ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ゴビンダ医師,10回目ハンスト開始

トリブバン大学医学部(IoM, TU)教育病院のゴビンダ・KC医師が11月13日,ハンストを開始した。9月26日開始の前回ハンストは,ダサイン入りとともに終了。今回はその再開であり,通算10回目となる。

1.ゴビンダ医師の要求
ゴビンダ医師の要求は,医療制度と医学教育の改革であり,一貫している。現在の具体的な要求は,次の通り。
 ・医科教育法を速やかに制定せよ。
 ・医科教育不当介入のカルキCIAA委員長の弾劾。
 ・トリブバン大学副学長へのTR・カニヤ教授の任命に反対。
 ・トリブバン大学医学部長は年功により選任せよ。

2.医学部利権
医学部は大組織であり,関係利権も巨大である。たとえば,TU医学部は現在,医学教育をする連携カレッジを8校承認(affiliate)している(下掲リスト参照)。これらのカレッジは,入学定員増を図るため,有力者に関係機関への口利きを頼む。あるいは,利権を狙う有力者が,新たな医科カレッジを承認させようとしてTUに圧力をかける。TUの副学長(事実上の学長)や医学部長は,そうした働きかけの最大のターゲットであり,事実,CIAAを含む様々な政治勢力により,これまでに幾度も医学部長が任期途中で交代させられたという。

3.年功人事の「合理性」
ネパールでは,いまもってアフノマンチェやチャッカリが蔓延し,利権が構造化されている。そうしたところでは,能力主義・評価主義といっても,実際には人事への外部介入やコネ人事の口実とされてしまう危険性が高い。いまのネパールでは,近代的な能力主義,業績主義よりも,むしろ年功制の方が実際には「公平」であり「合理的」であるといわざるをえない。ゴビンダ医師が医学部長の年功選任を要求するのも,おそらくそのような考えからであろう。

今回のハンストでは,ゴビンダ医師は,医学部長へのKP・シン教授の選任に反対し,年功どおりJP・アグラワル教授を選任すべきだと主張している。年功どおりでないと,結局,医学マフィアに踊らされる利権的政治任命となってしまうからだという。

[参照]Tribhuvan University (T.U) affiliated
Institute of Medicine (IOM); Universal Medical College (UCMS); National Medical College (NMC); Janaki Medical College (JMC); KIST Medical College (KISTMCTH); Chitwan Medical College (CMC); Gandaki Medical College (GMCTHRC); Nepalese Army Institute of Health Sciences ( NAIHS). (Source List of Medical Colleges Of Nepal, MEDCHROME)

161120

*1 “Dr KC warns of another fast,” Kathmandu Post,” Sep 4, 2016
*2 “Dr KC begins 9th fast-unto-death,” Kathmandu Post, Sep 26, 2016-
*3 “Cabinet fails to dwell on Dr KC’s demands,” Kathmandu Post, Sep 28, 2016
*4 “Dr KC begins his 10th hunger strike,” Kathmandu Post, Nov 13, 2016
*5 “What does the IoM dean issue mean? Orthopedic surgeon Govinda KC’s protracted fight against ‘political hand-picking’ continues,” Kathmandu Post, Nov 16, 2016
*6 “Dr KC in frail health on 6th day of fast-unto-death,” Kathmandu Post, Nov 18, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/20 @ 16:45