ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

紹介:名和克郎(編)『体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相』

編者によれば,本書は,立憲王国から連邦民主共和国への体制転換期(2006~2016年)のネパールの社会動態を,「包摂(サマーベーシカラン,inclusion)」を鍵概念として多角的に分析したもの。全体の構成は,以下のようになっている。

●名和克郎(編)『体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相 言説政治・社会実践・生活世界』三元社, 2017年3月17日刊,592頁,6,300円

▼帯の内容紹介
「多民族・多言語・多宗教・多文化性を前提とした連邦民主共和制に向けた転換期のネパールを生きる人びとの歩み、その主張と実践がおりなす布置を「包摂」を梃子に明らかにすると同時に、「包摂」をめぐる現象を民族誌的状況(生活世界)の中に位置付け、「統合」から「包摂」へと転換した「民主化」のいまを描きだす。」

▼目次
序章 体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相――言説政治・社会実践・生活世界/名和克郎 
第1章 近現代ネパールにおける国家による人々の範疇化とその論理の変遷/名和克郎 
第2章 ネパールの「カースト/民族」人口と「母語」人口――国勢調査と時代/石井溥 
第3章 国家的変動への下からの接続――カドギのカースト表象の展開から/中川加奈子 
第4章 ガンダルバをめぐる排除/包摂――楽師カースト・ガイネから出稼ぎ者ラフレへ/森本泉
第5章 ネパール先住民チェパン社会における「実利的民主化」と新たな分断――包摂型開発、キリスト教入信、商店経営参入の経験/橘健一
第6章 何に包摂されるのか?――ポスト紛争期のネパールにおけるマデシとタルーの民族自治要求運動をめぐって/藤倉達郎
第7章 そこに「女」はいたか――ネパール民主化の道程の一断面/佐藤斉華
第8章 テーマ・コミュニティにおける「排除」の経験と「包摂」への取り組み――人身売買サバイバーの当事者団体を事例に/田中雅子
第 9 章 ストリート・チルドレンの「包摂」とローカルな実践――ネパール、カトマンドゥの事例から/高田洋平
第10章 乱立する統括団体と非/合理的な参与――ネパールのプロテスタントの間で観察された団結に向けた取り組み/丹羽充
第11章 「包摂」の政治とチベット仏教の資源性――ヒマラヤ仏教徒の文化実践と社会運動をめぐって/別所裕介
第12章 移住労働が内包する社会的包摂/南真木人
第13章 多重市民権をめぐる交渉と市民権の再構成――在外ネパール人協会の「ネパール市民権の継続」運動/上杉妙子 
第14章 現代ブータンのデモクラシーにみる宗教と王権――一元的なアイデンティティへの排他的な帰属へ向けて/宮本万里

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/12 at 10:42

カテゴリー: ネパール, 民族

Tagged with

宝塚の桜

宝塚の桜は,4月9~10日が満開。あいにくの小雨,曇天だったが,電力補助自転車(*1)で,ちょっと回り道し見てきた。

最も風情があるのは,山麓古道沿いの古木並木の桜。宣伝されないので近所の人しか来ないが,実に美事。花見客に見られ囃され誉めそやされることなく,それでも古道を包み隠さんばかりに咲き盛る桜は,この上なく華やかで,そして切ない。生のはかなさ,死の予感さえ抱かせる。たしかに日本人好み。死の美化にさんざん利用されてきたのも,もっともだ。

これと対照的なのが,宝塚歌劇場付近の桜。美しくはあるが,古道沿いの桜のような切なさ,哀愁は感じさせない。観光用の見世物であり,だから写真にとっても,魂を抜かれたり,祟られたりすることはない。

▼宝塚歌劇場付近の桜

(*1)蓄電池使用の電力補助自転車は優れもの。急坂でも難なく登れる。ただブレーキ制動力が弱く,速度を出すと危険。賠償保険加入を義務付けるべきだ。性能向上は革命的であり,電力補助98%といった高性能自転車も出るだろうが,これは自転車?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/11 at 10:07

カテゴリー: 文化, 歴史

Tagged with ,

習近平『中国の統治』ネパール語版の出版

昨年末のことだが,習近平主席の『中国の統治』ネパール語版が出版され,ネパール大統領公邸で盛大な出版披露会が挙行された。
■ネパール語版披露(在ネ中国大使館HP)

『中国の統治』原本は,2014年10月(9月?)発行。習主席の2012年11月~2014年6月の演説,談話,覚書,書簡など79編を収録しており,5百頁余の大著。中国語(簡体字版・繁体字版),英語,仏語,独語,露語,アラビア語,スペイン語,ポルトガル語,クメール語,タイ語(2017年4月7日),日本語の各言語版があり,5百万部以上発行された。2017年3月25日現在,1千7百万部突破。大国の大著の世界大ベストセラーだ。

ネパール語版は,「中国研究センター」が担当した。在ネ中国大使館,中国情報部,中国外国語出版局など中国側も全面的に協力し,1年かけて慎重に翻訳し,2016年12月出版にこぎつけたのである。

ネパール語版『中国の統治』の出版は,ネパール大統領公邸で,BD・バンダリ大統領と刘奇葆中国共産党政治局委員によりにぎにぎしく披露された。その席で,バンダリ大統領はこう述べた。
バンダリ大統領:「この本は,中国の統治制度や中国指導部のビジョンについて述べており,われわれの世界理解を深めてくれる。」中国は信頼する友であり,ネパールの発展を支援してくれている(*1)。

また,翻訳出版した「中国研究センター」のマダン・レグミ所長も,出版の意義を高く評価している。
マダン・レグミ所長:「この本は,ネパールの人々,とりわけ政策担当者にとって,今日の中国を正しく理解し学ぶための完璧な手引きである。ここには中国の理念,統治と法の支配の方法,そして国の将来設計が明確に述べられており,われわれのような近隣諸国にとっては大いに勇気づけられる本である。」ネパールの指導者らは,中国の発展と改革から学ぶべきである(*1)。

ネパール語版『中国の統治』は,出版されるとすぐ500部が売れたという。すごい! これほど売れるのなら,『美しい国へ』のネパール語訳出版も考えてみてよいのではないか? 日本には著者の意を忖度できる愛国的翻訳者・出版者はいないのだろうか。(参照:安倍首相の怪著「美しい国へ


■カンボジア副首相出版披露(新華社2015年2月22日)/タイ語版出版(新華社2017年4月8日)

*1 “Nepali edition of Xi’s book on governance launched in Nepal,” Xinhua, 19 Dec. 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/10 at 17:17

カテゴリー: ネパール, 外交, 中国

Tagged with

中国のネパール地方選支援,インドが懸念

インドが,中国によるネパール地方選支援を警戒している。(参照:ネパール地方選を中国援助)たとえば,インドのフリー・ジャーナリストのジヌーク・チョウダリーは,「ネパール地方選を中国はなぜ支援するのか」(*1)において,次のように述べている。

中国は,プラチャンダ首相の訪中の際,ネパール地方選への百万ドルの支援を表明したが,これは「ネパールの紛争を煽るもの」だ。なぜ中国は,あえて選挙支援に踏み切ったのか? それは,「一帯一路(OBOR)」推進を図る中国にとって,ネパールがますます重要となってきたからだ。中国は,カトマンズ環状道路(第二期工事),ポカラ国際空港,仏陀国際空港,セティ水力発電所などの建設に意欲を見せている。中国は,こうした事業を進めるため,ネパールの政策決定への影響力を確保しようと考えており,今回の地方選支援もその一環にほかならない。

チョーダリは,1年前の別の記事「中国インフラのインド国境付近での拡充」(*2)においても,中国は「国境地域の防衛戦略強化のため,ネパール,パキスタンなどの近隣諸国を利用している」と,インドの安全保障の観点から警鐘を鳴らしている。

このように,ネパールへの中国の影響力の拡大は経済的にも政治的にも座視しえないというインド側からの議論が,このところ目に付くようになってきた。

■一帯一路(Xinhua Finance Agency HPより)

*1 Jhinuk Chowdhury, “Here’s why China is financing local elections in Nepal,” Hindustan Times, Apr 03, 2017
*2 Jhinuk Chowdhury, “Expanding Chinese Infrastructure on the Indian Border,” Live Encounters, May 2016
*3 Kallol Bhattacherjee, “China to fund local elections in Nepal,” The Hindu, March 30, 2017
*4 “China Promises USD 1 Million For Nepal Polls During Xi-Prachanda Meet,” News 18, March 27, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/09 at 19:44

春爛漫の小旅行

久しぶりに上京し,大塚の「ネパリダイニング・ダルバート」で正調ネパール料理をいただきながら,ネパール関係の友人と楽しく歓談した。翌日は,快晴の桜に誘われ,今や戦後復興の象徴ともなっている「東京タワー」や,明治・大正期に日本各地の建築物が移築され多くが重文指定されている横浜三渓園を見物した。そして,帰途,湯河原から忍野八海にまで足を伸ばし,霊峰富士をふもとから遥拝してきた。春爛漫,楽しい小旅行であった。

■「ダルバート」(4月2日)


■東京タワー(増上寺4月3日)/三渓園(4月3日)

■富士山(三国峠4月4日)

■富士山(401号線駿河台4月4日)

■富士山(忍野八海4月4日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/05 at 20:32

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行

Tagged with , , ,

ネパール地方選を中国援助

プラチャンダ首相が訪中し,3月27日,習近平主席と会談した。会談後,中国政府は,ネパールの5月地方選に対し,1億3千6百万ルピーの援助をすると発表した。

あれあれ,ネパール政府は,次の選挙では外国援助を受けないと宣言していたのではなかったかな?(参照:地方選,5月14日投票)それを知ってか知らずか,よりによって人民民主主義の中国が多党制民主主義のネパールの選挙を支援する。興味深い。

一方,この中国による選挙支援には,世界最大の選挙民主主義国インドをバックにするマデシ諸党が猛反発,中国政府を激しく非難している。ネパールでは,地方選ですら,国際政治と密接不可分なのだ。難しい。

■在中ネ大使館HPより

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/03/31 at 22:40

多国間共同訓練に自衛隊参加

ネパールで多国間共同訓練(GPOI)「シャンティ・プラヤ3」(3月20日~4月3日)が始まり,日本の自衛隊も「中央即応集団」の隊員2名が教官として参加している。(中央即応集団はUNMINにも派遣された。)
 【参照】ネパールでのPKO訓練に日本も参加カーターセンターと米太平洋軍とネパール(2)

GPOIは,2005年度から始まった米国支援の国際平和活動のための訓練プログラム。アジア地域では,米国太平洋軍主導で,ネパール,バングラデッシュ,カンボジア,タイ,インドネシア,マレーシア,モンゴルで開催されてきた。

ネパールでの訓練作戦名「シャンティ・プラヤ[プラヤス]」は,「平和への努力」の意。第1回はGPOI発足以前の2000年だが,GPOI発足後はそのプログラムとして2013年に第2回が実施され,そして現在,3回目が実施されている。

今回の「シャンティ・プラヤ3」の実施場所は,以前と同様,パンチカルの「ビレンドラ平和活動訓練センター」。参加国はパキスタン,バングラディシュ,スリランカ,タイ,インドネシア,マレーシア,ベトナム,ガーナ,オーストラリア,英,米,日など28か国で,参加人員は計1024人。

この「シャンティ・プラヤ3」訓練はネパール国軍主催,米太平洋軍後援ということになっているものの,実際には米軍主導の感は否めない。開会式ではハリー・ハリス・Jr米太平洋軍司令官が,「名誉ある平和」のための「平和への努力」を訴え,「ネ米関係は強力であり,さらに強化されていく」と語った。また,A・B・テプリッツ駐ネ米大使も,米国による「シャンティ・プラヤ」支援の意義を力説した。

「シャンティ・プラヤ3」は,たしかに国際平和活動のための訓練だが,実施場所のパンチカルはチベット国境の近く。そのような場所での米軍色の濃い訓練に,日本政府は陸自最精鋭の中央即応集団から教官2名を派遣している。面白く思わない国もあるのではないか?


■シャンティ・プラヤ3(国軍HP)

■米太平洋軍ツイート


■米太平洋軍司令官・駐ネ米大使・プラチャンダ首相(米大使館HP)

*1 “Shanti Prayas-III begins today,” Kathmandu Post, Mar 20, 2017
*2 “Exercise Shanti Prayas III kicks off, 28 countries taking part,” Himalayan Times, March 20, 2017
*3 “Exercise Shanti Prayas –III,” nepalarmy.mil.np/covernews1.php?
*4 “Global Peace Operations Initiative (GPOI),” US Department of State
*5 “Shanti Prayas Exercise Commences in Nepal,” U.S. Department of Defense, March 21, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/03/28 at 10:52