040,トラック75069)
 ・テント(張):8131(空軍2125,列車2817,トラック3189)
 ・防水布(枚):132718(空軍2590,列車7304,トラック122824)
 ・トラウマ治療隊:31人
 ・医療隊:70人(ビハール州ほか3州政府)

150511a150511b■[d]

2.インドの救援活動地域
インド救援隊は,軍の救援作戦本部をカトマンズに置き,以下のような地域で活動したとされる(順不同,インド内もあるかもしれない)。[b&c]。
Lukla, Dhading, Millanchi, Gorkha, Chautara, Charikot, Melum, Aroghat, Dhunche, Trishuli, Ramchap, Barpak, Narayan Chor, Namchi Bazar, Tatopani, Jorbat, Dolakha, Pokhara, Basantpur, Kathmandu, Balaju Bypass, Chaumati, Maharajgunj, Gongbhu, Brijeshwari, Basundra Namunatol, Tilangana, AD Artilery, Budget Hotel Thamel, etc.

150511g150511h
 ■各国都市部救援隊(OCHA4月29日)[e]/各国軍救援拠点(MNMCC5月11日)[e]
[参照]
[a]”Press Release on briefing by Ambassador Ranjit Rae to the diplomatic community and India’s ongoing relief assistance to Nepal,” http://www.indianembassy.org.np/(在ネ印大使館HP,5月4日)
[b],NDMA,”Aggregate Report on Relief Materials as on 08 May 2015,” http://www.ndma.gov.in/en/operation-maitri
[c]”Non-stop Operation Maitri continues in Nepal,” bdnews24.com,2015-05-02
[d]https://twitter.com/hashtag/OperationMaitri?src=hash
[e]Nepal Risk Reduction Consortium, https://twitter.com/NepalDRR
【以下次回】

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/05/10 @ 20:53

カテゴリー: インド, ネパール, 軍事, 国際協力

Tagged with ,